お洒落とメンズファッションとバイク。

ファッション関係の仕事、なんでも承ります♪ご興味のある方はツイッターまで!

ヒゲも服も髪型も「自分で選ぶ」のが重要。

 

半放置に入る前に、まとめ的な結論を書こうと思う。

 

◾︎これを書くに至った前提

ブログを定期更新するのがキツい。

基本的に俺は文字を書くのが「楽しくない」。

凄え疲れちゃって現実に差し支えが出る事と、対面で話すより情報の質が劣るってのが要因。

なんつーか、あなたのリアクションが分からないのがつまらない。

労力の割に得るモノが少ない。

んで、もう辞めちゃいたい感じなんで、総論としてのファッション論を書き上げて終章とする。

 

◾︎ファッションはあなたの選択で出来てる

あなたが気弱であれば「地味で真面目なファッションをする」だろうし、あなたが強気なら「派手な服を好む」。

ガチなモノを求める気質であれば「サイズ感と色合いに気を配った服装をする」。

それは「あなたの性格の反映」。

さらに、自分の歴史も関係する。

筆者の場合、10代中盤の頃のDCブランド全盛期だった頃(90年代中盤〜後半)に洗礼を受けた。

だから、イタリアファッション的なスーツめいたかっちりした服装を好む。

その後に裏原ブランドにガッツリハマって影響を受けた。

なもんで、サファリ系のカジュアルトラッドと、イタリア系の両方が好き。

そういう歴史や性格の上に服装が成り立ってる。

 

◾︎あなたが好きなモノを着る事に意味がある

あなたが好きで、あなたが選択した服装だからこそ意味がある。

あなたが地味で真面目な服装をしてるからこそ、地味で真面目な異性と出会う確率が高くなる。

 

⚫︎自分の性格を曲げた場合

もしあなたが「凄く気弱だが、モテたいがために派手な服装をした」としよう。

その場合は、派手な服装をしてる異性と出会う。

あなたを「自分と同じように」派手で遊び好きなやつだと思ってコミュニケーションが始まる。

しかしながら、本来のあなたは気弱で繊細な感性を持つ人だ。

その結果どうなるか?

「え、何こいつノリ悪い…」だ。

そこをさらに無理して合わせに行くと悲劇が始まる。

自分の性格を曲げ続けると「病む」。

あなたに合ったグループは他にあり、あなたに合った人は他にいる。

 

◾︎自分に合った服装をする重要性

自分に合った人と出会える確率を高めるシグナリングになる。

服が好きならショップ店員とも会話が合うだろうし、さほど興味もないなら「そういうやつと話が合う」。

 

◾︎服装をどうするか悩んだら

悩まなくていい。

自分が好きなようにやる事が重要。

興味ないなら興味ないでいいし、トコトン極めたいなら周りの目を気にしない方がいい。

自分がしたいようにする事。

誰かに何かを証明する必要はない。

自分がこういう人なんだとメッセージを送る役割をしているだけ。

 

◾︎まとめ

好きなようにやれ。

賞賛すべき人(自分が気に入った人)に学び、自分が好きな服装をする。

誰かに文句を言うのはお門違いだし、無意味ですらある。

あなたがしたくない服装をする必要はない。

「あなたがしたい服装をするだけでいい」。

興味ない、面倒、うざいと、少しでも感じれば「その服は選ばない方がいい」。

逆に、これ良い、好き、なんか分かんないけど気になるってやつを着れば良い。

ファッションで文句言ってるやつは他人の目を気にしすぎ。

しかしながら、それも含めてあなたの性格だ。

他人の目を気にするあなたには、同じように他人の目を気にする異性が合う。

全く気にしないなら、気にしない人と合う。

ただそれだけ。

俺はそろそろ頭で考える時間を終わりにして、あやふやな感覚を感じながら楽しい方向に進むことにする。

とりあえず、ここでファッションを説明する文章を書くより、実際に服を見て着て選んでコーデを作る方が100倍楽しい。

もし対面でコーデして欲しいって奇特な人がいれば喜んでお受けしますぜ。

実際に見て着てコーデを作る方が100倍楽しいぞ。

重要なことなので二回言った。

楽しい時間を増やしますんで、こっちはひとまず休憩。

なにか連絡があれば、フォロワー増やすのにミスって変なアカウントをフォローしまくったツイッターアカウントへどうぞ。

皆んなも楽しい事してね〜。