読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

自由帳!

超・雑記ブログ!一昔前の、日々思った事を書くスタイル。

以心伝心の一歩手前。

 

コミュ力が高いやつと話す時限定で、よく起きる事があります。

それは「俺が分かってやっている」という事を「相手も分かっている」と感じるという事です。

 

これが起きる相手は多くはありません。

…が、これが出来る相手は大概「頭がいい」とされる人間が多い(高学歴or地頭がいい)です。

少なくとも、リアルな意味での「コミュ強」側の人間です。

 

◾︎分かっている「までに行き着く前の壁」

例えば「好きな事」や「好きなモノ」。

人と話していて「好き関連」ってのは必ず話しに出てきます。

もちろん話していて気持ち良いモノだからです。

んで、1つの壁がここにある。

⚫︎相手の好きな事に興味を示さない

興味なくても「話させてあげる」。

相手がテンション高く話してたら「それでそれで?」っつって促してあげりゃいいじゃない。

ひと揃い話し終えたらターン交代。

…と思いきや、コミュ弱は延々と「俺のターン」。

しかも「人の話を聞かない」。

これだけで相手のコミュニケーションレベルが測れます。

これは何回かのやりとりで分かりますんで、コミュ強の人は注意して会話をしましょう。

話しかけるの「だけ」が上手い、エセコミュ強と疲れるやりとりをしなくて済むようになります。

⚫︎エセコミュ強と上手くやる方法

「ハッキリと意見を伝える事」

です。

基本的に、人に話しかけまくるやつは「鈍感」です。

良い意味で捉えると「行動的」とも言えますが。

なので、こっちの気分を分かってもら…いや「分からせる」必要がある。

イジられて面倒くせえなら「お前のそのイジり、毎回返すのめんどくせえんだよ」と伝える。

毎回話しかけられてウザいなら、「悪い。この時間忙しいから、あんまり話しかけないでくんない」と返す。

後者の場合、メンヘラ系統には嫌われますが、元々「ウゼえと思っていた相手」です。

問題は何1つない。

 

◾︎分かっている相手

さて「賢い人」というのは、「状況をよく見て」行動に移します。

小学5年生の女の子で、頭がいい、運動神経がいい、顔がいい、スタイルがいい(身体のバランスがいい)、という、天から何物授かったんだっつー子とバスケやった時に感じた事は、「全てに神経を通している」という事。

バスケで言えば、俺が見せたプレー(クロスオーバーとかランプレー)を、何回か見ていれば「練習しないで出来る」という。

…俺がタイミングズラしたクロスオーバーを出来るまでに何ヶ月かかったと思ってんだ。

あいつ天才。

「見たモノ」を「身体の使い方に変換する能力」が非常に高い。

*ダンスの振り付けを覚えるの早さとかがこれ。

頭の方も同じ。

「理屈」さえ分かれば即座に応用が利くし、暗記も自分が必要だと思えば取り組む。

んで、この子はコミュ力も高い。

天才肌らしく、教えられるのが嫌いなのを少し無理して全部説明したんですよ。

そしたら無視して遊び始めちゃったんですが、その時に「いやお前ちゃんと聞こえてんだろ?」と半分冗談で伝えたら、笑ってましたからね。

その子が「分かっててワザと無視した」という事を、「こっちが分かっている」という事を「向こうが分かっている」。

そこにお互いに悪意の感情がない事も。

小学5年生でこのやり取り出来るか〜と感動を覚えた。

あいつにはカッコ良くて頭が良くて誠実な彼氏を見つけて欲しいわ〜♪

*上位10%くらいは実在する。

 

男同士の関係でもそう。

兄貴肌の人が、こっちがやりやすいように気を使ってくれる事がある。

そうしたら、その好意を受けた上で、「あの時のあれ、感謝しています」と、「別の場面で伝える」。

後輩を引っ張りまわしたら、「あの時、来てくれてありがとう」と伝える。

この「分かってる事を伝える」事で、下地となる「信頼」が出来上がる。

何回かやっていると「分かってる事を分かってる」という状態になる。

そこでお互いに同レベルのコミュニケーション能力があれば、以心伝心とはいかないまでも、それに近い「信頼感ある相手」として、円滑なコミュニケーションが実現されます。

 

◾︎分かっている相手との関係の保ち方

さて、「人の話を聞けて」「信頼がおける」という2つを兼ね備えた「コミュ強」と出会ったら、する事は2つ。

1、テンションを合わせる

ジョークにはジョークで。

距離が近い会話(ラブラブトーク的なやつとか、この前一緒に遊びに行った〇〇〜とか)には同じ様な返しを。

逆に、遠ければ(抽象的な議論だったり)、遠い会話をします。

お互いに「打てば響く」のが、理想形です。

 

2、ポジティブ

マイナスな事は大量にあるし、つまんねえ事もいっぱいある。

…が、せっかく会えた「話が分かるやつ」に、テンションを下げる話しをするのは勿体無い。

 

「人に伝える時は、何が嫌いかではなく「何が好きかで語れ」」とは有名なセリフです。

「好きな事を語れる」そして「受け切れる」という関係が「お互いにできている」事は、非常にポジティブな関係になります。

 

逆に、ここまでの信頼が出来てこそ「愚痴も言える」。

「愚痴ばっか言い合える関係」ってのは「楽しい」のか?

「楽しい下地があった上で愚痴も言える」ほうが、お互いに会いたいと思うし、稀に湧き出た感情を全て受けてあげようと思うんじゃなかろうか?

 

◾︎まとめ

相手の気持ちを考えられるコミュ強は、コミュ強を呼ぶ。

モテ貯金とか、まじまじぱーてぃとか、めっちゃ人気あって、実際に遊んでるのにソリストを貫くのは、何らかの理由があるんだろうね。

 

あ、あと、真のコミュ強は「受け身」です。

なぜ受け身なのかと言うと「それで事足りるから」。

コミュ強は、100人と出会ったら10〜30人くらい残るので、基本的に友達に困らないんですよね。

んで、その10〜30人が別のコミュニティに連れてって、そこでまた同じ状況になる。

んで、その人の手に負えなくなったらそこで止まる。

いつも遊んでいるのは「誘いが絶えない」から。

なので、逆に「誘うのが苦手」だったりします。

会うと「遊ぼうよ」と言ってきますが、誘いは来ません。

しかしながら「誘うと来ます」。

…おい!

社交辞令かと思いきや、本気の意味でだったのか。

このパラドックスにより、チャラメンが受け身の可愛い子を口説きまくるという矛盾が発生する。

 

この上の「分かってる事を分かってる」の「意味が分かる人」は、前に出よう。

あなたの能力は「あなたが思っているよりも高い」。

あなたに出会って幸せを感じれる人を増やそう。

 

深いやりとりが出来る心優しい人。

以心伝心の一歩手前をもっと楽しみましょう♪

つくづく「触れてる情報が真実」なんだなと思う。

 

いや、久しぶりにスポナビに投稿してきたら、Yahoo!&サッカー好きってホント変わってねえなと思ったんで、その辺りを少し。

 

◾︎メディアの洗脳

バリ有効です。

もう驚くほど有効。

ここの皆んなが見たら驚くレベル。

 

例えば「成績が振るわないから監督解任だー」ってなると、皆んながそっち行っちゃう。

優勝以外は存在しないも同然。

見事な0-100思考。

あれヤバい。

 

はてなで書こうなんて高学歴なやつらは当然知っていてやっている「逆から発想してみる」っていう考え方はカケラもない。

そして「寛容さ」も「全くない」。

まあトランプさんね。

寛容さがないのはまあいいとしても、どうしたらそんな「一元的な見方だけで納得できるんだ?」と。

 

というか、人間って「イメージを決める」じゃない?

そのイメージが「勝てない監督」になると、「勝てない要素ばっか思い浮かぶ」のよ。

逆に、凄くマイナスな状況にいても、この監督は「勝てる監督だ」と思われていると「勝ってきた歴史や要素を見ようとする」のね。

カラクリが分かってから見ると、異常さが良くわかる。

トップ連中がメディアと上手くやってイメージコントロールしていた理由が良くわかる。

*主にベルルスコーニ

 

もちろん「全員がそうじゃない」んだけど、多数派はそう。

サッカーって一種の「宗教」だよ。

 

◾︎「今見てる」モノは?

ちゃんと望むモノを見てるか?

20代が一番面白かったとか、35歳でもう転職できないとか、一般的に言われる「つまんない説」ってのは大量にあるよね。

堀江貴文氏は「今が一番面白い」という。

俺自身も「つまんない情報をシャットアウトして」「面白い情報だけを入れる」ようにした現在、復調傾向にある。

*時折ヤバい波が来るのはご愛嬌。

 

ま、一般的には「頭がお花畑になった」って言われるんだろうが、嘆いてばっかだった数年前よりもだいぶ良い。

少なくとも「現実の絶望感を知った」し、だからこそ「ポジティヴに考える必要がある」。

引き寄せの法則」って言うとスピリチュアルだけど、好きな事や好きな方向に進むための「ポジティブな情報だけ受け取る」って見ると、あながちウソとは言い切れない。

 

いんだよ。

「見たいものだけ見てろ」

「働かないで生きる」なら、pha氏のやり方だったり、ヒモ男のやり方だったりを学べば良い。

逆に、バリキャリで上を目指すなら、その方法で勝ち取った人や方法を調べれば良い。

 

人生は「自分が思った方向に行く」よ。

 

◾︎まとめ

「見たいモノが将来を作る」

「ポジティブに」「楽しい事ばっか考えて」「より良く仕事をする方法を探せば」これ以上望む事はないでしょう。

 

しかしまあYahoo!は人当たりする。

コメント下さる方は優しい方々なので、その人がポジティブになるコメントだけは絶対に返そう。

あとはしばらく触れんのやめよう…。

ダメだあそこ。

「何も考えないと気持ちいい」が、「ちゃんと考えると気持ち悪い」。

 

まさか俺にこんな時代が来るとはねー。

 

皆んなも「望むモノを見て」「進みたい方向に」進みましょう♪

 

本当の「頭がいい」とは?

 

深く話したやつに「頭良い」と結構な頻度で言われるんだが、俺自身は全く結果に繋がってない。

むしろ頭がいいと言った「そいつの方がよっぽど凄え」という事がままあるという。

一般的には何を持って「頭がいいと思われるのか?」を検証してみよう。

 

◾︎頭の良さ三ヶ条

1、人の話しを聞く

パッと言われた、誰がどうしてこうしてあれがこうなったってのを、「だいたいで」覚えます。

別に間違ってたっていいので凄え気楽に聞いて、次のエピソードトークが似た状況なら名前を出してみて、合ってりゃOK、間違ってたら覚え直します。

これを何回かやってりゃ完璧に把握できます。

普通の人間は100人や200人も遊ぶ友達がいないので、「よく会話に出てくる数人」と「そいつの主だった趣味」だけを記憶すれば事足ります。

友達との会話で困ることは「何もない」です。

*実際、一日中電話してられます。

 

2、発想

逆からとか、斜め上からとか、他のと組み合わせて〜とかです。

コンサルがやる「思考の組み換え」の「超簡易版」。

仕事だったら、部下から見るとこうだけど、上司から見るとこうで、社長から見るとこうで、客から見るとこう、的な。

類似例と組み合わせて有効そうな説を作ったりなど。

このブログでもやってるんだけどね。

全く評価されないけどw

 

3、仕分け

物凄い「抽象的な事」を「分かりやすいレベルにまで落とし込む」事です。

例えば「アフィリエイト」。

モノを紹介して、仲介料を得るシステムですね。

主な売り方は3つ。

1、雑多な商品を売る場合

本や服や音楽、日用品など。

楽天やアマゾンの商品を紹介する事で利益を得る。

主な手法は「感想」。

セールストークは嫌われます。

リターン売り上げの3%程度が平均的。

 

2、狙った商品を売る

カードや保険、FX、美容の物など。

A8ネットなど契約して「取り扱い商品に合った文章を作る」。

当然商品が縛られているので難易度が高い。

リターンは表では10%、裏では30%以上で交渉次第ともいう。

アフィリエイトで月収100万とかは、すべてこっち。

こっちは逆に「セールストークがメイン」。

シュガーマンマーケティングなんちゃら〜みたいなのが活きるのがここ。

ハードル高いぶん、叶えた時のメリットは計り知れない。

 

3、情報商材

ネズミ講

「僕が儲かったやり方を教えます」

そのやり方は、今僕がやってるようにセミナーを開く事です、的な。

以下引用なんだが、リンク先が見つからないため、「引用」とだけ記す。

例えば、筆者が「儲ける方法を10万円で教えます」って言っても、誰も買わないよね?

でも、筆者を信用してくれている友達は「買ってくれる」んですよ。

その信用と引き換えに。

じゃあ、それの値段を下げていったとしよう(1〜2万円とか)。

そうすると、その値段なら買ってみてもいいかな?という人が現れる。

これをネットで「不特定多数の人」に発信したらどうなるか?

信用と引き換えに、儲けが手に入る。

んで「儲ける手段はこれです」と。

そして、売れたぶんが信用となり、また新しい顧客が騙される。

結局のところ「中身のない情報をいかにあるように見せかけて売り捌くか?」という所に行き着くと。

んで、それを教わった「子供」がまた他の子供を騙していく。

 

〜引用終わり〜

 

情報商材では「セールススキルが能力が必要」ってよく言われるんですよ。

売ったもん勝ちですからね。

…まあ色々分かってて飛び込むんなら問題ないですけどね。

 

さて、三ヶ条が終わったが、皆んなは俺の事をどう思っただろうか?

一般的に「頭がいい」とされるのは、「上記の要素を満たしている場合」です。

しかしながら、「結果を出す」には全く別の要素が必要になる。

 

◾︎行動力との両輪

底辺の学校では良くあるんですが、「やったかどうか?」ってので、聞き手の評価が変わるんですよ。

何かを言うと「で、お前それ試したの?」となり、「まだやってない」というと「は?」となります。

要は「予想する力が足りない」んで、「やったかどうか?」ってのが「最も重要な事」なんです。

しかしながら、実はこれ「社会と一緒」です。

高尚な「予想」をいくら積み重ねても、試して見なきゃ分かんないんですよね。

 

⚫︎知識はいらないのか?

そんな訳ない。

ただ、使える知識にする必要があるのよね。

「知識は二つの形で存在する。ひとつは、本の中に、生命のない形で。もうひとつは、人の意識の中に、生きている形で。後者こそがとにかく本質的なものである。前者は絶対必要であるように見えるがたいしたことはない。」

 

有名なアインシュタインの言葉ですね。

 

 何を隠そう、俺の事を頭が良いという「そいつ」は「生きた知識を持っている」んですよね。

 

⚫︎実行力

知識を直す、もしくは体験を「知識に昇華する」事が必要になるんですが、そこで重要なのが上記した「試したのか?」という事。

例えば「女の子と上手くやりたい」とする。

アプローチは2つ。

1、女の子とどうすると上手くいくのかを調べまくって、本当に「それが使えるかどうか検証する」。

2、とりあえず手当たり次第に声をかけまくって、上手くいった方法をストックし、より上手くいきそうな方法の「仮説を立てて色々試す」。

そして有効だったモノを残す。

 

この2つです。

んで、問題は「本当にわからない事と対峙した時」なんですよ。

この場合は1が使えないんですね。

例えば、小学生でスマホもパソコンもなかったとする。

だが、好きな女の子と楽しい時間を過ごしたい。

となれば、早熟な友達から聞く、映画を見る、漫画を見るくらいしかなく、どんなに考えたって「情報不足な状況」で「前に出なければならない」。

んでその経験をもとに、色々考えていく訳です。

大人になるに従って情報の取り方も上手くなり、仮説の出し方も検証も上手くなります。

しかしながら、分からない時でも「前に出なければならない事は変わらない」のです。

 

◾︎結局のところ

「自分でPDCAを作って回せるやつが最強」です。

何かを見るor得るor考える→即試す→効果をチェックする→次

という事。

⚫︎問題はなくもない

自分のPDCAに溺れると「本当に正しいかどうか分からなくなる」というパラドックスもある。

例えば「女の子をいじるのが良い」とする。

「100人」に試せばどれくらい使えるのか?が分かりますが、「10人」だと偏りが発生したりします。

しかしながらそれの前提として、「上手くイジれているのか?」「自分の狙ってる女の子はイジられるのが好きなタイプが多いのか?」などと、さらに仮説が分かれていきます。

それを全て検証していく事は、初期段階では無理なのです。

結局のところどれだけ選択肢があっても、「目の前の女の子が喜びそうな事」をやっていくしかない。

 

数多ある選択肢の中から、「自分が成功するための選択肢を選び出せる人」が、本当に「頭のいい人」です。

 

◾︎まとめ

ビジネスにしてもそうだし、恋愛にしてもそう。

「自分の得手不得手を知って」「なぜか上手くいくそこで最大の結果を出す」。

まだ最大限努力した訳じゃないけど、普通に話してて、話しが合う「友達」や「女の子」って、だいたい決まってるんだよね。

おそらく「合ってる仕事」ってのも、自ずから決まっているんだろう。

それを「俺が探し出す」のが人生の仕事なんだろうね。

pha氏が「30歳までは自分探しでいい」と言っていましたが、おそらくこれ「一生続く」よ。

早え段階で「上がり」を見つけた方は、本気で「おめでとうございます」。

 

今まさに暗中模索の人は一緒に頑張りましょう。

一度見つけたら、もう駆け抜けられるのだから。

 

さあ、イメージを膨らませよう。

 

 

f:id:CurryS:20170320230248j:image

 

 f:id:CurryS:20170320230257j:image

 

f:id:CurryS:20170320230323j:image

 

 f:id:CurryS:20170320230327j:image

 

f:id:CurryS:20170320231439j:image

 

f:id:CurryS:20170320230522j:image

 

f:id:CurryS:20170320231541j:image

 

 f:id:CurryS:20170320231458j:image

 

f:id:CurryS:20170320230402j:image

 

f:id:CurryS:20170320230425j:image

 

f:id:CurryS:20170320230431j:image

 

f:id:CurryS:20170320230436j:image

 

では、良い夢を♪ 

 

 

 

 

*全てピンタレストからの抜粋(リンク先が切れてるのが多いので画像だけもらった)で、画像の大半は韓国人です。

筆者は純日本人です。

「イメージ」をするための材料として、見ていただければ幸いです♪ 

女の子にメンズコーディネートをしてもらう時の「注意点」。

 最近こういうサービスが隆盛を極めています。

「erande」

https://www.erande-tokyo.com/pc.php

 

しかしながら、美容室(女性美容師)や帽子屋でかなり痛い目にあい、ファッションでも全く着回しの利かない服をオススメされたりと、中々問題が多い「女絡みのファッション選び」。

この辺りの注意点をまとめておく。

 

◾︎好きなカラー問題

メンズファッションの鉄則は「モノトーン」です。

つまり「白、黒、グレー」。

要は「スーツ」もっと言えば、「学生服」。

まず「これを起点にして」揃えていくのが鉄則です。

⚫︎モノトーンコーデ

f:id:CurryS:20170320164924j:image

f:id:CurryS:20170320165308j:image

で、メンズ視点で「派手な格好」というと

f:id:CurryS:20170320165339j:image

 こういうのになります。

 

⚫︎女の子が好む色使い

有彩色です。

つまりモノトーン以外。

説明すんの面倒くせえから、画像を見てくれ

 

f:id:CurryS:20170320165454j:image

f:id:CurryS:20170320165516j:image

こういうの。

上の画像を「ワントーンコーデ」と言います。

つまり「同じ色合いでまとめたもの」です。

下の画像では小物〜コートをワントーンでまとめてます。

ワントーンコーデはそのまんまで、「それにしか使えない」のです。

 

◾︎モノトーン+一色という「鉄則」

要はこれでいい

f:id:CurryS:20170320170343j:image

わけ。

余計な色を入れ込まないで、モノトーンを基点に「何か一色を加える」。

 

⚫︎実際の例

コーディネートサービスを利用した実際の画像がこれ

f:id:CurryS:20170320171346p:image

*LIG様

分かるかな?

「茶系のコーデ」になってるんです。

これ、「全く応用が利かない」んです。

特に「濃い茶色の靴」と、「薄い茶色のパンツ」が最悪で、これなら「薄い茶色のブーツ」と「チノパン」の方が使い勝手がいいです。

こういうの

f:id:CurryS:20170320171907j:image

とか

f:id:CurryS:20170320171919j:image

とかです。

 

erandeを使った実例では

f:id:CurryS:20170320172121p:image

左が利用者。右がコーディネーター。

ジャーニーとモアイとめがね 様

http://www.megaya.net/entry/2016/02/23/180452

 

これもインナーが白黒グレーのどれかなら全く問題がないのですが、このインナーでは「着回しが利かない」です。

 

要は、こんなの

f:id:CurryS:20170320172328j:image

とか

こんなの

f:id:CurryS:20170320172353j:image

であれば、ジーンズは何にでも使えるし、インナーはアウターが何色であろうと(上下の二枚の画像のように)使えるのです。

アウターは着回しが利きにくいのは同じです。

 

逆にコーディネーター(画像右)の方が、インナー全て黒+アウターがキャメルの組み合わせなので、何にでも応用が効きます。

 

◾︎つまり、だ

コーディネートサービスを利用しようってやつが、こんなん

f:id:CurryS:20170320170632j:image

とか、

こんなの

f:id:CurryS:20170320170646j:image

とか、ハイレベルなモノを作ろうとは思わないだろ?

上の写真は紺のチノパンでバランスとってるし、下の写真はオリーブのチノパンでさらなる爽やかさを加算してるんだが、この色使いは難しすぎ。

つかね、ここまでやらなくても「全然モテる」のよ。

 

⚫︎直近で一番女の視線を感じた格好

f:id:CurryS:20170320170844j:image

これです。

こういうので良いんです。

 

⚫︎女の子は「有彩色が好き」だが、男に求めるモノが同じとは限らない

女の子って基本的に「自分のことが分かってない」んです。

「スーツに萌える」ってのは「全女子が言う」のに、私服だけは違うなんて事があり得るか?

そう。私服も基本的に「スーツのように作る」のが、最も女ウケがいい格好なんです。

しかしながら、女の意見を真に受けると

f:id:CurryS:20170320173129p:image

こうなる。

*モデルは、あと髪型だけ整えれば充分にカッコいいレベル。

 

しかしながら、女が求めているのは

f:id:CurryS:20170320173713j:image

や、

f:id:CurryS:20170320173721j:image

とか、

f:id:CurryS:20170320173735j:image

なんです。

 

仮に本気で合わせにいくならば、

f:id:CurryS:20170320173904j:image

や、

f:id:CurryS:20170320173915j:image

 になりますが、上述の通り「応用が利かない」のでご注意下さい。

 

◾︎まとめ

女にモテたいなら「女に聞かない方がいい」です。

モテる方法で有名な「ディスる」という技術があります。

要は「イジる」って事なんですが、これを女の子に直接尋ねたところで、「強めにイジって欲しい」なんて言うと思う?

 

服も同じで、わざわざメンズのコーディネートを詳細に調べて作るって事はまずなくて、「レディースの範囲内から、メンズのイメージのモノを引っ張ってくる」って感じになります。

そうすると「ズレが出る」んですよ。

カッコいいけど…なんか違う。

であれば、百戦錬磨のユナイテッドアローズで、「自分がカッコいいと思った店員にお願いする」方が得です。

余計な金もかからず、しかも次に行った時もまたアドバイスがもらえるというオマケ付き。

「お洒落で可愛い女の子と一緒に買い物に行きたい」ってのが目当てでサービスを利用するならアリですが、普通にお洒落になりたいなら悪手ですのでご了承下さい。

 

あと、絶対に「対面で買えるサービス」の方がいいです。

理由は簡単で「サイズが分からないから」。

メンズファッション…特にキレイめコーデは「サイズ感が命」です。

筆者のサイズは「M.L」つまり、「Mじゃ小せえがLだと大きい」ってのが頻繁に起こる体格なので、実際に試着しないと分からない。

それと同じ様な事が「絶対に起きます」。

この手のサービスを利用しようという方は、まず自分の適性サイズが「分かってない」場合が多いです。

*普通の人は、大体が大きめで着ている。

なので、口頭で伝えると、ズレが出る可能性が高いです。

「必ず」、実際に着て選ぶようにしましょう。

 

「お洒落」ってだけで、無駄に格上の扱いをされます。

ぜひ皆様も「そういう体験」をしましょう!

 

キレイめは「ユナイテッドアローズ」、もうちょいカジュアルなら「シップス」、もう少しエロ目に決めたいなら「ジャーナルスタンダード」、金がないなら「ナノユニバース」に行けば、「簡単にお洒落になれます」。

 

買うときの注意点は「全てを受け入れる事」。

何となく「これ嫌い」とか「あれ嫌い」とか言ってはダメです。

店員を神だと思って、騙されて下さい。

本当に気に入らなきゃ返品出来るので大丈夫です。

 

何か言うなら、せめて「これが良い」と言いましょう。

それなら問題ないです。

 

店舗に突っ込んでいくのが、最短かつ最高の結果が出せる方法です。

 

では、素晴らしいファッションライフをご堪能下さい♪

 

褒められ慣れとけ。

 

人が褒める「定型パターン」みたいなのがあります。

それってあんまり変わんないから、きちんと受け取って舞い上がらずに、相手を喜ばす一要素として使いましょう。

 

◾︎定型パターン

1、外見

「オシャレ」

「カッコいい」

「各種パーツ」

「小物」

など。

人によっちゃ「耳タコ」ですね。

ただ単純に褒めれるよりも、「同じ物を使いたがる=それを本当に気に入っている」とか「俺が使ってる物全般に興味を示す=俺を気に入っているorセンス全般が好き(子供がこのパターンが多い)」とかの「行動で示す」方が嬉しい。

 

2、内面

「優しい」

「頭いい」

「頼りになる」

など。

「優しい」は、誰にでも言えるしほぼ100%社交辞令。

「頭いい」は、「回転」という意味と「知識」という意味がごっちゃになってる事が多い。

「回転」の方を褒められたら嬉しいが、「知識」の方は、ぶっちゃけ「ただ知ってるだけor即興でググった」なので、「見せ方の問題」でしかない。

「頼りになる」は、手助けさせるための文句と紙一重。

舞い上がってねーで、メンドくさい事があればすぐ断れ。

つまり、内面を褒められた時は「真に受けるな」という事。

*男→男で褒められた場合は、相手のレベルによる。詳しくは後述。

 

3、仕事

ちくちく仕事内容を褒めてくる。

自分が仕事が出来ているかどうかは、「自分で分かってる」よな?

そいつが評価した「それ」と、会社で重視している「それ」が異なる事は分かっているよな?

「〇〇さんがいると明るくなりますー」なんて、完全なる定型パターン。

「自分がそこでどれくらい気に入られてるか?」ってのも分かってるはずなんで、客観的な判断をして、どれくらい受け入れるか決めよう。

 

◾︎返し方

「ありがとうございます。〇〇さんにそう言ってもらえると嬉しいです」

「ありがとう。でもお前の〇〇の方が凄いよ」

が「返しの」定型パターン。

褒め返すのは「褒められた内容に関連する事」で返しましょう。

例えば「容姿」を褒められた場合。

相手のファッション、小物、体型、外見など、何らかの褒められるポイントを抜き出します。

んで、「そういうお前の小物使いも上手いじゃん」とか、足りなければ「あの時計のセンス凄えいいと思ってたんだよ」など、具体的にしていきます。

性格だったら、「お前のあの気遣いは真似できないわ」とか、「あの図太さ凄いと思うわ」とか、イジリ褒めも入れつつ、打ち返せばOK

 

では次に、危うく打ち返せなくなるほど嬉しいパターンってのを紹介しておこう。

 

◾︎同じ条件でも、褒められるとめっちゃ嬉しい時

1、好きな女から

好意レベルが低い相手にはなんとも思わないが、好きな女から言われると「上手く消化できなくなる」。

そん時は謙虚にはいかず「マジ?めっちゃ嬉しい。ありがとう♪」っつって、冷静に誤魔化しに行かずに、感情を吐き出しましょう。

嬉しすぎてリアクション不足になると「キモい」です。

吐き出した方が、後に気持ちをコントロールしやすくなります。

 

2、自分より「上位」とする人間から

例えば「頭の回転が早い」。

この褒めを、日頃から「「こいつの発想力は凄え」と思ってるやつ」から言われたら、どう思う?

「お前に言われるのが嬉しいよ」となりますよね?

同じく、オシャレなやつに「オシャレを褒められる」。

人望が厚いやつに「性格を褒められる」などがあります。

これらは日頃から「自分の基準」を持っていないと、難しいかもしれません。

しかしながら、基準に見合う相手から褒められると嬉しいのは伝わるかと思います。

 

◾︎総じて、褒めるのが上手い人

人の能力の上下関係を感じれる人は「人を褒めるのも上手い」です。

理由は「客観的な視点から語れるから」。

「これ」の「こういう部分が凄いと思った」と伝えるので、受け手が「それは確かにすごいかも」となりやすく、受け入れやすい言い方が出来ます。

*上の小物例なんかがそれ。

このレベルで褒められる人は、自分が出会った中でも「数人」しかいません。

人の80%は「簡単に目につく何か」と「すぐに言葉にできるなにか」でしか人を褒めません。

 

人を褒める事に、もう少し注力してみましょう。

 

◾︎まとめ

褒められるより「褒めろ」。

褒め言葉なんて、いくらでも思い付くでしょう。

なんか言ってきたら「その発想面白え」とか、「詳しいね」とか、気分良く打ち返す。

気持ち良くなっていっぱい語ってきたら、共感を示して聞き出しましょう。

 

人の事を褒めまくってれば、お返しで褒められるよ。

それを受け取って、さらに褒め返す。

「褒めてから、褒められる」と、気持ちに余裕があるため、「適切な受け取り方」がしやすいです。

適切な受け取り方ってのは「笑顔でありがとうと言う」事です。

拒否しても、受け取りすぎてニヤニヤしてもダメです。

「受け止めてくれる」と、言った甲斐があると感じるので、真正面から受け止めて「真正面から打ち返しましょう」。

 

人とのコミュニケーションで、最初の「信頼」が出来上がるまでは、これだけで充分です。

無駄にこっちから色々喋んなくても大丈夫。

それ以後「いつも褒める人」になって飽きられちゃうので、ちょっとずつ自己中を入れて馴染ませていきます。

飽きられるまでは、人によりますが2週間〜3ヶ月です。

対人コミュニケーションで困ってる人は「とにかく人を褒める」だけで、ずいぶん楽になりますよ。

 

褒められてニヤニヤしてるようでは、「人を喜ばす事」までは届きません。

適切に受け取り、冷静にコントロールして、よりデカい形にして「褒め返す」。

これが「本当に人を褒める=俺と会話していて楽しくなってもらう」という事です。

 

…うーん。早えとこ実社会に帰らないとな。

やっぱここ(ブログ)じゃ俺の持ち味は活きないし、つまんない。

そして、ガチで女遊びしてー。

「超褒める声かけ」とかやってみようかしら?

 

実社会で面白い事が起きますように。

ネットの文章ってつまんないよね。

 

最近までネットの文章って「分かりやすくていい」と思ってた。

 

…が、オスカーワイルドの小説を読んで考えが変わった。

 

◾︎表現力

「批評家達が意見を異にするとき、芸術家は自分自身と一致している。
自分で賞賛しない限り、有用なモノを作った人間をわれわれは許す事ができる。
無用のものを作る唯一の口実は、本人がそれを絶賛する事である。
あらゆる芸術は、およそ無用のものである。」

 

こういうのが、400ページくらい続くわけ。

 

◾︎2000年代前半の物書き

雑誌でもなんでも、こういう「比喩表現が得意な人」ってのが、少なくなかったんですよ。

サッカーライターのジャック・ティベールとかね。

あとネットで流行ったのは「口述形式が超上手い人」。

「面白い喋り」をそのまま落とし込んだ表現方法が、ブログ人気の先駆けになってました。

現在でもフェルディナンドヤマグチ氏を筆頭に、お見かけする機会は多いです。

 

◾︎現在

混沌時代の「余白」みたいなのがなくなって、「形式ばった書き方」が尊ばれるようになりました。

いわく「分かりやすく」そして「見やすく」。

そこに「自分の意見を乗っける」。

…ん〜「文章的な面白さ」は、もうそこには「ない」んですね。

そして、それが何故か今「最も読まれているブログ」になっている。

かと言って、「人生の役に立つか?」ってーと、通常の「本を読んだ方がいい」という。

…ん?

 

◾︎なんか異常

今まで小説をずっと読んでなくて(10年前の吉川英治作品まで遡る)、オスカーワイルドを最近読んだから「意味が分かる」。

今のネットって異常。

橘玲、藤沢数希系統の「物語や発想で売る」のは、「読み物としての面白さ」で売れているのは分かる。

堀江貴文氏とか佐藤航陽氏、落合陽一氏のような「やってる事」「考えてる事自体が凄え」って場合も分かる。

小説家は、さらにそこから「表現力」をぶち当ててくるから、有名になるのも分かる。

…まあもう言っちゃおうか。

「俺らの文章って意味あんの?」

いや、主婦が出す「生活の知恵」とか「日々の料理」ってのが需要があるのは分かるのよ。

どんなの作ってるか気になるってのはあるだろうし、洗濯どうするとか、一般的な悩みに答える知恵ってのは共有したほうが便利。

しかしながら、このブログとか、某有名ブログみたいに「書評」とか「使った物」「思った事」とか書いても、「で?」としか言いようがないよね。

 

◾︎素人がブログをやるなら

唯一の使い方は、「好きなモノ」を凄え書いて、同じ趣味を持つ人達との交流に使う事。

これなら「自分が発信してる意味がある」し、自分をハブにした交流も生まれるしで、最高に楽しくなる。

 

◾︎まとめ

最近「文章の価値」ってダダ下がりだね。

ビジネス系はもう壊滅的で、スポーツもダメだし、個人ブログですらそう。

小説ですら「もって回った言い方」ってのが少なくなってるし、あんまり言葉遊びする事がなくなってしまった。

もう「そういう時代」なのかもね。

ネットに情報が出まくって便利になった反面、「芸術的なモノ」や「面白いもの」ってのに、偶然出会う機会が減ったという矛盾。

*ググれば出て来るけどね。

「面白いモノ」も「ドリフ」や「ミスタービーン」のような「本質的な面白さ」じゃなくて、取って付けたようなインスタントな面白さ(ユーチューバー系)ばっかだし。

 

唯一のプラス要素は、「趣味を好きに書く」とか、「ブログを通して交流したい」って人にとっては、ソーシャルと合わせて使う(TwitterInstagramとか)と、すぐに自分と合った人と繋がれて、幸せになれるようになった事。

この場合って「素人っぽい」ほうが「僕&私と同じ」って思ってもらえる確率が高くて親近感がわくし、メリットになり得る。

この場合は、「文章が面白いほどいい」のは確かだけど、「熱量が伝われば」それでいいという。

 

とりあえず、現在の心境としては「ネットの文章ってつまんないよね」で。

 

しばらく、オスカーワイルド節に浸ってくるわ〜♪

 

好かれる女の子の系統は「俺が何を着てても変わらない」。

 

どっかの記事で「B系でした」というのを書いた。

んで、そっからストリートだったりアメカジだったりを経て、現在「キレイ目コーデ」に辿り着きました。

 

んで、まあぶっちゃけ言って、当時から現在まで好かれる女の子のタイプが「全く変わってない」んで、「格好って眉唾なんだなー」という事で1つ書く。

*学生時代から、働いてた3年前までで、確実に押せばやれた女の子は「計7人」。

学生時代は「ほぼ男子校(女の子5人のみ)」だったので、事実上の出会いは仕事先のみ。

仕事先の女の子も10数人×10年分の入れ替え人数くらいしかいなかったから、確率的には悪くないと思う。

 

以下本題!

 

◾︎好かれるタイプの共通項

「ちょっと派手目な女の子」

です。

この「ちょっと」がポイント。

水商売系やBガール系の「すごく派手」な女の子には「門前払い」されます。

筆者が好かれるのは、一般の女の子より「ちょっと目立ってる」、つまり…

1、服装が少しお洒落

カジュアルダウンコーデを上手く作ってたり、緩いサイジングで上手に抜け感を演出してたりという「技巧派タイプ」からウケます。

コンサバみたいな、元々が「ちょっと目立つを狙っている」やつは対象外です。

 

2、色使いが少し派手

髪色は、茶髪〜アッシュやマットを入れた個性派金髪だったり、黒髪でも服の色使いがちょい派手だったりする子達。

パステルカラーを綺麗に取り入れてたり、小物だけ派手だったりなど。

森ガールまでいくと「派手」。

あれはお水と逆ベクトルで「同性ウケ狙い」なんで、あんまり男に興味がないか、すごく無害そうな男がウケがいい。

コンサバ系のトータルコーデで、一部にパステルカラーを使ってるような可愛い女の子が俺の対象。

逆に、コンサバに「徹してる女の子」は、完全にイケメンはスペ強狙いなんで、対象外。

あいつら「分かっててやってる」からね。

*大多数の通常の男は「黒髪」で「大人しそうな」「地味な色使い服装で清潔感ある女」が大好物だと知っていて、そこを狙ってる。

賢い女の子は惚れさせるとやりやすいが、ベクトルがこっちにないと非常にメンドくさい存在です。

*裏で何考えてるか「悟らせない」ため、やりにくく面倒。

当たり障りない会話で、いい距離感を取るのが最良のやり方。

今のキレイめコーデと「見た目の相性はいい」が、「中身の相性が良くない」。

そういうもんです。

 

3、上位30%に入る、かなり可愛い女の子

中位の31〜70%の女の子は「俺でもイケそう」という理由で大人気です。

なもんで、絶妙に勘違いを起こしてるやつか、既に彼氏べったりな真面目系か、モテないと思ってて捻くれてるかの三択に偏ります。

 

上位30%を越えてくると「無理そう」と思う男が出てくるため、人によっては競争率が低めです。

そこと噛み合う時がある。

上位30%は、俺と同じで適齢期「以外の人」にも日常的に褒められてるため、「良い性格」の確率が高いです。

見分けるポイントは、褒めた時にちゃんと「ありがとう」と言うかどうか?です。

ちょっとぎこちないくらいであれば完璧。

流れるように返してきた場合は「お水系と同等レベル」のため、立ち回りを考えましょう。

 

4、顔立ちが少し派手

これは、トップ10%に入る女の子で「ごく稀」にいます。

レースクイーン系の派手さっていったら伝わるかね?

通常は「めちゃくちゃモテる」ので強スペ厨になるんだが、何でか稀に「選ばれる事がある」。

遠くから柔かに(視線や笑顔)アピールされるとドキッとする。

このレベルの女の子は、マジで「教科書通りの女の子の動き」をします。

ホント「遠くから見てる」し「視界に入る動きをする」し、機会があれば「近くに寄ってくる」。

経験豊富な女や小悪魔な立ち回りが染み付いた「狙ってる動き」とは違って、「しずしず感」みたいなのがあって、そのコントラスト(美人がこの態度でこれやるか的な)が凄い。

 

な感じの女の子から、話しかけられたり、番号聞かれたり、アピールされたりしましたとさ。

 

◾︎主な性格

1、従順

好かれてるから初っ端から従順なのかもしれないが、あんまり「自分の意見を言わない」タイプが多い。

当時は意見を引き出すのに苦労したが、今ならいける。

2、遠慮がち

上に同じ。

3、真面目

しっかりしてる。

…ように見えた。

 

です。

この女の子を「引っ張って遊んで」「意見を引き出して」「感情を出しやすくして」「振り回す」のが目下の目標。

 

◾︎こっちの理想タイプ

顔&身体だけで言えば、これ

f:id:CurryS:20170320020447j:image

が、最高峰。

いや、ごめん。

正直「顔はそこまで重視してない」。

前はガチで面食いだったが、「遊び」と「結婚」では意味合いが変わる。

「遊び」なら佐山が良いけど、「結婚」なら中身だわ。

「思いやりがあって」「一緒に長時間いれるやつ」ってのが、最重要。

価値観合わねえやつと長期間いるのは無理だからね。

 

◾︎まとめ

こっちから「口説き落とした」って記憶は3人しかないんだよね。

*うち1人はオンライン、もう1人は小学校だったのでカウントしてない。

 

そういう意味でも、やっぱ「服装」ってのは「記号にすぎない」のかもしれん。

ちなみに、女の子に言われた共通項は「オシャレだね」。

これはあらゆる人から言われるから「全く響かない」んだよね。

しかしながら、「カッコいい」とは言われないんだなこれが。

生涯通して「適齢期の女の子には言われた事がない」。

 

つまり「誰でもそこまではいける」って事です。

 

「カッコいい」なら、そいつの特色だから真似できないけど、「オシャレだね」なら簡単に真似出来るでしょう?

ユナイテッドアローズに10万くらい持って行って、店員お任せで一式買えば、「絶対に」お洒落になる。

もしくは「erande」というサービス

https://www.erande-tokyo.com/pc.php

もある。

可愛い女の子が同行してコーディネートしてくれるってやつ。

デートがてらの服選びしてくれます。

 

やれるだけやってみ?

意外と女の子は見てるし、それだけ簡単になるから。

 

 

自殺したいと思ったその日に試して欲しい事

 

1ヶ月に一回は自殺したいと思う筆者です、こんにちは♪

 

生きててつまんないですよね〜。

将来の事を考えると絶望感しかないし、過去を見ると悔いる事しかない。

 

そんな俺と同じやつに送る、「その日に試して欲しい事リスト」を作ったよ!

 

◾︎その日

1、寝る

いいから寝ろ。

疲れてるんだよ。

その日は何考えたっていい方向に行かないんだから、とっとと寝るが吉。

 

2、朝早起きする

そして早起きして「太陽を浴びる」。

体内時計リセットで、気持ちもリセット!

新しいスタートを切ろう♪

 

3、運動する

ストレス解消と頭の働きを戻すには「運動」が最も効果的。

歩行中に「何かを思いつく」ってのは定番中の定番で、脳科学でも、歴史上の有名人の言葉でも証明済み。

運動しよう。

 

4、飯を食う

腹が減っては戦はできぬ、と言うだろ?

脳内物質の分泌で、ストレスを感じやすくなってる説も濃厚だったり。

いいから飯を食っとけ。

損しないから。

 

⚫︎一時まとめ

寝る→朝早起き→飯を食う→運動する

OK

寝てストレス解消→朝早起きで体内時計リセット→飯を食って栄養補給→運動で頭も身体も起こしつつ、新しい発想すら浮かぶかもしれない。

もう終わりにする前に、とりあえずこれだけやってみてくれ。

 

◾︎翌日

1、認知の歪みを疑う

うつ病御用達の「認知の歪み」。

大体どっかで歪んでる。

とりあえず、一度「認知の歪み10項目」を読み返して、確認してみよう。

気付いたら修正で。

 

2、他の思考方法をググる

翌日は少し冷静になってるので、「今より少しでも上手くやるためにはどうするか?」ってのをググって、ちょっと希望を見出すようにする。

 

3、反動を使う

感情って「行ったり来たりしてる」ので、めっちゃ落ち込んだ翌日に跳ね返ってハイテンションとかいう事がよくある。

そのノリに任せて行動してみよう。

何もしないと今と一緒だから、躁状態であれなんであれ、「使えるものは使わせてもらう」。

目一杯楽しい事をしよう。

 

◾︎総じて

基本的に人生ってつまんないよね。

人生って、勉強出来るやつ(自主的に学べるやつ)に徹頭徹尾優位になってるから、「覚えるのが大嫌い」な筆者のようなタイプには、人生が先に進むほどつまんなくなっていく。

メンドくせえよ〜。もう勉強したくねえよ…。

あーもうマジで人生めんどくせえ。

明日ぽっくり死ねたらいいのにな。

後悔はそこそこあるけど、この先の憂鬱を考えると今すぐ終わった方が楽でいいし、すぐに終わりにしたい。

さすがに両親を悲しませるのは嫌だから生きるけど、今すぐどうしようもない理由で終わったりしねえかな〜。

 

◾︎まとめ

疲れてんだよ。

お前も俺も。

 

とりあえず寝ようぜ。

また明日考えればいいよ。

 

とりあえず、おやすみ💤

怖い事リスト

 

怖い事を書くと「恐怖が軽くなる」らしいので、書いてみる。

 

◾︎リスト

⚫︎将来の生活不安

1、もうずっと1人なんじゃないだろうか?

2、家を建て直すお金を稼ぐ事は不可能なんじゃないか?

3、子供が欲しい&育て上げるという目標が叶うことはないんじゃないか?

4、楽しい趣味や行動に使うお金と時間が、これ以上増える事はないんじゃないか?

5、楽しい事を追求するのはいけない事なんじゃないか?

6、これから先「充実した生活」というイメージがわかない。

 

⚫︎仕事の不安

1、今、就職できる所に流れで入ったら、将来の収入が確定(かなり低めで)してしまうんじゃないか?

2、かと言って、就職しなかったら、このまま終わってしまうんじゃないか?

3、35歳以降の仕事で、希望を持つ事はもう無理なんじゃないか?

4、自分の学歴や論理能力でやれる仕事は、収入を見込む事が出来ないのではないか?

5、結局なんの仕事をしても、不満はなくならないんじゃないか?

6、この仕事は自分の「特性」に合ってないんじゃないか?

7、この先、得意不得意関係なく、とにかく馬車馬のように働くしかないのではないか?

 

◾︎娯楽系

1、飛行機に乗れない(予期不安で)事によって、もはや行きたい場所に行く事すら叶わないんじゃないか?

2、仕事に追われて、娯楽を楽しむ時間を確保する事が出来なくなるんじゃないか?

3、仕事をしていない状態で、娯楽に心から全力で楽しむことが出来ない。

4、30歳を越えたら、心から「これ楽しい」と思う娯楽に出会えないんじゃないか?

5、結局何をしてても、心から楽しむ時間を取る事は出来ないんじゃないか?

 

◾︎女の子関連

1、俺に話しかけれたら、迷惑じゃないだろうか?

2、魔法使いとセッ〇スしてくれる女の子はいないんじゃないか?

3、無職、童貞のスペックで、相手にしてくれる女の子はいないんじゃないか?

4、女の子と色々な事がしたいという目標は、叶う事はないんじゃないか?

5、外見を整えてるのも無意味だし、色々調べている事も意味がないんじゃないだろうか?

6、もう、完全に1人で生きていく事を覚悟しなければならないんじゃないか?

 

以上!

◾︎将来に不安しかない

いやー、見事に「希望がない」。

仕事で実現したい事なんてないし、ただ馬車馬のように働くだけではつまらないし、かと言って娯楽に溺れて生きていくには、俺の発想力では難しかった。

皆んなが20歳くらいまでに叶えてる「女の子との熱い夜」も「蕩けるような時間」も知らないし、友人達が奮闘してる子育てが羨ましい。

とはいえ、相手もいないしお金もないが、スキルもないし経歴もない。

…この先生きていけんのかなあ。

 

◾︎まとめ

恐怖はなくなったが、絶望した!

…実際、この状態をちゃんと消化して、なんとか向き合って、ちょっとずつ進んでいくしかないんだろう。

どうやって現実に折り合いつけて、生きていくかですな。

「詰んだ」説濃厚だなこりゃ。

希望でいっぱいだった20代前半に戻りたいなあ…。

 

毎日を何とか頑張って生きていきましょ〜♪