お洒落とメンズファッションとバイク。

ファッション関係の仕事、なんでも承ります♪ご興味のある方はツイッターまで!

夏と言えば「リネン」!リネンコーデ!

 

普通のTシャツスタイルは飽きたっつーお前に捧ぐ記事。

 

◾︎リネンとは?

「麻」。

広義には、亜麻や大麻も「リネン」。

しかも最近の素材ブレンドの流れで「麻+綿」で質感を出したものも「リネン」になる。

なんとなく「ガサガサしてて」「夏っぽい素材」。

麻、亜麻、大麻(ヘンプ)の表記がある服は「リネン」となる。

 

⚫︎特徴

吸収、速乾、耐久性。

水(汗)を吸い、すぐに乾き、何回も洗える。

その上「通気性もいい」。

しかもガサガサ素材だから綺麗に着なくてもカッコいい。

まさに「夏のためにある素材」。

 

◾︎シャツもパンツも使える

⚫︎シャツ

具体的なコーデから行こう。

f:id:CurryS:20180727211947j:image

普通にチノパンと合わせる。

これのシャツ部分を「リネンにする」。

足下は映ってないけど、ロールアップで9部丈にして革靴でトラッド風味がベスト。

 

⚫︎上下リネン

f:id:CurryS:20180727204810j:image

ドメニコジャンフラーテ氏。

デニム染めのリネンシャツ(長袖)に、リネンパンツでコーデ。

この「夏の素材感」が重要。

リネンでやるから意味がある。

これを普通に「チノパン+綿シャツ」でやると、一気に秋っぽくなる。

 

もういっちょジャンフラーテ氏。

f:id:CurryS:20180727212712j:image

この「一見なんて事ない着こなし」の中にポイントがある。

そう。

パンツがリネン。

夏はこの「荒い素材感」がワンポイントになる。

同じ色でコーデしてるのに素材が違う。

それだけで印象が変わる。

 

◾︎素材感を楽しむポイント

「自分のコーデのやり方」から「素材だけを変える」。

筆者の場合で言えば「基本的な色の組み合わせ」と「サイズ感」は、大まかに決まってる。

どのジャケットを着ても「ベストサイズがある」し「パンツの大きさもだいたい同じ」。

ブルゾンの長さやサイズ感も大まかに分かってる。

その中で「素材だけ変える」。

夏はリネン、秋冬はチノ、冬はウールやフランネルなど。

「色もサイズも同じ」。

だからこそ「季節感が出る」。

全部をイチから組んだら「無限になってしまう」。

ある程度「自分なりのコーデ」に絞ることで、むしろ形になる。

自分なりの方法論ってのを作って見て欲しい。

 

◾︎アフィリエイトを貼ろうと思ったが

UNIQLOで買え!

特に「シャツ」。

楽天の雑なメーカーだと「採寸がバラバラ」。

超使いにくい。

UNIQLOなら「同じ採寸」で、かつ「最もベーシックな採寸」。

これを基準に「慣らす」といい。

リネンパンツはUNIQLOで取り扱いがないので「無印」で。

4000円程度で買える。

 

◾︎まとめ

夏はリネン!

吸水、速乾、耐久性に優れ、通気性もいい。

そして「見た目」。

この素材の「ちょっとした差」が、決定的な違いになる。

後は「自分の目で確認して見て欲しい」。

ユナイテッドアローズでも行けば確実にあるから。

8月いっぱいは使えるから遅くない。

ぜひ着てみてくださいませ♪