お洒落とメンズファッションとバイク。

ファッション関係の仕事、なんでも承ります♪ご興味のある方はツイッターまで!

髭のメリット、デメリット。

 

同性からは「カッコいい」「威厳がある」とされる「髭」。

 

しかしながら「モテはしない」ぞ。

 

◾︎威厳とテストステロン

リーダーはテストステロンが高いというデータがある。

*ググればいっぱい出てくるから割愛

テストステロン値が高い男性は「髭が濃い傾向にある」。

髭が濃い男性は成熟している証である。

 

そして、我々野郎どもは「縦社会」に慣れている。

「序列を重視する」。

 

…という理屈から「髭がある男性に威厳(リーダー性)を感じる」となる。

髭=偉い、カッコいい

みたいな意味になる、と。

 

◾︎でも、モテない

髭=清潔感がない、となる。

ヒュージャックマンの妻、デボラ・リー・ファーネスとか、ベッカムの妻ヴィクトリアとか「夫は素面のほうがいい」とハッキリと言ってる。

あのレベルの男性でこの評価っつー事は「髭にモテ効果はない」と言って差し支えなかろう。

 

⚫︎評価される髭

「無精髭」と「デザイン髭」なんだなこれが。

無精髭を人に晒すのは「一緒に過ごした日の朝」か「超忙しかった日の後日」か、に限定される。

これは「その状況にプラス効果がある」だけ。

無精髭が評価されてるワケじゃない。

 

デザイン髭は「威厳」。

ルーズベルトのやつが有名。

現代においては、汚さを最小限にして威厳を出すという方向で使われる。

これも「威厳」にプラス効果がある。

髭にプラス効果があるわけではない。

 

◾︎じゃあ止める?

「気にするな」

「やりたければやる」

確かに、モテ効果は「無い」。

けど、女性からすると「好きじゃないけど、嫌いになる程でもない」程度。

よって「やりたければやる」。

髭でモテるモテないを気にしない事。

気になるなら「止めておけ」。

 

◾︎覚悟が決まったら

不肖なわたくしが書いたこの記事

「無精髭デザイン」

http://currys.hatenablog.com/entry/2016/04/18/194042

を読んで、作り方の「導入」を学んで欲しい。

 

◾︎まとめ

髭は「威厳」がメイン。

どっちかっつーと「同性へのアピール」なんだわ。

「俺のが優秀で成熟しててカッコいいだろ?」と。

「うむ。カッコいい」という髭を作ろう。

 

モテを狙ってるお前は残念。

異性へのアピールとしては清潔感の欠除となり、むしろマイナス、だ。

それを、髭を整える事で最小限に抑える。

 

まあ異性へのアピールは「筋肉に勝るものはない」よ。

damens.hatenadiary.jp

モテ狙いなら、髭やファッションや小手先のあれこれを捨て、筋トレ+スポーツをする事で劇的な改善が行われる。

小手先で着飾ったデブやガリより、いい身体してる人のが魅力的。

*文章を男女そのまま置き換えても意味が通じる所がミソ。顔が大した事なくても、いい身体した女性なら抱けるだろ?

 

髭はモテるためにやるんじゃない。

競争に勝つために行う。

 

目一杯カッコつけていきましょう♪