お洒落とメンズファッションとバイク。

イタリアンクラシック(クラシコイタリア)とバイクが趣味の人のブログ。

イタリアンクラシックは「服に敬意をもって丁寧に接する」。

 

イタリアンクラシックとは、こういうスタイル

 

f:id:CurryS:20200121173426j:image

 

f:id:CurryS:20200121173552j:image

*いずれも「ドメニコ・ジャンフラーテ」氏。

 

こいうのをしたい時に重要な「ポイント」が「3つある」。

 

アメカジや他のファッションでは全く別なので、あくまでも「イタリアンクラシックで重要なポイント」として見て頂きたい。

 

◾︎イタリアンクラシックの三か条

1、艶感(光沢)

良いモノを綺麗に着るのがイタリアンクラシック。

通常は艶がある方が高品質=高級商品。

いい生地は総じて「糸が細い」。

*シルク(絹)や、糸の番手の高いスーツ、シャツなど。

その結果として「艶が出る」。

ユニクロや若者向けブランドは「総じて艶がないモノが多い」。

それは生地が安いからとかだけじゃない。

そういうモノだと思って作られているから。

要するに「知らない」。

艶がない方が使いやすく、作りやすく、耐久性もあるため、買う方も特に気にせずそちらを買う。

逆に、ユナイテドアローズやシップスの紳士服などは「艶感がある商品が多い」。

バーニーズニューヨークとか行くと、9割の商品(紳士服)が艶あり。

それは「艶がある商品(優れた商品)を欲しがる人達が行くから」。

しかしながら、艶を加工で出してるタイプも多い(洗濯すると艶が消える)ため、ご注意ください。

 

2、柔らかさ

細い糸で作られる商品は「柔らかい」。

上でも説明したが、細い糸を使う商品が「高品質=高級品」。

シルクは独特の柔らかさと艶感がある。

これは「使い心地の良さ」にも表れる。

単純に使ってて気持ちいい。

イタリアンクラシックを作る上で、「柔らかさ」は品質の良さを表す重要なポイント。

 

3、綺麗さ

綺麗に着る。

 ジーンズのダメージ加工や、古着やブーツを履き込んだりなどのように「汚いからむしろいい」とされる価値観と逆。

白いシャツを清潔に綺麗に完璧なサイズ感で、シミも黄ばみも一つもなく「真っ白に着る」。

ネイビーのコートをチリ一つなく清潔に、シワなく完璧に着る。

*あくまでも「イメージ」。完璧主義は疲れるだけ。

綺麗に、清潔に着る。

 

■イタリアンクラシックとは「「服が好き」を突き詰めた結果」

「高級な素材を、綺麗に、大事に着る」という事。

艶があり、柔らかく、着やすい素材を、清潔に使い、保管し、自分に合ったサイズで、綺麗に着る。

単純に「服に丁寧に向かい合い、ひとつずつ大事にした結果」がイタリアンクラシック。

洋服の原点を大事にしてる素晴らしさがあります。

 

■まとめ

イタリアンクラシックは「良い素材を丁寧に着る」という事が原点。

品質が高く、艶があり、柔らかい素材を、綺麗に着る。

ある意味では「最も洋服と向かい合ってる」ものです。

本当に服が好きで、大事に丁寧に服を着る人にオススメしたいスタイルです。