お洒落とメンズファッションとバイク。

ファッション関係の仕事、なんでも承ります♪ご興味のある方はツイッターまで!

MVMT(classicモデル)を1年半使った感想。

 

経過レビュー。

ネットに全然なかったから作った。

 

◾︎MVMTとは?

ローコストでカッコいい時計を作ろうぜ!って始まった「アメリカの」メーカー。

時計のユニクロだと思えばいい。

 

◾︎買ったやつ

「classic」シリーズ。

最安の13000円で販売されてるモデル。

他にも色々あって、最高級モデルだと「約30000円」。

買うかどうかは、この先のレビューを参考にしてくれ。

 

◾︎使った感想

⚫︎メリット

1、安い

とにかく13000円でのクオリティとして最強。

クリスタルガラス採用(G-SHOCKと同じ素材)で、裏はステンレス、軽い防水付き。

スペックとしては申し分なし。

安めのG-SHOCKを買うノリで買って、満足感が高い逸品。

 

2、普通にカッコいい

特に「革ストラップのモデル」。

革ストラップって「どシンプルなモデルのがカッコいい」のよ。

メタルストラップは、ゴテゴテ装飾のザ・アメリカ産である「ロレックス」が最強。

しかしながら、革ストラップって、ローテクシンプルヨーロッパ出身「パテックフィリップ」が最強。

つまり「ローテクでいい」のよ。

バッシュとレザーシューズみたいな違い。

ギアが詰め込まれまくってるバッシュと、シンプルな歩きやすさを突き詰めたレザーシューズの差。

ローテクだからこそカッコいい。

classicなんかがまさにそれ。

ローテク革ストラップ好きなら確実にオススメできる。

 

⚫︎デメリット

1、ストラップの耐久性がなく、少々高い

ストラップはもって1年」。

その後は切れたり傷ついたりと「汚れが目立つようになる」。

だから、早々と変えたいんだが、少々お値段が張る。

その学「4600円」。

だいたい相場と同じ(3000〜4000円)なんだが、商品本体が安いだけに高く感じる。

年1で買う事になるので、商品本体を買う時に同時購入をオススメする。

 

2、本体の耐久性も「2年」

内部にカビが生えた。

*使用1年半で。

これといって濡らすようなこともなかったし、殊更に無茶な使い方をしたわけでもない。

しかしながら「ガラス内部によろしくないモノが見えるようになった」。

なもんで、ストラップも兼ねて「2年使用がベスト」。

クオーツの電池交換は、メーカー品だと「約4000円」。

*筆者のポールスミス(中身はシチズン)のクオーツ時計の電池交換の値段。

計算すると、2年で16000円(セール併用で時計&ストラップ購入)。

30000円の時計を購入し、一度の電池交換(新品の電池で約3年、店頭で売ってる電池は約2年で計5年)をすると、約34000円。

それにストラップの代金が加わる。

仮に二本買ったとして、約6000円。

計40000円。

MVMTの時計も5年で「約40000円」。

しかしながら、二回新品になってる。

これをどう捉えるか?で、状況が異なる。

 

以上!

買うときは注意されたし。

 

◾︎比較のポイント

1、革とメタルのストラップ違い

メタルストラップであれば「10年使える」。

つまり「ストラップの代金を考えなくていい」。

本体の耐久性さえあれば、文字通り「10年使える」。

*先述のポールスミスは10年使った。

対して、革のストラップだと「1年でダメになる」。

この継続コストを計上する必要がある。

 

2、本体の耐久性

安い時計は「耐久性がない」。

それ故に購入コストが低い。

気に入った時計を長く使うタイプか、ちょこちょこ新しいモノを買いたいのかで状況が変わる。

筆者は一度気に入ったモノを長く使うタイプなので、一発のコストを計上し、耐久性のあるお気に入りを求める方がいい。

逆に「すぐ飽きちゃうんだよね」って人は、安いやつを変えながら買うことをオススメする。

 

◾︎まとめ

MVHTは「カッコいい」「安い」が、「ストラップが高く」「本体耐久性がない」。

自分が大体「時計を何年使うのか?」。

そして「ストラップを加味したランニングコストはどのくらいなのか?」。

これで値段比を出し、自分に得で、かつ合った買い方をして欲しい。

飽き性でコストかけずに色々試したいって人には、MVMTは最高峰の選択肢になる。

 

ご自分に合った時計を選べますように♪