お洒落とメンズファッションとバイク。

趣味特化楽しいが正義♪ *感想をコメントでいただけると大変喜びます。よろしくお願いします。

       

ドメニコ・ジャンフラーテさんがカッコよすぎてヤバい。

 

f:id:CurryS:20180625165240j:image

 PT01(ピーティーゼロウーノ)ってパンツブランドのアートディレクター。

それと別で「ドメニコ・ジャンフラーテ」ってブランドも持ってるお方。

*日本国内は未展開っぽい。

 まあ見て分かる通り「カッコいい」。

主なカッコ良さはこちらを参照していただく。

renata-fashion.com

として、ここでは「ローファー」に注目をしてみようと思う。

 

◾︎靴

ローファーをメインでお使いになられている。

ローファーの発祥は「カジュアル」。

生誕こそ「ヨーロッパの室内靴」なんだが、アメリカのアイビーリーグファッションで脚光をあびる=有名になる。

なぜか日本だと「学生服」。

凄まじいほどの「多様性」と「柔軟性」を持つ靴である。

 

◾︎フォーマル系カジュアルで使う

f:id:CurryS:20180625192801j:image

この系統。

もはや冬でも御構いなし。

ローファーって万能だよね、と。

 

◾︎種類

japgents.hatenablog.com

 これを見て欲しい。

主に、学生が使う「ペニーローファー」

飾りがついた「タッセルローファー」

金具がついた「ビットローファー」

何もついてない「ヴァンプローファー」

がある。

主だった使い方は、ドメニコジャンフラーテ氏の着こなしを参照。

 

◾︎まとめ

カッコ良すぎなので勢いでご紹介した。

マネできるモノはパクリまくって磨きをかけよう。

とりあえずローファーは買う。

 

夏のバンドカラーシャツの使い方。

 

結論から言おう。

「シャツと同じ」。

カジュアルで用いるなら「着崩す」が、フォーマル寄りで用いるなら白シャツと同じ使い方が良い。

その辺をば。

 

◾︎着こなし

例を用いながら説明。

1、カーゴパンツ

f:id:CurryS:20180601151601j:image

まずベーシックな形はこれ。

カーゴパンツがベーシックかはひとまず置いておく。

上が白シャツであっても違和感なく使える。

下がチノパンでもOK。

 

2、スカーフとの合わせ技

f:id:CurryS:20180601151737j:image

首元が寂しい分、むしろ映える。

スカーフはパンツと色を合わせて使うか、差し色を用いると良い。

f:id:CurryS:20180601151922j:image

バンドカラーじゃないけど、こんな感じ。

 

3、ギンガムチェック

f:id:CurryS:20180601151955j:image

若干分かりにくいが、インナーのシャツがバンドカラー。

あえてのバンドカラーにする事で違いになったりする。

 

4、ドット柄やペイズリー柄

f:id:CurryS:20180601183318j:image

【夏】ペイズリー柄シャツ×白デニムの着こなし(メンズ) | Italy Web

これはペイズリー柄

 

f:id:CurryS:20180601183937j:image

ドット/ストライプ/ギンガム バンドカラーシャツ: ニーム/NIMESルミネ 通販 -アイルミネ<i LUMINE>-

これがドット柄。

特殊なモノだが、使いこなせれば唯一無二。

 

◾︎素材とオススメ

1、リネン

 夏といえば「リネン」。

ざっくり涼しいのに加え、生地が丈夫という理由もある。

ガンガン洗って使えるため「夏向き」。

初手オススメなのは、もちろん「ユニクロ」。

www.uniqlo.com

 とりあえず買って着まくってみて、どういう使い方がハマるか試す。

んで、これは使える!と思ったら、他の商品(ペイズリー柄とか)を買い足していけばいい。

よっぽど良いシャツに出会った以外であれば、ユニクロがオススメ。

 

2、ブロード

基礎中の基礎。

故に「いつでも着れる」。

www.uniqlo.com

無論、ユニクロで。

 

3、オックスフォード

分厚い生地でざっくり感が魅力。

www.urban-research.jp

 

⚫︎通常のシャツを基準で選ぶと良い

通常のシャツで「使いやすい生地」や「好きな生地」があると思う。

「それを活かす」。

同じ素材を同じ様に使ってみて、そのハマり方をチェックして欲しい。

きっと抵抗なく着られる。

 

◾︎夏は白がオススメ

なぜなら「汗対策がいらない」から。

白シャツ以外は全て「ワキ汗との闘い」になる。

レディースはどうしてんだあいつら?

制汗剤で抑えるのは無理だし、むしろ制汗剤を使う事で「汗が臭いやすくなる」という研究結果もある。

*制汗剤でワキのバクテリアのバランスが崩れる。デブが臭い理由がこれで、身体から出る成分に群がるバクテリアの種類が違うから。臭い対策の最善手は「痩せる事」。

 物理的に対策するなら脇汗パッドだが…「めんどくさすぎ」。

 

なもんで、諸兄には清潔感のアピールにもなる「白」をオススメしております。

 

◾︎まとめ

バンドカラーシャツは、いつものシャツと同じでOKです!

特別な事はしなくて大丈夫。

むしろ、ここを好んで読んでくれてる方々においては「トレンドに寄り過ぎる」方がデメリットが大きい。

どちらかと言えば「カジュアルなアイテム」なので、普通に着ると子供っぽくなりやすい。

なもんで「ドレスシャツ寄りで着る」と丁度いい按配になります♪

 

お気に召したモノがありましたら幸いです♪

 

30代で復帰した人向けの、メンズファッションのポイント。

 

10代20代前半で服にハマって「出戻りしたあなた」へ贈る記事。

簡潔にポイントをば。

 

◾︎ポイント

1、トレンドを追わない

チェスターコートが〜、ミリタリーが〜って流行りは「追わない」。

久しぶりに復帰した方は「感性が鈍ってる」ので、ベーシックな装いを優先。

⚫︎流行り

f:id:CurryS:20180530195611j:image

こういう色彩豊かで艶やかな、ゆったりとした流行りモノより、

⚫︎ベーシック

f:id:CurryS:20180530195636j:image

こういう「高い基礎値が必要な服」を選ぶ。

ちゃんとしたジャケットやスラックスを、きっちりしたサイズで買って肩慣らしを。

*ガキの頃みたいに「なんとなくのサイズ感」じゃなくて、紳士服の流儀に則ったジャケットを買うこと。スーツの採寸でジャケットを買う。

ちゃんと復帰して「自分のペースを掴んだらOK」。

それまでは「トレンドはひとまずお預け」で。

 

2、フォーマルなアイテムに挑戦する

上にも書いたが「ジャケット」と「スラックス」。

20代では成し得ない「大人の色気」を出す。

f:id:CurryS:20180530202553j:image

この大人の色気は、最大値になるのが「40代」なんで、今から学んでおいて損はない。

…一応釘を刺しとくが、スーツの流用は「ダメ絶対」。

生地感が違ったり、色合いがスーツにしか無いものだったりで散々なことになる。

最初は「別々に売ってるもの」を買う。

トレンドの項目と同じで「センスが戻ってきたら」自己判断で流用してOK。

当たりが出るまでは無理しないこと。

 

3、サイズ感にこだわる

上でジャケットについて触れたが、「Tシャツ」から「シャツ」、パンツに至るまで、全てジャストサイズを着る。

ジャストサイズってのは「適度な緩みを持ったサイズ感」の事。

f:id:CurryS:20180530195944j:image

こんな感じ。

シャツもパンツも「ぴったりじゃなく」適度な緩みをもっている。

緩すぎてもダメだが、ぴっちりでもダメ。

この按配が「大人の知力」。

これができると「サイズ感でのお洒落」が可能になり、ワンランク上がる。

 

4、小物にこだわる

スカーフ、サングラス、ローファーなど。

f:id:CurryS:20180530195859j:image

f:id:CurryS:20180530195904j:image

スカーフは580円の安物でいい。

この御仁達が使ってるのは「絹(シルク)」で、4000円くらいする。

…が、安くてハリがある素材であれば、シルクじゃなくても構わない。

その場合580円(ゾゾタウン。ハバハンクのペイズリー柄で出てくる)で買える。

アイウェアユニクロでいい。

これは服と逆で「トレンドを取り入れる」。

特にメガネが重要。

靴はサンダルよりローファー。

*主に夏用だがオールシーズン使えるのがローファーの強み。

 

おっさんは「生足出しちゃダメ」。

生足アピールは「女性の特権」。

あいつらめちゃくちゃ手入れしてっから。

 

その分「センスを魅せましょう」。

 

以上!

 

◾︎まとめ

まず出戻りしたあなたは「感性が鈍ってる」という現実を受け入れよう。

っつっても「数回買い物に行けば戻るレベル」。

初っ端で「自分のセンスを過信して」買うと失敗すること請け合い。

「丁寧に」現在の状況に順応させていきましょう。

順応させた後は「上乗せ」。

慣らしながらサイズ感を習得すれば、新しいスタイルが見えてくる。

そこで初めて「全力で自分のセンスを押し出す」。

ここであなたのスタイルが完成。

後は楽しんでスタイルを作っていきましょう♪

 

サイズは既製品を微調整するモノ。

 

「サイズが合わない」という意見はよく見る。

…んだが、ある種「当然」。

腕の長さも違えば、肩幅も違い、筋肉量で胸の厚みや着丈も変わってくる。

そこで「自分に合ったサイズを選ぶ」という必要が出てくる。

 

◾︎どこに合わせるか?

基礎は「肩幅」。

*ジャケットやシャツを基準。

これは、紳士服のシャツで「肩幅と袖丈を測る」という所からも分かる。

実は、着丈は「調整が利く」。

パンツインしたりすると丈は見えないという意味でもそうだし、ジャケットの丈詰めは量販店で容易にできる。

身幅は、あなたが貧弱であれば「緩く」なり、あなたが屈強であれば「パツパツ」になる。

これも調整が利く。

最終的に…

f:id:CurryS:20180528070812j:image

見た目が「こうなるように」調整する。

 

◾︎服はサイズ感の本当の意味

自分に合った着こなしをする事。

…っていうと「森ガール」とか「B系」とか極端な方向にいきがち。

もしくは「ピッタリしたパンツが似合わねえ」とか「トレンド感が〜」とか。

違う。

もう全然違う。

基礎的な「服の作法」というモノが存在する。

肩幅、身幅、袖丈、着丈に加え、パンツのヒップ、股下(レングス)、裾幅まで含めた「全体のシルエット」を指す。

これは「細かい作業の連続」になる。

 

◾︎サイズ感は「細かい作業」

一個一個合わせていく。

肩OK、身幅OK、着丈ちょい長い、袖丈OKなどなど。

その合わない部分は直しに出したり、着こなしでカバーしたりする。

パンツも同じ。

とりあえずスキニーじゃなくて、シワが寄らないギリギリのヒップの大きさ、適度な長さを持ったレングス(股下の長さ)、狭めな裾幅を確認する。

これらを積み上げていった先が「サイズ感」。

ただ小さいものを着るのではなく、大きいものを着る訳でもない。

「丁度いい着こなしをする」。

 

◾︎紳士服はセンスよりも「気遣い」

上記した着こなしは「誰もができる」。

しかしながら「誰もやらない」。

なぜか?

「面倒だから」。

 

しかしながら「服は社交の一部」だと思っていたらどうか?

この着こなしは「相手のためにする」事になる。

キッチリ綺麗にサイズ感を出して着ている事は、自分の知性と知識レベル、マナーや常識性を相手に示す事になる。

ここに「繊細な気遣いができる」という事は、対人関係においても「同様の事ができる」というメッセージになる。

ジョブズ堀江貴文は「スーツが嫌い」だったが、まさしく「そのまま」だった。

「クリエイティブな破壊者」ではあったが、繊細なやり取りができる「大人な御仁ではなかった」。

 

もちろん「どちらが良い悪いではない」。

革命者が好きな人がいれば、大人な御仁が好きな人もいる。

俺は「大人になりたい」んで、きちんとした服装をする。

あなたがしたい事をしよう。

 

◾︎まとめ

サイズ感は「自分で合わせる」。

買い切りで終わりじゃなくて、買う→採寸調整まででワンセット。

あとメーカーによってサイズが微妙に違う。

自分の身体に合ったメーカーや、デザインが気にいるメーカーなどがあるから、それはそれとして考える。

んで、一度この「紳士服のサイズ感」が分かると、他の服を買う時の基準になる。

これが服の作法。

 

まあでも気にする人は気にするし、気にしない人は気にしない。

キャラの1つではある。

 

あなたがもし「綺麗にカッコ良く着たい!」と思ってるのであれば、繊細に積み上げていきましょう。

トータルで見たときにすげえ差になってるから。

 

ご参考になりましたら幸いです♪

 

ラグジュアリーファッションブランドで働きたいが、調べると絶望する情報がメインなお話。

 

まあ「どこも一緒なんだな」と。

一部その職業を楽しんでて、真面目にやってるやつの意見は「少数派」。

大概「これがダメ」「あれがダメ」っつって、自分がやらない言い訳にしてるっていう。

あと「レディースブランド」と「メンズブランド」で「大きく違う」っぽい。

まとめメモ。

 

◾︎待遇の違い

1、レディースとメンズの違い

ラグジュアリーファッションブランドっつっても「色々なモノがある」。

誰もが知ってる「ルイヴィトン」「エルメス」「グッチ」から、俺が入りたい「ロロピアーナ」「ラルディーニ」「ボリオリ」「エルメネジルドゼニア」まで、色々ある。

前者は「レディースメインのブランド」。

後者は「メンズ(スーツ)がメインのブランド」。

 

誰もが知ってるメーカーは「競争率も非常に高い」。

俺の行きたいメーカーは超有名ではあるが、知る人ぞ知る感じ。

美味しいよね。

薄給でもまあ「そこそこは貰える」だろうから、安心して働けるのはデカい。

 

2、好き嫌い

「接客が好きか否か?」

おそらく「人と話すのが好きかどうか?」ってレベルだと思う。

接客業が身についてない人は「お客様は人である」という基本が身についてない。

「いらっしゃいませ〜何をお探しですか?」っていう基本の中に、「お客様も仲間だ」という意識が入っているかどうか?

好きでこのブランドを見に来てる「服が好きな仲間」なんだよお客様は。

だから「友人が喜ぶ事をする」って視点で客対応や店のなんちゃらを考えると「非常に楽」。

逆に「客のためになんかやんなきゃ!」って思ってるやつは続かない。

お客様を「仲間と思ってるかどうか?」

これこそが接客業の「業」といえよう。

 

◾︎結局どの業界も真面目に取り組んでる人は少数派

ブログとかもそうで。

真面目にアフェリエイトで稼ごうとか、真面目にPVアップさせようって取り組んでる人って、3割いないんだよ。

俺も前の会社では商品知識なんて最低限しかなかったし、求められる以上の事をしようとはしなかった。

今フリーで色々な事を自主的に調べ始めて、その積極性の難しさってのを実感してる。

自分から情報を取りに行けるやつって「少数派」。

変な話、今のノリで真面目に取り組んでりゃ結果はでるな、と。

 

◾︎まとめ

ラグジュアリーファッションブランド「の中に」色々な種類がある。

場所と状況で働き方は大きく変わるっぽい。

…まあでも「自分が納得できる製品を取り扱ってるメーカー」が良いよね。

ロピアーナとエルメネジルドゼニアは「素材メーカー」だし、ボリオリとラルディーニは「デザインが秀逸」。

一切の妥協がなく仕上げられてるんで、お客様に自信を持ってプッシュできる。

ま「自分が納得する事をしよう」。

ミスっても自分で責任を引き受けられるしね。

楽しそうな所へ行ってきます♪

 

ネクタイリングとスカーフ。

 

夏と言えば「Tシャツ+スカーフ」!

メンズのこれがめちゃくちゃ使えるのでご紹介。

 

◾︎お洒落スカーフ

f:id:CurryS:20180524232824j:image

 

f:id:CurryS:20180524232834j:image

 

f:id:CurryS:20180524232844j:image

 

Tシャツでもシャツでもいける。

 

◾︎ネクタイリング版

さらにもう一手間加えたい方向け。

f:id:CurryS:20180524233359j:image

 

f:id:CurryS:20180524233408j:image

スカーフ+ネクタイリングは「目立つ&珍しさ」を兼ね備える。

オススメ♪

 

◾︎スカーフの選び方

1、素材

正式には「絹(シルク)」。

安く済ませるなら「綿(コットン)」。

シルクを使う理由は「質感」。

艶、柔らかさ、着け心地が違う。

コットンは、艶無し、ゴワゴワで、タオルみたいな着け心地。

シルクは、艶あり、柔らかで、絹にしか出せない質感を持つ。

 

1-1、値段

絹=4000円

綿=500円

故に迷う。

 

2、柄

ペイズリー柄

ペイズリー - Wikipedia

f:id:CurryS:20180524234740j:image

こういうやつ。

メンズ、レディースの区別はない。

ベーシック故にオススメの柄。

 

3、大きさ

50〜55cmくらい。

短いモノだと45cmもあるが少々短くクセがある。

逆に60cmを超えてくると「かなり長め」になる。

意識的に長いor短いを選択するならOK。

 

以上!

 

◾︎まとめ

夏なんでシンプルもいいが、一手間加えて面白い事もしてみよう。

一枚500円で買える綿スカーフを使い倒してみるのがオススメ。

 

今季はスカーフを使いまくろう♪

 

紳士服の流行りは長い。

 

2009年と2012年の「レオン」て雑誌があったんで読んでみたら「大きく変わらない」。

ラグジュアリーはラグジュアリーの保守的かつ様式美的な「ファッション言語」があり、トレンドとはまた別の言語が存在した。

 

面白かったんで書き起こし。

 

◾︎紳士服(スーツ)が大きく変わらない理由

1、ベストなカタチが決まってる。

ジャケットの「肩幅、身幅、袖丈、着丈」は、ベストなカタチってのが決まってる。

*着る人に合ったベストサイズ感。

パンツにしても、ウエストからの「緩いテーパードライン」のスラックスが最もベーシックかつ綺麗に見える。

シャツはジャケットと同じ。

故に、「この範囲の中で遊ぶ」ようになる。

 

2、トレンドの形もある程度決まってる

スーツは「イングランド」「イタリア」「アメリカ」の系統で大別される。

ラペル(襟)の太さ、後ろの切れ込み(サイドベント、センターベント)、身体のライン(X時かストレートか)、素材感(イタリアは薄め、他2つはしっかりした生地)など。

「この中で何が流行るか?」がメイン。

現在の主流は「イングランド式」。

ラペル太め、生地しっかり、X時のライン。

実は2012年のレオンでも「変わらなかった」。

6年間トレンドが動いてない事になる。

このくらい「ゆっくりと進んでる」。

 

3、「服」全体のベーシック

スーツが綺麗に着れれば、他のどの服も綺麗に着れる。

肩幅、身幅、袖丈、着丈の基礎項目は「全ての洋服共通」。

その基礎を持って作られてるという事は「洋服のベースがスーツにある」。

最高のベーシックであるが故に、変わる必要も変える必要もない。

 

◾︎トレンドとは?

「流行り」。

要はスーツだけじゃ飽きちゃうから、色々やって楽しもうぜ〜ってやつ。

アメリカや日本含め「そっちから入る」。

ここに誤解が生じる。

 

⚫︎トレンド=洋服じゃない

だから感覚がおかしい。

アメリカや日本の感覚ではトレンド=洋服であって、スーツは洋服扱いされてない。

ヨーロッパでは「基礎を先に学ぶ」。

身体にフィットしたサイズで着て、何をどうすると綺麗な着こなしで、着こなしの作法はどういうものなのか?

「その基礎があればこそ」トレンドを取り入れていける。

アメリカや日本では「ファッション=目立つ事」だが、ヨーロッパでは「社交」。

外に自身の振る舞いと教養を見せるために「服を着る」。

派手さや目立たせる事は「品がない人」という宣言をしているのと同義であり、知性を感じない。

やっぱ「本質的に違うモノ」だった。

 

◾︎言語の違い

「トレンド」なのか「マナー」なのか?

トレンドは、派手でカッコ良く、面白く、すぐに去る。

マナーは、地味だが本質的で、面白さはないが、いつ見てもカッコ良く不変。

今俺は「後者にハマってる」。

紳士服の「細やかな部分」にハマると、雑なトレンドに興味がなくなる。

丁寧なサイジングと狙ったカタチで作られるラグジュアリーメーカーは驚嘆の一言。

あれは見るたびに惚れる。

 

◾︎まとめ

紳士服はこれからも大きくは変わらない。

しかしながら「それこそがカッコいい」。

洋服のベーシックであり、これを着こなす事は基礎を使いこなすという事。

なんでもそうだが「基礎が一番難しい」。

野球でも「完璧なバットコントロール」ができれば、ヒットを量産する事は容易い。

だが、それだけのことをするのに膨大な時間と経験がいる。

その積み上がった先がラグジュアリーファッション。

面白いですよ♪

 

給料底辺だがアパレル販売員こそ俺の天職だと思うお話。

 

うん。

やっぱ楽しい。

客として行って店員さんと話してたんだけど、逆に色々話し聞いてきたっていう。

普通に2時間居座った。

「何も買わずに」。

しかもまたそれが楽しいんだわ。

もはや接客業が身につき過ぎてるっつか、天職だこれ。

カネにならないのをどう折り合いをつけるかだけが残る課題といえよう。

引き続き、ファッション情報募集中。

 

◾︎接客業の楽しさ

1、色々な人がいる

とにかく「人」。

一人で無職して3年経ったが、こんなに寂しいもんだとは知らなんだ。

客にしても同僚にしても「そこに誰かいる」ってのは存外に大きい。

もちろん面白い人ばかりじゃないけど、その辺は「どんなお客様が来る店か?」ってんで分類できる。

コミュ好きな面白いやつが来そうなメーカーや店でやってりゃ楽しさ倍増。

 

2、好きなモノで人と繋がれる

俺の場合「服が好き」なんで、服屋で働けば「客も皆んな服好き」なワケだ。

会話が盛り上がる要素しかない。

 

3、新作に速攻で触れられる

新しいモノを「わざわざ調べてた」のに、もう調べなくていい。

働いてりゃ勝手にアップデートされていく。

むしろ「新作きて嬉しい」まである。

仕事が増えつつも「ファッションチェックも同時にできる」。

 

⚫︎総じて

俺にとってアパレル販売員は「働きながら遊んでるようなモノ」。

マジこれで金もらっていいの?っていう。

欲しい服探しに出社して、客と服トークで楽しんで、新作チェックしながらVMDやって終わり。

後はお客様に「前に欲しがってたこれ、入荷しましたよ〜」って手紙書くだけ。

もはや仕事ですらない。

友人に一報するだけの感覚。

前の食品販売も働いてるって感じしなかったけど、完全に一緒。

今の生活のがよっぽど苦しいわ。

…薄給問題とだけ擦り合わせしよう。

客前に立つ仕事はしたいね。

同じ趣味を持ってる人が「向こうから来てくれる」んだぜ?

こんな楽しい事はないだろう。

 

◾︎まとめ

天職見つけた。

契約社員でも良いわもう。

っつってもやっぱ年収800万は(最終的に)欲しいから、副業or楽しく稼げる方法を模索し、行動していこう。

とりあえず一個はやりたい事見つかったわ。

 

底辺最高だった♪

 

アパレル業界研究中。*情報求む!

 

憧れのアパレルへ…って美談だけじゃ「喰われちゃう」んで、業界調べまくり中。

とりあえず「分断されまくり」な事が分かった。

 

◾︎分業

1、フロント(経営)

企画者。

何を生産し、どこで生産し、どれだけ生産し、どうやって店舗を出店し、どうやってそこに商品を送り届けるか?を決める方々。

細かい数字と格闘すること、新しい事をする事、ユーザーの一歩先を見据える事を主としてる方々。

 

2、本社業務

上(経営)が決めた事を現実に落とし込む方々。

生産管理、製品管理、実店舗との擦り合わせ、具体的な数字との格闘がここ。

ここまでは「現場上がり」がいける。

店長経験者が店舗のマネージメントをしながら発注管理したり、その数を元に生産管理と擦り合わせたり出来る。

だが「ここから上には行けない」。

経営は「別の能力がいる」。

ブログを長らくやって分かったが、ゼロ→イチを作るためには「折れない心」がいる。

自分が良いと思ったものにこだわって、カタチにするまで粘る力が必要。

この手の能力って、企業で飼われてきた人間には「ない」んだよね。

勉強が出来る人→「言われた事を忠実にやる人」なんで、独力でゼロイチを作り突破してく能力はない。

経営でいろんな企業を渡り歩いてた人を引っこ抜いてくる方が、色々な意見が入ってくるし、独力思考のやつを迎え入れられるから有益。

故に、フロントは他業種になる。

現場上がりの事実上の最後が本社勤務で、ここが給与のマックスと見て良さそう。

 

3、販売・店長・VMD・バイヤー

本社勤務の「さらに下」。

本社が方向性を決定し、本社業務で製品を作る。

んで、その「出来上がった製品を売る」のがここ。

重要っちゃ重要なんだけど、やっぱり「製品の段階で売れるかどうか決まってる」のよね。

*ちゃんとした説明をしよう

筆者は長らく酒の販売員をやっていた。

んで「売れる製品は決まってる」のよ。

ビールであれば「スーパードライが最も売れる」。

しかしながら、それは「同価格帯であれば」。

一番搾り(350×6缶)が1180円で、スーパードライが1280円であれば、もちろん一番搾りが売れる。

こういうのは焼酎でも日本酒でも存在する。

要は、売れる商品を売れる価格で置いときゃ売れるんだわ。

だから変な話し「商品を並べた段階で売り上げが決まってる」とすら言える。

このサイトの商品だと、大体4万円くらいまでの品物が売れてる傾向にある。

 

ここで問題なのは「何が売れるのか?」。

これは「並べてみるまで分からない」。

これを当てるまでが「めちゃくちゃキツい」。

何が売れるか見当もつかないが、その中でやってみるしかない。

新しい製品を作ってみるしかない。

これを決めるのが「経営層」。

現場のデータを吸い上げて検討し、売れるとこまで持ってく。

現場は「降りてきたモノを売るだけ」。

故に「簡単」だと言ってる。

突き詰めれば確かに売り上げは上がる…が、商品開発の影響度に比べたら微々たるモノ。

それが反映されてるのが「給料」。

「現場」は激安。

「やりがい」という夢を盾に吸い取られるバイトと薄給の20代ばかり。

なぜ現場が体力勝負なのか?というと「工夫のしようがない」から。

商品を多く並べて、より長い時間、より多く売るしかない。

んで、現場は超過勤務の割りに薄給という鬼プランが誕生する。

ここに入ると「薄給&最大昇進が本社勤務まで」になる。

中々に厳しいポジション。

 

4、生産ライン

外部サプライヤーも含む。

いわゆる「下請け」。

ホンハイ的な。

薄給。

 

5、デザイナー

独立して食ってるタイプの方。

自分のデザインした服を売る方向で頑張ってる方々。

企業お抱えのデザイナーは「VDMと同じ」。

量産型デザイン発注で無個性&薄給。

独立デザイナーは「起業家」。

企業とコラボしたり、自前の服を売り込んだりなんだり。

こっちは成功すると「青天井」。

そりゃ「起業家」だからね。

リスク負ってるし。

 

お抱えデザイナーは「社畜」。

企業から発注されたデザインを請け負い、個性などいらない。

それは「経営層が決めてる」から。

経営層に沿ったデザインを提案する事を主とし、自己の意見など意に返されない。

リスクを負ってないぶん薄給。

昇進もない。

 

6、雑誌(Web雑誌含む)

外部の売り込み団体。

ある種「広告の一部」。

イメージに沿った雑誌に広告を出し、そのイメージが好きな読者に届ける。

雑誌は競合が多すぎて薄給気味だが、Web編集長で運営できれば年収数千万はいく。

フォルツァとか、男前研究所なんかがいい例。

これには食い入る余地がある。

 

7、広告業界

ガチの方。

電通の系統。

これのファッション部門みたいなとこに入る。

結局は「お抱え」だから、激務&それなりの給与で止まる。

 

8、スタイリスト

服のコーディネートを販売する。

カッコいい格好を作る事でお金を稼ぐ。

物理的にこなせる数が限られる事と「現役女子大生が選ぶモテファッション」みたいな方にユーザーを取られて「単価が暴落」。

狭い業界内で喰い合ってるのと、実は「誰でもなれる」という事が分かったため、デザイナーと変わらない競争率に。

 

9、オリジナルショップ運営

昔ながらのやり方。

これに「オンライン販売」が混ざると、一気に面白くなる。

実店舗が強いメーカーは、何故かオンラインが弱い。

オンラインが強いメーカーは実店舗を持たない。

…ので「複数を組み合わせる」。

上述のフォルツァなんかは「雑誌&オンライン販売」だし、ファッションレンタルなんかは「コーディネートサービス&レンタル」の方式。

MB氏のやつも、雑誌+販売+コーデサービスだし、この方式は「今最も熱いやり方」だと思ってる。

 

◾︎…で、どれが儲かるの?

経営かオンラインファッション販売+コーデサービス。

問題は「情報と商品をどっから引っ張ってくるか?」と「金の稼げない期間をどうするか?」。

情報は「足で稼げばいい=実店舗に足繁く通って調査する」し、商品はとりあえずアフェリエイトを使えばいいんだけど、取り急ぎどうしようもないのが「カネ」。

成果が出るまでの収入をどうすっか?っていう。

カネさえあれば、気になったアイテムを買って試す事もできるし、業界の繋がりにカネを使う事も出来て、コンテンツの質を上げることができる。

最初のキッカケが必要。

 

⚫︎じゃあキッカケを作れるファッションの業種はどれか?

そう。

真の問題は「ここ」。

どこにどういう風に関わるか?

最終的に独立したいし、方法は決まったんだけど、「カネと情報が足りない」。

業界内に身を置く方が勝手に情報が集まるし、横の繋がりも広がるし、どう考えても効率がいい。

じゃあどこにしようか?ってんで悩み中。

 

ファッション系に携わった経験がある方、情報をくだされば幸いです。

 

◾︎まとめ

カネだ金!

カネさえあれば…っつっても、毎月30万くらいもらえりゃ充分なんだけど…先に進める!

ファッション業界未経験34歳で年収300万くらいもらえるとこはどこだ!?ってのが最終的に言いたかった事。

 

しかしまあファッション業界って「分断されてる」よね。

どこに関わるか?で見える景色が変わっちまう。

末端いたら末端しか見えないし、かと言って経営やってたらユーザーの顔がみえないんで嫌。

そういう意味でも「自分にとって丁度いい場所」ってのを探すのがベストなんだろうね。

 

繰り返しますが、情報をお持ちの方、ご連絡下さい。

よろしくお願いします。

鎌倉シャツの「300番手のシャツ」を試着してきた。

 

ヤバい。

肌触りが「気持ちいい」。

ワイシャツというより「柔らかいタオルで包まれてる」感じ。

13000円の価値はある。

 

◾︎良いポイント

1、見た目

1-1、光沢

「艶」がある。

パリッとした堅いワイシャツの「艶感と違う」。

シルク寄りというか、確かな質感の中に艶がある。

シルクほどイヤラしくなく、自然に甘い艶感。

これ凄い。

 

1-2、生地の「柔らかさ」

とにかく着た時が「自然」。

パリッとしたワイシャツだと傍目にも「堅そう…」なんだが、鎌倉シャツは「自然」。

生地が柔らかいから身体に沿ったラインが出る。

しかしながら、柔らかすぎると肩が落ちたりして「だらしなくなっちゃう」んだが、その按配が丁度いい。

パリッとし過ぎず、だらしなくない絶妙なライン。

故に、首、肩、腕が身体に合った自然体なラインに見える。

その上で、艶感との合わせ技。

艶感があり、着姿が自然体なので、立ち姿が「洗練されて見える」。

素晴らしい。

 

2、着心地

上質な柔らかいタオルに包まれてるよう。

…これ、女が一日中着てたら「おかしくなっちゃうんじゃないか?」ってくらい気持ちいい。

すごく優しく愛撫されてるような感じ。

一部の女性は「布にくるまってオ○ニーする」と言う性癖があるが、気持ちがなんとなくわかる。

上質さが一個抜けてて、変な方向に行くレベル。

それくらいの着心地。

レディースもあるのでオススメ。

無論、メンズにもオススメ。

 

以上!

 

◾︎ちなみに

400番手もあるらしい。

実際の品物は見れなかったが、存在は確認できた。

今現在在庫が少ないようだが、廃盤ではないらしい。

秋口辺りに確認しに行こう。

 

◾︎まとめ

これは「買い」だわ。

艶があり柔らかく上質。

着心地はいっちゃうほど気持ちいい。

その上で13000円なのでお買い得。

普段使いには高いが、冠婚葬祭+ガチ取引ハッタリ用として持っておくのはアリ。

200番手でも充分だが、どうせならブッ飛んだやつが欲しいのが人情ってもんだろう。

 

総合して「オススメできる逸品」。

 

400番手が気になって仕方ない諸兄におきましては、もう少々お待ちください。

我慢できないあなたは「買っちまってくれ」。

そしてコメントかツイッターで俺に自慢してくれ。

 

マジか!?超羨ましい!感想聞かせて!って返すから。

ちなみに400番手シャツは「18000円」だ。

純日本製。

マリアサンタンジェロとかのシャツが30000円とかする事を考えると「完全にお買い得」。

ネタにもなるし。

 

よろしくお願いします♪