読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

自由帳!

超・雑記ブログ!一昔前の、日々思った事を書くスタイル。

楽しい歩き方

 

唐突に発見した。

「ステップを踏むように歩く」

 

◾︎歩く

健康に良く、頭も冴えるため、集中したい時は数キロ歩いてから取り組むようにしてます。

…だがしかし!

歩くのって「超つまんねえ」んですよ。

「ただ歩く」「ただ走る」が耐えられない筆者にとって、ちょっとでも面白くする事は必須だった。

 

という事で次。

 

◾︎重心移動

曲がる、止まるは、筋力は元より、重心の使い方で変わる。

ああ、バスケットボールのお話しです。

もちろん年齢はあるんだろうが、トッププロじゃあるまいし、やる気次第で楽しめる。

*さすがに「18〜22歳」の「ガチガチの運動部(全国クラス)でした」というやつらとはキツい。

 

…で、だ。

そこで「速く動けない」という問題にぶち当たる。

それと「歩くときの動き」ってのが「連動してる」。

んじゃ歩く時に重心移動を意識すれば、効率良く重心移動出来るようになるんじゃないか?って事。

 

◾︎前後左右

進む、止まる、右に行く、左に行く

この動きの中に「苦手なモノは存在しないか?」

例えば「右足で止まる」としよう。

これと「左側に行く」を組み合わせる。

 

歩く時で言うと、「右足を前に着いて踏ん張って歩行スピードを落とし」「その流れで左側に重心を送る」。

そして左足で着地する。

 

逆に「右足で進む(加速する)」

この場合、どこに足を着いて、どうやって重心を送るのか?

これを逆でもやってみる。

全部を自由自在に出来れば、問題なし。

苦手な動きがあれば、それを歩しながら改善していく。

 

「歩くのが楽しくなる」。

 

◾︎まとめ

「曲がる、止まる、加速する」

クルマでよく言われるこれは人間にも当てはまる。

どうせ歩いてる姿なんて他の人は見ちゃいねえんだから、色々試してみるのがいい。

意識的に、右行ったり左に行ったり、ブレーキかけたり、加速したりすると楽しいぞ。

 

歩くのに飽きた人にオススメです♪

 

本を読むようになってから、漫画、アニメ、ゲームがホントに減った件。

 

何でだろう?

面白さが半減した。

 

◾︎現実が最高の遊び場

川上量生氏の「世の中で一番面白いゲームは現実」って意味が少しだけ分かってきた。

夢の拡張現実より、目前の楽しい事の方がいい。

 

◾︎現実は奥行きがある

1、女遊び

「ままならない現実」と「不規則な楽しさ」、「ハマった時の最高な時間」と、様々な楽しみがある。

ゲームを100時間遊ぶように、女遊びを100時間やれば、かなりの成長を見込める。

100時間っつっても、一年もあればやれる。

色々な女に「話しかける」「ラインをする」は、常に誰かしらと何かしらしていればすぐ。

一日2時間で、月60時間。

2ヶ月で終わる。

「デートする」「決める」は、どうしても試行回数は減るものの、週一2時間(週末一回)で月10時間、1年で120時間。

週2で遊べば、倍で半年。

2、3ヶ月は失敗するとして、20〜30時間練習(10〜15人くらい練習)してクリア出来る難易度だとすれば、さほど高い壁でもない。

その先はセック○フリーの扉が開く。

1人2000円としても、2〜3万。

ゲームとしての難易度は「適正〜やや低め」くらい。

…こっちのが良くね?

 

2、お金を稼ぐ

投資でも事業でもいいが、何かしらの「お金になるもの」をするとしよう。

これも100時間を目安にやってみるとしよう。

…!

分かりやすいのがあった。

「ブログ」にしよう。

ブログで言えば、最初は1記事3時間くらいかかるから、「約30記事」を書く。

…ブログって「超難易度高い」よね。

30記事で収益化に成功してるブログは確かにある。

バズ部に載ってる。

…が、一般的ではない。

 

ここは今240記事だから…600時間くらいか。

どう書くか?じゃない「何を書くか?」だ!

 

投資の勉強も一万時間目安(フルタイム(1日8時間)で5年)でした方が良さそうだ。

…これじゃさすがに気が遠くなる。

高難易度のモノは1000時間を目安かな?

1日2時間で1年半。

月60×18=1080

…ふむ。

これくらいからだな。

 

◾︎スキルはいつでも使える

昔、格ゲーにハマってた時から薄っすら思ってた。

格ゲーって、バージョンが変わると「やり直し」なのよ。

*最近の格ゲーはそうでもない。00〜10辺りの格ゲー。

コンボが変わったり、キャラが変わったり。

ある程度「不変のスキル」ってのはあるんだけど、大体が「イチからやり直し」なのです。

 

しかしながら、「遊びのスキル」とか「投資のスキル」って、「ほとんど不変」だよね。

さすがに一万時間やるのは無理…というか、一万時間やったら「プロとして食える」から、それはそれでいいんだけど、置いておいて。

 

「遊びとしても効率がいい」んだよね。

どうせ遊ぶなら、現実で遊んだ方が良いでしょう♪

 

◾︎まとめ

夢遊びから現実遊びへと移行中。

付き合いの中で面白いものがあればそれはやるかもしれないが、「お金稼ぎゲーム」と「女遊びゲーム」は、思ったよりハマれそう。

四苦八苦しながら頑張っていきましょ〜。

結果が出た時に狂喜する事請け合いです♪

やはり運ゲー。

 

何に出会い、何を見て、何を考えて行動するのか?

 

結局、なるようにしかなんねえんだなと。

 

◾︎皆んながアレコレ言うが

1、早く行動しろ

人生は「有限」。

よって、何でも早くから動いた方がいいという説。

…いや、俺が23歳で働いてたら、間違いなく「ヤマト運輸」に行ってたよ。

もしくはファミレスやスーパー。

んで、独立も投資の「と」の字も知らずに働いていただろう。

結婚はしてたかもしれないが。

 

確かに「どうなっていたかは分からない」。

…が、こんなに色々な本を読んで、ちゃんと思考する事はなかったと言い切れる。

早く行動しても「それで良いのかは分からない」。

じゃあ行動しなくていいのか?というとまた違うが、それはそれ。

 

行動した分だけ「他の行動を出来なくなる」。

結局「その時に一番正しいと思う事」をやるしかない。

そこで昔のやり残しが現れるかもしれないし、新しい問題にぶつかるかもしれない。

それは人それぞれであり「正解はない」。

故に運ゲー

 

2、勉強しろ

これは「学校のではなく」、「やりたい対象の勉強を」という事。

服飾デザインがやりたい、投資がやりたい、会社経営がしたい、などなど。

「その問題」に対して、どんな選択肢があり、どの勉強をどのくらいやるか?

そのアウトプットは「何が出るか?」

もしくは「何を選択するのか?」

自分が何を正しいと思い、どれを突き詰めていくのか?は、個々人によって違う。

故に運ゲー

 

3、自分で体験しろ

「何を体験するのか?」

それは、上の2つによって変わる。

つまり、「何を知っていて」「何に向かって行動し」「何を体験したいと望むのか?」

この時点で「自分の偏向がかかる」。

漫然と「良い方向に向かうだろう」と思う人はガンガン進めるが、進んだ先が必ずしも正しいとは限らない。

もちろん体験は増えるし、面白い話も出来る。

人間的な厚みも出る。

…ただ、その先がガケだったら?

その選択をするのは「自分」。

故に運ゲry

 

◾︎自分で決める

何したって「何かが起こる」んだよね。

例えば、筆者は「引きこもり3年目」だが、昔より明らかに「選択肢が増えた」。

3年前はサービス系に進むくらいしか選択肢が無かった(思いつかなかった」が、今はコンサルやマーケティングが選択肢に入っている。

*後の独立のため。

未だに「接客業向いてますよね」って言われる(ちょっと異常な数)ので、天職はこれで確定した。

…が、全く金にならない(サービス系は薄給で有名)ので、他の選択肢で経済的な自由を得た後に、改めて「楽しむ就職先」として「接客業」を選びたい。

 

そういう「選択」は、自分で決める。

人が何を言おうと、どう思おうと、「自分がやりたければやる」。

 

その「選択」は「貴方にしか出来ない」。

あなたが見て、あなたが思い、あなたが考えて、「行動した」それは、「唯一無二のモノ」です。

 

◾︎まとめ

色々見すぎて悩む事もある。

為末氏は「人生は選択肢を減らすことにある」という。

金持ち父さんは「選択肢を増やす事に意味がある」という。

人は「悩んでるならさっさと行動しろ」という。

他の人は「ちゃんと思考しろ」という。

 

…さて、あなたはどっちを選ぶ?

もちろん「行動しながら思考する」でもいい。

 

それを信じて選択するのが「あなた」の役割。

 

人生は「運ゲー」だよ。

やれる事をやるだけ。

どうせなら「楽しい方に行こう」ぜ♪

 

オナ禁は上手く使おう。

 

思ったより効いてた。

回数は人による(能力と年齢)が、明確に「この回数以降のダルさがヤバい」というラインがある。

 

探し出しておく事をオススメする。

 

◾︎おさらい

⚫︎オナ禁効果

1、寝起き良

2、日中のテンション高止まり

3、女を見た時のテンションが上がる

4、女が近寄ってくる

5、あと一歩の頑張りが効く

6、性衝動アップ

 

つまり、自分の性能が上がる。

 

どれくらいで維持され、どれくらいで効果を失うのか?を筆者を叩き台に書いてみる。

 

◾︎自分の「目安」を知る

貯めた日数+回数比

3週間リセットを2回した後、1日3回までOKでした。

ここまでは翌日に影響がないレベル。

4回目から「明確にダルくなった」。

 

単純に考えれば「週に一回」程度の頻度がベストという事になる。

これは「オナ禁効果を得た上で」出せる回数です。

効果を失っても良ければ=翌日が休みや、目の前の女に全力投球したい時…は、マックスまで張ってもいいでしょう。

ただし「翌日のダルさは覚悟しろ」。

 

◾︎皆様はどうであろうか?

体力=精力を失わないベスト回数は、どのくらいであろうか?

これは把握しておいた方が良いかもしれない。

翌日に「何かある」時に、この状態になるのはオススメしない。

 

◾︎どれくらいやる気がなくなるか?

なんせ、この文章を書くのすら怠い。

マジでこの感覚は2ヶ月ぶり。

何もやる気出ねえ。

こんなにヤベえという事を「忘れていた」。

出かける気さえ起きない。

 

本気で向こう2週間は溜める。

これじゃ生活の質を確保できないわ。

 

◾︎やった人じゃないと分かんないかも

「気力が充実してる」っていう感覚は無かったんだが、オナ禁の効果はてきめんだった。

「落ちて始めて分かる」。

 

必ず3日に一回以上は出してるって人は、3週間耐えて見て欲しい。

マジで「世界が変わる」ぞ。

 

◾︎まとめ

自分の「限界地点」を知っておこう。

オナ禁効果を活かしながら生活をしよう。

 

妊娠させるなら、3週間溜めの3日連続中出しがベスト。

それ以上は、量が激減。

テンションも激減。

賢者モードが起きる時は、すなわち「出し過ぎ」。

 

「充実した状態」を知り、それを維持できる回数を知る事は、生活を楽しくする上での基準となります。

なるべく「良い状態」を維持できるように、色々試して見てください。

 

精力=体力は、あながち間違いじゃない。

 

やりすぎないように注意しよう!

現時点での「資産となり得るもの」のメモ。

 

「資産とは何か?」

これが分かれば、それを買えば幸せになれる(経済的に)ワケで、今の知識で資産にカウント出来そうなモノを書いてみる。

 

◾︎金を生むモノ

1、投資

まんま。

今も昔も、バカから天才までが参入しているこれ。

理想ポートフォリオがあるらしい事や、国内と海外の資産比率だったり、デリバティブをどう活用するか、レバレッジはどの程度か、などなど。

とりあえず天才が生み出した、それっぽい事(可能な限り裏付けは取るが)をパクれば何とかなると思ってる。

原資金が必要なのと、レバレッジかけてしくじったら即死なので、勉強の時間を取る(レバレッジかけない運用をして、慣れるまでやる)事をすれば、そんなに難しくないんじゃないかと思ったり。

最終系は「これの利益で暮らせる(月20万くらいのプラスを生む)」事。

とりあえず、手持ち10万出来たら始める。

 

2、ブログ系の「ネットで稼ぐ」

不労所得…とも言えないが、手間の割に儲かる可能性が高い。

自分1人でやってると限界が早い。

よって次。

 

3、雇う

WEB系で言えば、ランサーズを利用してもいいし、話題になった「WELQ」のように、直接雇って書かせまくってもいい。

工場の事業など、何でもいいから「人を雇って働かせる」方式がこれ。

とにかく「自分が働かずに」収入を確保する方法。

その原資金を基に、また別の事業に手を広げる。

無限ループでお金持ち一直線。

取っ掛かりさえ掴めればイケる。

 

4、会社を作る

書物「黄金の羽根〜」「金持ち父さん」に詳しいが、節税のために会社を持つ事は合理的かつ必須。

「金を生む仕組み」が出来たら、これを活用して取り分を最大化する。

そしたらほぼ「あがり」。

後は自分の趣味で働き(俺の場合だと服屋とか)つつ、投資比率を増やしていき、事実上「働かなくても暮らせる」状態を作る。

 

 

まあ、50〜60歳くらいで完成すればいんじゃね?

今は知識も資金も足りなすぎる。

情報を常に集めつつ、実際にやれそうなモノは試してみよう。

 

◾︎目標

ちょっと触れたが、「資産の生み出す金で「消費が賄える事」」。

そうすりゃ「金が減らない」んだから。

実に簡単なお話し。

フェラーリ買う金を投資すれば、軽自動車をタダで買える。

家を買うお金を投資に回せば、今の借家のお金は全て賄えるかもしれない。

そういう事。

 

◾︎まとめ

薄っすら見えた「光」。

面白いね。

確かに「風穴を空けた人は存在する」。

 

俺も「向こう側」に行けっかなー。

行ってみたいな〜♪

まだ怖えから、ちゃんと知識を入れよう。

機が熟したら勝手に向かう。

焦らずやって行こう♪

自己肯定感を高める。

 

イケるイケるって、お前バカなんじゃなねーの?

と、思われた人も多いはず。

 

何を隠そう、俺も「何をやっても自己肯定感が高まらなかった」。

だからこそ色々試して、効果的だった4つの事がある。

それを書いてみる。

 

◾︎自己基準&自動思考&自己攻撃&思い込み

1、自己基準

他人からどう見られているのかを捨てる。

「自分が何をしたいと思っているのか?」

「金が稼ぎたい」「もっと時間が欲しい」「人と遊びたい」など、心底から思っている事を捉える。

出来る出来ないは脇に置き、「これがやりたいんだ」と認識する。

 

2、自動思考を捉える

要は「なんか気分が悪い時」に、「自分がどう考えているのか?」を見るという事。

上の例で言えば「金が稼ぎたい」と思うと、何か気分が悪いとする。

その場合、金を稼ぐ事に抵抗があるのか?

金を稼いじゃいけないと思っているのか?

金を稼げない自分が情けなくて気持ち悪いのか?

などなど、「自分の理由」がある。

捉えたら、外していこう。

 

3、自己攻撃をやめる

「自分じゃ出来ない」

「こう思われたら嫌だ」

「こんなもんだ」

などなど。

自分を低評価にしているモノの見方を「止める」。

その考え方をして、お前得すんの?

寂しくなったり、悲しくなったりするだけじゃね?

出来る!やれる!っつって行動してみたり、遊びに行ってみたりした方が楽しいでしょう。

自己攻撃なんざ損しかないんだからすぐやめて、「いかに楽しく目標を達成するか?」だけを考えればいい。

自分を落とす評価は「全て止める」。

 

4、思い込みを外す

自己攻撃を止めようとするのは良いが、また出てきたと。

じゃあ、その評価は「本当なのか?」。

お前は本当に「無能」で「モテなくて」、「誰とも仲良くなれなくて」「何も出来ない」のか?

人と話すときに緊張するとしよう。

それは「人と話す時に緊張する自分が嫌」

「人と話す時に恥をかく自分が嫌」

という「自己攻撃」と

「人と話すと緊張するという思い込み」

の2種類で成り立っている。

緊張しない相手もいるだろう。

それは相性なのもあるが、「この人緊張しない」と「感じた」、つまり「そう思い込んでいるから」緊張しないのではないか?

じゃあ、お前はもう緊張する必要はないよね?

 

◾︎筆者がこれに気付いたキッカケ

1、底辺バカだと思ってた

筆者は「頭が良い」と言われる機会が、そこそこあります。

しかしながら、中学校ではクラスで下から5番目に常に入り、高校は底辺の私立学校でした。

*勉強が大嫌いすぎて大学には行かなかった。

でも、友人から「お前勉強出来ないよな〜」とバカにされた記憶は「一度もない」し、仲間ハズレにされた記憶も特にない。

…が、漫然と「勉強出来ない俺は劣等生なんだな」という思いを引き摺っていました。

だから、褒められても「たまたまだよ」としか思わなかったし、結果が出ても「運が良かった」もしくは「他の協力してくれた人が凄かった」としか思わなかった。

んで、色々本読んだり調べたりして、結果を出してる人が「特別な事をしているワケじゃない」と分かった時に、「まあ…頭が良い方なのかもしれない」と始めて思った。

そうすると枷が外れて、無理かもと思っていた事が、出来るかもに変わる。

要は「人からは認められているのに納得できない」。

思い込みって、無茶苦茶怖いぞ。

 

2、モテない

こっちも「〇〇(俺)って、モテそうだよね」と言われる。

*主に男から。

そういうそいつ(ら)は「ずっと女がいる(モテそうっつったやつ「全員」が)」ので、「そりゃお前だわ」と返すのが通過儀礼だった。

…がしかし!

どうやら友人達の評価を信じるべきだったのかもしれない。

 

とりあえず、根深かった。

紛う事なく「俺はモテない」と思ってた。

不思議な事に、女にモテない事に関して1ミリも疑いを持たなかった。

今まで「告白が1人」「興味あるんで連絡取りたいと言われた女の子が5人」、事実上口説き落とした女の子が2人いる。

しかしながら、セック○経験はない。

 

甚だしい勘違いが2つあって…

1、性欲を女の子に向けちゃいけない

当時、マジでコントロールが効かなくて暴力的だったので、女を傷つけるんじゃないかと思ってた。

それはそれで良かったんや。

訂正される機会が「ごく最近までなかった」。

メスをメスにしてやる事こそが、オスの務め。

セック○の匂わない男なんざ、逆に価値がない。

堂々と向けよう。

女とやる。

メスは愛おしいモノだ。

 

2、俺に価値がない

学校生活で自尊心を軒並み奪われ(主に勉強面で)、無価値観から暴れまわってた。

よって「野郎にモテる」のは確信していたが、「女にモテる」とは、一瞬も思った事がなかった。

*美容室には友人の紹介で15歳デビューし、服には17歳でガッツリハマったため、見た目はずっとそこそこ良い。人生で一番言われる褒め言葉は「オシャレだね」。でも「根っこの自信はない」。

 

なもんで「俺にモーションかけられて嬉しい女の子などいないだろう」と。

告白されたのは例外としても、口説き落としたのは友人の紹介でたまたま出会った女の子だし、残りの「興味あります」は全てバイト先。

自分から話しかけて口説き落とした記憶は…ない。

自分から女性に話しかけた記憶がほとんどない。

 

さて、俺は「モテない」のか?

言うほど、なにも価値がないのか?

おそらく「違う」。

俺にも「何らかの価値」があるはず。

 

もう、俺には価値がないという自己攻撃と思い込みを捨て、「俺がどうやって女の子と過ごす事が最も楽しいのか?」だけを考えていた方がいい。

 

無価値感を捨て、性的な思い込みを外し、俺のオス性を存分に振るってこそ「最も魅力的になる」。

 

いらない思い込みは捨てましょう。

 

◾︎まとめ

自分がどうしたいか?を考えて

もし「出来ないと思う」ならそれを捉えて

自分の価値を毀損する考えを止め

自分の思い込みを疑う。

 

女でも20代中盤(26前後〜)でハマり始めて、スペックで男を選んだり、将来(結婚)に絶望してみたりといった症状が出る。

では、スペ厨の女にスペ高が現れないのは何故か?

「それを本当に望んでないから」なんですね。

スペ高対象の合コンとか街コンとか腐る程やってんだから、そこに行って頑張ればいい。

それが幸せかどうかはお前が決めろ。

 

基本的に「出来る」と思ってりゃなんでも出来る。

…という結論に至る。

 

飽きたら別の事すりゃいいじゃん。

「何とかなる」よ。

 

絶望を抱えて進むもよし、希望を携えて生きるもよし。

楽しい方を選ぼうぜ♪

 

人生は運ゲー。

何に興味を持つか?

どう読み解くのか?

どう行動するのか?

 

同じものを見たり聞いたりしても、これだけの差が出る。

結局「なるようにしかならない」んだろうね。

 

◾︎金持ち父さん

例として分かりやすい。

1、読むかどうか?

まずこれ。

100万部でシリーズ6作だから600万部として、現役世代6000万人で割ると「10人に1人が読んでる」。

しかしながら読書率が既に高くないので、おそらく同じ人が数冊買うとする。

無理なく半分として「20人に1人」。

で次。

 

2、どう読み解くのか?

これ自己啓発書じゃないよ。

「ビジネス書」だよ。

消費…つまり「無駄なモノ」に対する資金を極力減らし、「資産」=金を生むモノを買って行こうというお話し。

んで、ゆくゆくは資産で消費を賄えるようになろう、と。

宝くじが当たっても「貧乏人はまた貧乏に戻る」ってのがこれ。

金持ちは資産を買い、貧乏人は消費する。

 

今は不動産を買わなくても、投資だけで同じ事が出来る。

REIT。金持ち父さんシリーズとは別の本に書いてある。

 

これを「不動産ビジネスの本だ」と捉えるもよし、「起業のための本だ」と捉えるもよし。

読む人によって「重要な部分が違う」。

しかも、成功するかどうかはまた別の話し(それで上手くいくかもしれない)だし、何が正しいかはやってみないと分からない。

とにかく「読み解き方が違う」。

 

3、行動

読み解き方が違えば、行動の仕方も変わる。

よっしゃ!不動産だ!っていう人もいるし、投資をもっと詳しくなろう!という人もいる。

金を生む資産って何だよ?って考える人もいるし、ネットワークビジネスにハマる人もいる。

もちろん、資産と消費の見分けがつかない人もいる。

それぞれの「正しいと思う事」があり、別段それで構わない。

若いうちに動いて成功する人もいれば、歳とってから満を辞して成功した人もいる。

60歳で30歳のフィリピーナと結婚して、毎夜欠かさずセックスをしてる超幸せな夫婦もいる。

そんなもんだよ。

 

◾︎まとめ

自分が「何を見て」「どう考えて」「どう行動したか?」。

何を見るか?は、日々「何を考えているか?」によって変わる。

セックスがしたい中・高生は、異性ばっか見て恋愛ばっか考えてるだろうし、金を心底から稼ぎたいと思う人は「そういう情報が見える」。

*倫理観いかんによっては、また見えるモノが変わる。

それを得て、また掘り下げて考える。

そして「実際に試すのか?」「もっと情報を集めるのか?」という「行動」に出る。

勉強ばっかしてるって人「全然悪くない」ですからね。

勉強するという「行動」ですから。

上ので言えば「目標」は、「異性と幸せになりたい」「お金を稼ぎたい」なので、どっちみち自分が納得した段階で、それを得るために動きます。

だって「欲しい対象がある」んだから。

「勉強のための勉強」が目標になってる哲学者やらはさておき、「欲しいのがあるから勉強してる」んだから、何も問題はない。

まだルートが見えてないから、動けないor動きたくないというだけ。

 

「他者は勝手なことを言う」

結果に責任を持つのは「自分だけ」だよ。

後悔しない選択ならそれでいい。

 

つか、自分で選んだなら「後悔しない」。

 

やりたい事、やりましょうね♪

もーいーじゃん。俺ら頑張ったよな?

 

「辛い現実」とか、もう良くね?

 

「理想」だけ抱えて生きれば充分。

 

◾︎何とかなったり、なんなかったり。

例えば、「お笑い芸人目指します!」っつって、40歳夢半ばで破れたとする。

しかしながら、それは「不幸せと言えるのか?」。

「夢を追った時間」は確かな現実であり、その時間の楽しさは、適当な就職をして適当に遊んだ旅行じゃ埋まらない充実感があったはず。

「元・芸人」という肩書きは、何処でどう活きるか分からないし、夢が終わった後に「新しい夢」を見つければいいだけの話しなワケで。

 

◾︎やりたい事をやろう

失敗したって死にはしねえんだよ。

別に何処であろうと、「本気で頑張れば何とかなる」。

死に至る事故や病気は別として、生きてく事くらい何とかなる。

なぜやる気が出ないかと言うと、「無理だと思ってるから」。

 

⚫︎気持ちいい言葉だけを聞き、気持ち良い言葉だけを使う

どうせ「他人は俺の事を見ていない」。

俺が無職であろうと、童貞であろうと、気にしないという女はいる。

逆に、キモい!絶対無理!という女もいる。

さて「どっちを信じる?」。

現実に行動してれば「気にしない」という女にも出会えるだろう。

逆にトラウマになる女にも出会うだろう。

どちらにしろ、動かなければ出会えない。

じゃあ、気にしないという女もいると「信じて行動する」のが最善の選択肢となる。

 

就活でも同じ。

NHKで働きたいなら、新卒で落ちても、中途採用を毎年受けて、対策を練って、熱意をアピールし続ければ、何かが起きるかもしれない。

*その間は別の所で働く。

それと同時に「TV局で働きたい」なら、選択肢は他にも多くある。

 

やりたい事をやればいい。

そのために「耳障りのいい言葉だけを聞く」。

「もっと出来る」

「あとちょっとで届く」

「夢を叶えるのなんて簡単」

という言葉だけを聞こう。

 

逆に…

「無理無理」

「やめとけ」

「失敗したらどうするの」

辺りは、どシャットしましょう。

知らねえよ。

「お前が俺の幸せになれたはずの時間を捻出してくれんのか?」

無責任な他人はほっとけ。

「お前の夢を追え」

 

◾︎まとめ

気持ち良い言葉を聞き、楽しい事をし、気持ちよく楽しい言葉を吐く。

人生なんてこれだけで充分。

 

現実?

知らねえって。

「お前が作るんだ」よ。

 

やりゃ出来るんだよ。

早く「向こう側に行こう」♪

酒もタバコも止めて、筋トレしてバスケットボールした結果。

 

20代のパフォーマンスに戻った。

*今年34歳

 

とりあえず、不健康な事は「最小限にする」のがいいよ。

 

◾︎改善効果

1、酒

1-1、身体の重さ

体重じゃなくて、寝起きの重さ。

動き出すまでの「気力の必要性」が全く違う。

あと「運動中のパフォーマンス」。

酒飲んだ翌日はあからさまに重い。

毎日練習してるプロならともかく、ど素人が稀にガチでやる運動の前日に飲むか飲まないかは、パフォーマンスに直結する。

楽しみな日の前日は、禁酒がオススメ。

1-2、睡眠

寝つきが良くなるが、睡眠が浅くなる。

というのも、医学的な意味と別に「物理的な意味」が存在する。

つまり「変な姿勢で寝てる」。

よって途中で起きる。

複合効果は意外とデカイ。

 

2、タバコ

運動に寝つきに精神的なモノにと、大車輪の活躍。

*マイナスの意味で。

百害どころか千害は存在する。

一利?「ストレス解消」。

でも、タバコに頼らなくても可能。

 

特に飲酒と複合で起きる「睡眠障害」は、マジでシャレにならん。

やる気を軒並み奪っていき、それ故にまた酒を飲み、鬼ループ。

酒+タバコありで日常生活してる人は、トップパフォーマンスの7割出てればいい方。

*記憶、気力、体力。

両方やめたからよく分かる。

昔の日本人が「30代はおっさん」って言ってたのは、おそらくこれのせい。

健全に生活してる30代は、全然イケる。

 

3、バスケットボール

俗に言う「運動」。

筆者は「ただ走るのが無理」な性格だったので、バスケになった。

タバコ+酒でなまった身体はハンパじゃなく、最初1ヶ月は「膝痛い」「息切れる」「身体は反応しない」と全てのパフォーマンスが40代並みに。

10年のブランクは引くなんてもんじゃなかった。

そして筋トレを始めた。

 

4、筋トレ

「効果はバツグンだ」

ジャンプ力「15cm増」。

シュート飛距離アップ。

切り返しスピードアップ。

などなど、ほぼ全てのパフォーマンスがあがる。

 

筋トレは「ホントに効く」。

スポーツやってる人は、騙されたと思って一度やってみてください。

 

 見た目も「とても良くなる」。

オススメ♪

 

◾︎食事

偏食の人にこそやって欲しいこれ。

「特定の食品はほぼ摂らない」なら、それをサプリで補ってみよう。

筆者が強烈に効果があったのが、「亜鉛」と「DHAEPA」。

筆者は寿司が嫌いという「生粋の生魚嫌い」。

焼き、煮魚こそ食えるが、頻度が低すぎ(月一程度)だった。

牡蠣なんてここ10年スパンで食った記憶がない。

故に「超効く」。

 

自分の摂ってる栄養素と相談して「明確に足りない」モノがあれば、ぜひ試してみて下さい。

 

◾︎まとめ

健康は「人生が変わる」。

とりあえず、上記のと朝方生活をしたら、パニック障害が治った。

例えるなら、「トップパフォーマンスが長くなり」「最低パフォーマンスも上がる」。

つまり、日々の生活の基準値が上がる。

 

「やってみりゃ分かる」って所がミソ。

マジで「身体が軽くなる」から。

それと現在のパフォーマンスを比較しないと、実感しにくい。

 

健康オタクがドンドンハマってく理由がなんとなく分かったw

 

筋トレと同じく「最初が最も効果がある」。

ぜひお試しあれ♪

女にモテないという思い込み

思い込みを無くそうシリーズ第2弾!

 

俺がモテないのは女が多くいる場所に行ってないからだ、って思ってるやつ…「それが正解!」

 

◾︎勘違い最強

お前は「モテない」んじゃない。

「モテる行動をしてない」んだ。

ただそれだけ。

実は、お前の価値とは「全く関係ない」。

 

⚫︎女にモテるとは?

「数多くの女と話したやつ」

です。

ファッションとか、心理分析とかはひとまずおいておけ。

とにかく出会い、話しかける。

コツ?

「思いやり」だよ。

 

◾︎自分語りはいらない

就活みたいに自己アピールが必要かと思ってた。

そんなの「いらねえ」わ。

隠す事もないが、わざわざ話す事もない。

聞かれたら答える。

それよりも「相手の話しを聞く」んだ。

「相手に興味を持つ」

ただこれだけ。

 

◾︎難しい事は何1つない

1、数多くの女と会話する

2、相手に興味を持って話しを聞く

以上!

好きだから「テンション上げて話す」んじゃない。

好きだから「いっぱい話を聞く」んだ。

 

クロージング?

本能を信じろ。

 

◾︎まとめ

自分を信じて出会いにいってるやつが結果を出す。

 

お前「自分が思ってるよりモテるぞ?」

 

信じるかどうかは任せる。

 

さあ楽しい明日にしよう♪