自由帳!

超・雑記ブログ!一昔前の、日々思った事を書くスタイル。

「自己否定」と「他人からの否定」を混同しない。

 

自己否定はホント無駄。

「他人からの否定」こそ、ありがたくいただきましょう。

 

◾︎前提

⚫︎自己否定

「自分で自分を否定する」事。

これの問題点は「主観」だという事。

その自分視点で凝り固まった反省は「次に活きるモノなのか?」

自分をイジメて意味があるのか?

何か改善されたとして、それは「望まれているモノなのか?」。

 

⚫︎他者からの否定(提案)

他者から見て「どう見えるか?」。

これは「客観」が入る。

少なくとも「そう感じる人がいる」という事。

 

例えば筆者は「文が読みにくい」と言われます。

もしこれを改善したら「そう感じてた人のためになる」。

どう改善するかは、もちろん「個性」の領域。

 

でも、自己否定で明後日の方向を向くより、こちらの意見を大事にした方が得られるものが大きい。

 

◾︎他者からのフィードバック

これこそが「真の改善案」。

やっぱ人に揉まれてなんぼ。

文章もそうだし、ビジネスもそうだし、恋愛なんて完璧にこれ。

女性に「キモい」って大量に言われて、その都度聞いて調べて改善点を出して、一個ずつ改めていく。

とりあえず今は「自意識過剰を直す」。

それが改善出来たら、次の課題に行く。

*何かしらつまづくハズなので。

これが最も早い。

1人でごちゃごちゃ考えないで、人前に持っていってボロカスに叩かれよう。

そして「ありがとう」と言おう。

 

◾︎まとめ

自己否定して身を守っていると、せっかくの機会(チャンス)である「他者からの否定(改善案)」が見えなくなる。

優先すべきは「こっち」。

イブサンローランのwebCMと同じ。

暴走族を広告に使っちゃダメなんだって。

自意識過剰で発注しちゃいかんのよ。

 

「皆んなが望むものを提供する」

然るべき後に、オリジナリティを注入する。

 

尖りきった「角」は、皆様に丸めてもらいましょう。

 

さあ自己否定を「終わりにして」、他者からの否定を「いただきに行きましょう」♪

 

では、楽しんで行きましょう♪

記事整理完了。

 

とりあえず「325→225」に削減。

アクセス減ったけど気にしない♪w

 

◾︎見直すと気付きがある

いつ何を考えて、何をしていたか?

意外と一年前は楽しんでたなとか、半年前はヤバさのピークだったなとか、ここでこんな気付きを得てたか、などなど。

順繰りに進化にしてる。

 

◾︎言ってる事は変わんない

「金稼ぎたい」「女欲しい」「健康になろう」。

…まあもうこれは「野郎ども共通の願い」だっつー事で。

 

⚫︎女

それから40代女性2人にボコボコにされて、サウザー氏のサイトを読み込んだんで、少しだけマシになった。

 

とりあえず「女性の言葉の50%〜100%は嘘」「アプローチするのは「本能」」という事が確実に。

米津玄師が好きだって?

あれ「表の人格」だから。

裏の人格は「モテるやつに抱かれたい」だから。

もしくは「才能ある」やつ。

最後に「運動能力が高い」やつ。

「その子供を使って自分の遺伝子をばら撒きたい」というのがサウザー氏の仮説なんだが、俺もこれを支持している。

*極端に言えば…ね。最低限「抱かれたいと思わせる魅力が必要」だという事。

 

…っつー事は、だ。

「本能の趣まま、ばら撒く意思を見せればいい」という、なんと一挙両得な結論に。

…何これ?

我慢して損したんじゃん。

「やりたい」っつって本能のまま色んな女に声かけて、そのまま誘導してヤリまくってれば、さらにセックスを呼ぶ。

つまり、適当に「うんうん」って会話して、「じゃあいつ飯食いに行く?」でいいという事。

要件は「メシに行く」だけ。

重くしてはならないし、他の理由をつける必要もない。

難癖つけられたら、そこでスッパリ終わる。

ミスがあったか、魅力が足りなかったと考える。

 

「チャラく、手早く、軽やかに」

女性の「雌豚さん」を華麗に引き出し、言葉の裏の会話が出来るようになれば、セックスはすぐそこ。

 

そして「追わない、責めない、嘆願しない」。

女性を立てつつも、基本は常に格下に考えるべき。

 

というメンタルを作りあげる。

超シンプルに「全女性はセックスに誘うモノだ」と。

 

⚫︎カネ

メンタル的には単純で「利益が出るモノを買うor作る」。

それが「何」で、かつ「やりたいモノはなんなのか?」という部分を詰めるタイミングが来た。

紙の投資(株系)は、利益率がイマイチだという。

これは金持ち父さんのロバートキヨサキ氏も指摘しているし、サウザー氏も同様の事を指摘している。

長期投資だけはやってみたい(宝くじよりは遥かに勝てるだろう)が、後は遊びでやるかどうか程度に考えている。

 

そも、ギャンブルは昔ハマって痛い目みてるんだよ。

「負けた時に損失を取り返そうとする」っつー力が強く働く(人間は利益より損失の評価が倍高い)心理があって、メダルゲームとかスロットとかで誘惑が凄えんだよ。

ちなみにそん時は「まず負ける」から。

んで、「負けが増えたから」また行きたくなる。

たまに勝つと「人に奢る」というね。

まあ勝っても10万程度だけどね。

 

それよりも、永続的に「投資を買う→利益→投資→利益アップ→投資アップ」の倍々ゲームに取り掛かりたい。

サウザー氏曰く「師匠についてから5年」らしい。

まあ40前には金持ちになっているだろう。

一年くらい頑張って基盤を作って、35歳目安くらいでいったん女に本気出して、可能な限り最高の女をパートナーに得る。

そして、安定した環境を得て、仕事に全力で向かう。

ベストな人生設計。

 

◾︎まとめ

いやホント「日記感覚」で始めてみるといい良いですよ。

見返すと面白い。

オススメです♪

 

⚫︎余談

オナ禁について。

今や2ヶ月を達成。出来る限り継続する。

んで、言いたいのは「効果」なんだ。

「ストレス耐性」が凄く上がる。

今回の「フラれた痛み」もわずか1日で治った。

あれー?こんなもんだっけ?

ってのが正直なところ。

何故か、女子高生が集団で外で生着替えしてたんだけど「至って普通に見てられた」とかね。

エロくいやらしい視線を送らずに、「綺麗な風景がそこにある」みたいな感じ。

色々な意味でやって見てほしい。

 

という事で、楽しく行きましょう♪

女性が言う「キモい」は高確率で正しい。

 戒めのリライト。

「俺も言われた」ぜ。

人のふり見て我が身を見直せ。

自意識過剰になると「即死」だ。

いい経験だった。

 

「ないわー」と思う対応を連発した友人(と俺)から見た事例。

 

◾︎何かがおかしい=?

「キモい=重い」とされる。

必死さ、気持ちやら色々言われる。

…が、結論は割と簡単。

「自身に危害を加える可能性があるから」

あと追記だ。

非モテの遺伝子を受け入れたくない」から。

 

◾︎キモいと断られた友人

日曜日に街コンで出会った女性を、裏ルート(マッチング発表の空き時間で、下で待ってますんで一緒に遊びましょうと誘った)で誘い、3人(男2、女性1)でメシを食いに行く事に。

んで、一緒にメシを食って、2時間くらい話して解散した。

*この時点で23時過ぎ。

友人はスマッシュヒットしたとは言っていたが、「ここからが凄かった」。

 

⚫︎距離感

なんと、その日(つまり0時過ぎ)に電話をかけ、ごく個人的な事を喋りまくり、無茶な予定決めを振り、2週間後の約束を取り付けた。

 

男2、女性1だったので、女性を呼んで遊びに行こうって話しなのは「まあ分かる」。

…が、社会人でかつ役職付きである女性にお願いする行動としては、非常識極まりない。

1、翌日は仕事

2、最短でメンバーの都合がつく訳がない

3、相手の趣味、思考、仕事を把握し切れていない

に加え、「俺の意向は完全無視」というオマケ付き。

*全て終わった後に聞かされた。

…さて、この辺りで「どれほど余裕がないか」が伝わると思う。

 

⚫︎当然の相談

それから1週間ほど至って普通にlineでのやり取りをしていたある日、女性から相談が来る。

「〇〇が重くて終わりにしたい」と。

…正直、女性から「重い」という発言をリアルに聞いたのは、人生で初だった。

*2回目は「俺」だったが。

 

んで、色々話聞いたら「これ」。

俺に友人を庇うという選択肢は…「なかった」。

あ〜…これから先もこの「重さ」で迫ってくんだろうなーと考えると絶望しかない。

ここで終わらせるのが、お互いにとってベストなのは言うに待たない。

*自分に置き換えても同様。

 

という事で、友人のカバー(精神的な)に俺が回り、さよならの手筈を整える事に。

最もダメージが少なくなるためのベストと思える文章を作成し、送るのを手伝い、ブロックの方法を確認し、万全の態勢を整えた後、決行。

女性側の精神的負担はかなりのものだったが、無事終わりましたとさ。

 

⚫︎後日談

さてブロックしたりなんだりし、ひと揃い落ち着いた…はずだった。

女性が携帯番号でline交換したのが裏目に出て、lineを拒否後から電話が行くように。

まあそれは拒否設定で対応するとしよう。

 

…さて本題に入る。

俺がその時に感じたのは…ハッキリ言おう。

「怖い」

未練も執着もあるだろう。

しかしながら「拒否された」という現実に向かい合わず、相手の事を考えることもなく、「ただ電話をかけて来る」と言うのは、どういう考えをしているのか?

十中八九「同じ結果になる」だろう。

ちなみにその間、友人から俺に何かを訊いたり、確認を取る事は一度もなかった。

こいつはこれからも同じ事を繰り返すだろう。

女性からのフィードバックを受け取る気はなく、他の人の意見を聞く事もない。

 

そう。

「重い」

もしくは「キモい」。

その直感は「正しい」。

それは「自分しか見えてない」事が相手に伝わるから。

…まあ小学6年生の頭がいい女の子からも「キモい」って言われてる(本人には言わない。俺にだけ言う。苦笑いして応じてあげる。)し、もうしょうがないんだろう。

 

とても悲しいが、もし「キモい」と言われた場合(ジョークじゃないぞ。ガチの場合だぞ)は、ちゃんと「相手の事を考えているか?」と問おう。

 

 

◾︎まとめ

モテないやつは気をつけよう。

視点を変えると本当にキモい。

 

俺の周りの人間は、皆んな適切な距離感と楽しい気持ちを前面に出してアプローチしていて、それが「普通」だと思っていたよ。

あいつが女性と関わると「誰も得をしない」。

*今のところ、筆者も同じような位置にいるが。

 

まあでも分からんがね。

もしかしたら「モテない友人に一目惚れする女性」がいないとは限らない。

そうすると最速で発展していくから「正しい」という事になる。

 

ナンパ師でも、モテないやつでも、やる事は皆んな同じ。

色々な女性にアプローチをしていく。

理屈は色々あるけど、こっちから求愛して、受け入れられればその先に行くという事だけ。

全然モテないという男も、ロクな男から求愛されないという女も、根っこは似たようなモノ。

 

とりあえず、楽しんで行きましょう♪

手痛い教訓を得た。

 

 典型的「非モテの動き方」。

ザ・非モテコミット。

 

前回記事の小悪魔40歳女性にフラれました。

 

ので、学びを書き記す。

 

◾︎実際に会うために動く

0、好意見せすぎ

要注意ポイント。

「落ち着け」

「簡単に人を信用する」という長所が、むしろ短所に変わった瞬間。

最初は丁寧に。

もちろん人による。

丁寧に接してキャラを見て、自分に対する好意度を測ってから判断する。

 

1、lineは最小限

敗因ナンバーワン。

ベタベタlineしすぎた。

しかもマイナスメッセージを読み取らずに…ね。

 

lineは会うための約束を取り付ける場。

それ以上、余計な事をしない。

 

2、会話は慎重に

敗因ナンバーツー

理由は同じ。

「裏の会話が出来ない」から。

 

雑談は雑談で測られてるし、恋愛トークは恋愛トークで測られている。

あと、非モテテストがハッキリ分からん。

何度か経験して、ポイントを押さえた適正な形に練り直す必要がある。

 

3、会えるかどうか?をすぐに確認する。

上2つを踏まえた上での解決策。

 

フラれた後に理由を聞いたが、イマイチ釈然としない。

仮説としては…

「最初の段階で弾かれてた」とするのが第一義、

「会話でミスした」が第二義。

どちらにしろ「会えるかどうか?」が基準。

 

◾︎基礎

⚫︎女を見上げない

これはもう絶対律。

こっちもやりにくいし、向こうも楽しくない。

思いやりすらいらねえんじゃねえか?レベル。

凄く丁寧だが「冷たく」する。

事務的に、あまり感情入れずに、淡々とメッセージする。

もちろん、相手による。

でも、基本は「優しくしすぎない」。

ちょっと上から舐めてかかるくらいで丁度いい。

 

◾︎この先、最低10敗は負けを経験する事

考えるのはそれからでいい。

負け慣れるのは「義務」レベル。

 

何かが噛み合っても、今のままでは「無理」な可能性高し。

立ち振る舞い(堂々と口説く)と、渡す情報を整理する。

あと言葉の裏ね。

めっちゃ言われたわ。

言ってくれた事に感謝だなこれは。

 

 負けて振り返り、思考する。

失敗は成功の母。

 

◾︎まとめ

必然の負け戦。

舞い上がったら負け。

相手の言ってる事を、判断入れずにちゃんと聞く。

*流しながらでいい。

 ちゃんと状況を整理し、裏の言葉を読む。

 

冷静に判断しよう。

 

後、負けた後は「ありがとう」と言おう。

 

実際にその女性には、最後に「ありがとう」と伝えた。

 凄え楽しかったし。*向こうにはいい迷惑だし、キモがってると思うが。

 

教訓にして、楽しんで行きましょう♪

 

 

*追記(8/26)

色々調べてたら、トップランクの女性(顔も地位も)だった事が確定した。

「汲み取れなかった事」が山積みだったのが敗因。

とにかく「しっかりする」事。

トップレベルに近いほどプライドが高く、きちんと対応しないといけない。

今だに良き学びとなっている。

恋愛楽しい。

 

知らんかった。

40歳の小悪魔女子に振り回されてる時間は意外と楽しい♪

 

◾︎導入

気持ちはあんの?ないの?的な。

グレーゾーンで押し引きしてる感じが、まあ面白い。

バッと行って即決着!ってのも良いんだけど、反応は悪くないんだけど前に進まないっつって悩んでる時間がプライスレス。

気付くと相手の事考えてんのよ。

乙女かっていう。

ゆっくりと押していって楽しもう♪

 

外してたら?

「楽しい時間をありがとう」で。

 

◾︎1人でいるよりずっと楽しい

なんだかんだと悩みつつも、「温かい気持ちになれる」。

今でも話せば楽しいし、もし関係を前に進めれば「もっと楽しい」ワケじゃん?

「何も損してない」んだよね。

 

1人じゃ絶対に味わえないんだ。

こういう気持ちって。

「相手の存在に感謝」なんだよね。

いやマジで。

 

◾︎寂しさ

まあ色々あって、1人の時間を長くとってたのよ。

そしたら、物凄い寂しさがやってきた。

その寂しさを受け入れるためには「自分の弱いところ」と向き合わざるを得なくなってさ。

要は「乙女的な部分」ね。

今まで否定してきたけど、ああ俺もチキン野郎なんだなーと思って。

…でまあ、この寂しさってのが「女性と話す事でしか埋まらない」やつで。

んで、女性にチキン野郎を開示すると「ああそう」程度なワケ。

なんならその「弱さ」が魅力だと。

…なんだったんだと。

自分の弱さを受け入れると「相手の弱さも受け入れられる」。

だからもう、女性側が自信がなくても、優柔不断でも全然良くて。

「大丈夫だよ」って。

ただ楽しくそこにいてくれたらいいんだよ。

それだけで癒しになる。

 

◾︎女性に「ありがとう」を

この「温かい気持ち」を味わえるのって「女性といる時だけ」。

今まではこういうのを「否定してきた」んだよ。

んで「めっちゃ苦しくなった」。

 

今改めて見ると、こういう「甘い時間」というか「癒しになる時間」って、「最高に贅沢な時間」なんだよね。

その時間を共有してくれる女性には感謝しかない。

例え上手くいかなくても、ね♪

 

◾︎まとめ

恋愛の苦しい時間も、1人でいるより「ずっと楽しい」。

優しい女性に惚れて、あーじゃねこーじゃねやりながら、色々な解釈を編み出す。

その時間でまた、その女性を好きになり、いけんのか?無理なのか?と色々やる。

もし上手くいかなかったとしても、「その時間」は、とても「温かい気持ちで過ごせる」。

上手くいったら、もっと温かい時間を過ごせば良い。

とにかく「その女性がいる間」は、ずっと温かい気持ちで過ごせる。

 

恋愛って、思ってたよりずっと楽しい♪

もっと「温かい気持ち」を敏感に感じて、それを与えてくれる女性に感謝しよう。

 

まあ「恋愛って楽しいよね」と♪

 

さあ楽しんでいきましょう♪

感情系はデータがアテにならない。

 

恋愛とか。

ちょっと前まで「年上女性?ないない」って思ってたからね。

今じゃ7個上に首ったけですよ。

*成就してないけど。

まったくもってアテになんねえ。

 

◾︎データは所詮データ

統計優位なら、なんでもそのまま進むと思ったら間違い。

なんせ9個下とデート予定があって、7個上に首ったけという状況。

…なんだこれ?

 

◾︎読み解き方

7割は±5歳くらいに納まるらしい。

考えられる可能性を出そう。

1、学生や職場同期で同世代が多くなる

2、趣味でも同世代が多い

3、チャレンジしない男が多い

いわずもがな「3」の可能性なのよ。

 

◾︎意外とみんなやってない?

7個上と9個下は婚活と出会い系なんだわ。

およそ、普通の生活をしていれば「交わらない可能性が高い」女性達。

しかも2人とも「医療系」。

*医療と保育は出会いがないことで有名。

この事から、割と簡単な仮説が出せる。

1、思ったより皆んな苦労してる

2、アグレッシブに動いてるのは全体の3割程度

3、一極集中してる

となる。

 

◾︎嘘だろ?

いやマジで、世の中の女性は「男に苦労してない」と思ってたのよ。

カフェにいけば年頃(〜28歳)の可愛い女性がめっちゃいるけど、成田凌みたいな超良い男がついてんだろう、と。

*おそらく7割以上はそうだろうが。

成田凌

f:id:CurryS:20170728140526j:image

最近の20代で最もカッコいい。

 

だがしかし。

実際にどうなっているのかは「分からない」。

成田凌クラスが無双(10股で300人切り的な)していない限り「空きはある」んだよね。

NEWSの小山とか手越が大量にいたら「妊娠できるメスがいなくなっちゃう」けど、幸いにしてそこまででもない。

…やっぱあいつらカッコいいよな。

自分の欲に正直に向かって、それを思い通りに達成してるのはマジでカッコいい。

ぜひそこで止まって欲しいもんだが。

 

◾︎いざ出会ってみればなんとでもなる

ほとんどが「同世代」かつ「仲間内」で納まっていると仮定されるなら、それを突破したやつは「選びたい放題」だという事。

もちろん自分が「おっさん化してたら無理」。

だけど、ちゃんと健康に気を使って、お洒落やらを楽しんで、面白い事が好きで、分かんない事は正直に話して、女性に色々教わりながら「楽しく遊べる」なら、簡単に世代を超えられるんじゃなかろうか?

 

◾︎求めればなんとでもなる

特に30代。

優しく楽しく過ごそうと思えば、選択肢は豊富にある。

さて、じゃあ少しワガママに行動してみますかね。

 

◾︎まとめ

俺の周りは皆んな恋愛に困らずに駆け抜けやがったんで、「そういうもんか」と思ってた。

…んだけど、要は「2人ともフリーだった」から付き合えたワケなんだよね。

*略奪したかは未確認のため推測。

一個掘り下げれば困ってる奴らも結構いて、ちゃんと声をかければ遊べるやつもいる。

ビビってないで前に出るやつが得するのはいつも同じ。

時間がある内に色々やってみましょうかね。

 

さあ楽しんで行きましょう♪

あなたの魅力を知る方法

* 2017年5月12日の記事を再編集。

 

「投影を使う」。

 

*カウンセリングサービス様。

魅力の心理学~セクシャリティとその解放について~

http://www.counselingservice.jp/s/lecture/lec154.html

「あなたが誰かの魅力を見るとき、それはあなたの心の中にある「魅力を感じるフィルター」を通して行われます。
自分の中に無いものは人に対して感じられません。
あなたが周りの人や芸能人を見て、魅力に感じる要素をリストアップしてみましょう。
それはあなたの魅力フィルターを通して投影されたものですから、それがあなた自身の魅力と言うことができます」。

 

やってみよう。

 

◾︎やり方

1、自分が好きな人を思い浮かべる

芸能人

スポーツ選手

アーティスト

財界の有名人

身近な尊敬できる人

などなど。

最低でも「5人」は出す。

 

2、その人の魅力に感じる部分を書き出す

可能なら、外見ではなく「内面」。

例えば…

いつも明るい

芯が通ってる

などなど。

大量に出しましょう。

 

3、それが、他人の感じるお前の魅力だ!

 

◾︎具体例

1、好きな人

1-1、設楽統

1-2、木梨憲武

1-3、清春

1-4、ロジャー・フェデラー

1-5、ヒュージャックマン

 

2、魅力

2-1、適度なワガママ

設楽のドSキャラは有名だが、ラジオのバナナムーンGOLDやバナナスクールでの傍若無人っぷりは最高。

ノリさんも思い付きでとんでもない事を要求するし、素晴らしすぎる。

 

2-2、頭が良い

回転が早い、という意味で。

状況に合わせた動きや、あえて逆を取る動きまで、自由自在。

芸人2人は「思考」で。
スポーツ選手は「動き」で。
アーティストは「楽曲」で、これを体現する。

設楽の謎解きの速さや、ルール決めの時の独自ルールの盛り込み方でバランスを取ったり、自分達に有利な条件を入れたりなどは、「凄まじい」の一言。

ノリさんもぶっ飛んだ行動一発で空気を自分の物にしたり、とかく頭が良い。

「動き」の方では、フェデラーの逆をついたコーナーピンポイントのバックハンドとかシビれるなんてもんじゃない。

「分かってやってる」のがまた良い♪

 

清春は、黒夢のベストアルバム「EMI1994-1998」の二枚組を聴けば分かる。

「hard disk」と「soft disk」に別れていて、その楽曲の差に驚くはず。

多様なモノを生み出せる「思考」や「捉え方」「手法」は、頭が良いといって差し支えないはず。

 

2-3、人を拒否しない(優しい)

全員がそうとは言えないという前置きはつく。

設楽のノンストップでの立ち回りや、フェデラーのロッカールームで気さくに話しかけるエピソード(昔のテニスのロッカールームは殺伐としてるのが普通だったらしい。それをフェデラーが大きく変えたと言われる)だったりなどに魅力を感じる。

楽しくやろうぜ♪

 

2-4、自分の「軸」がある

フェデラーは優勝出来なくてもテニス好きは変わらない。

設楽もプライドを捨てるような事はしないし、ノリさんは「人を楽しませる」というブレない軸がある。

清春もあの時代にあってきちんと結婚し、娘から「うちのパパなんか周りと違う(カッコいい)」と言わしめたという。

「自分がある」というのはやはり良い♪

 

2-5、自分が得意じゃない事も知っている

設楽は日村を立てている事でも分かるように、「自分の得意なポイント」を知ってる。

もちろん、逆に「日村が得意な事」も知っている。

ノリさんも仕切りは基本的に他に任せてたり、あんまり自分が中心に出る事をしない。

フェデラーはもう走れない事が分かって(ベースラインの打ち合いではスタミナ的に分が悪い)いて、セイバーを編み出したり、サーブが凄まじい事になったり、緩急をよく使うようになったり。

自分の得意じゃない事にも向き合ってるのが素敵♪

 

2-6、モテる

不特定多数にという意味でもそうだし、ピンポイントで可愛い子にモテるのが凄い。

設楽が番組で最も相性が良いのは「大島麻衣」だし、ノリさんも全盛期の黒木メイサベッキーなどと相性が良かったし、奥様は安田成美。

清春はいわずもがな。

フェデラーの奥様も…最近は太ったが、綺麗だった。

 

2-7、お洒落

設楽の私服お洒落なのは割と有名なお話し。

ノリさんと清春は説明不要。

フェデラーもお洒落。

 

 

3、まとめよう!

3-1、ワガママ

3-2、頭が良い

3-3、人を拒否しない(優しい優しい)

3-4、自分を持ってる

3-5、弱さを知って、得意を知ってる

3-6、モテる

3-7、お洒落

となる。

これが、俺が持ってる魅力!

 

◾︎納得できない時

…納得出来る訳がない。

これだけ見れば、紛う事なき「リア充」。

残念ながら童貞だっつてんだろうが。

モテる以外はなんとなく納得出来るが…にしてもである。

 

ちょっと長いが、上記のカウンセリングサービス様からの引用。

「自分の中に無いものは人に対して感じられません。
もし「ええ~!これは違うよー!!」と強く感じるものがあったとしたら、それはあなたの中に「無いもの」ではなく「抑圧されてるもの」として捉えてみると良いでしょう。
表現できない、意識できないくらい心の奥深くに封印されてる、なんて風に。
だから、まずはそれを「受け取ってみよう」と思ってみて下さい。
これはちょっと意識的なチャレンジが必要ですね。
どうしてもあるとは思えないものをあると信じろと言われたって、すぐには無理です。
だから、そのリストを眺める機会をできるだけ多く持ってみましょう。
そうすると、意識から入って、抵抗している感情の層を染み込むように抜けて行き、やがては無意識の中に封印されてたその魅力の部分へと到達します。
これは無意識的な変化を誘引する方法ですので、しばらく時間がかかりますし、その表現もある日突然現れるのではなく、少しずつ染み出すように現れてきます。
雰囲気が徐々に変わってみたり、あるいは、感じ方、気持ちの持ち方が変わってみたり。
そうして、プランターに水をあげるように、そうした魅力リストが心の栄養源になっていくんです。」

 

との事。

何回も見よう。

もしかしたら、本当にそうなのかもしれないと思えるまで。

 

◾︎まとめ

「あなたのリスト」をぜひ作ってみてほしい。

一緒に「毎日見よう」。

飽きるまで、もう完全に覚えるまで見よう。

 

改めて、もしこれが本当に「自分の魅力」だとすれば、行動が変わる。

1、若干ワガママだと思っても直感的に動く

2、人がいる所に行く

3、喋るのがメインの場所に行く(コミュニケーションが最も頭が良い特性が活かせる。実際に頭が良い訳ではないため)

4、女がいる場所に行く

事を意識的にやる必要がある。

 

逆に魅力をスポイルする行動は…

1、気を使って自分の意見を言わない

2、1人でいる

3、頭を使わない職業に就く

4、男だけで遊ぶ

という事になる。

…あれ、全然「魅力」を活かせてなかったんだけどw

 

特に重要なのは「ワガママでも自分の意見を主張」し「色々な人が集まる場所に行く」事。

図書館で勉強するより、カフェに行くほうがいいとなる。

*人の密度も女性比率も高い。

…凄え気後れするんだけどw

 

あなたはこの文章を読んで「どう思った?」。

 あなたのリストを書いて、それに準じた行動基準も出してみよう。

「無理はするな」とも書いてあるので、「やれるところからやろう」。

 

あなたの魅力は「あなたが思っているよりも大きい」。

それを知れば、もっと魅力が活かせるはず!

 

参考にしていただければ幸いです♪

一欠片の自信。

 

もしかしたらモテるかもしれないと「ようやく思えるようになってきた」。

 

この弊害について少し。

 

◾︎前提。男女共に「モテると思ってるやつが最強」

素直に勘違い出来て、そのまま突っ走れるやつが最も結果を出す。

一度でも結果が出れば、もうこっちのもん。

そこでの経験値を元手に次にチャレンジでき、次をまたモノにする。

延々と自信がつくループに入る。

 

⚫︎ループから外れると

「相方が出来ない」。

一事が万事。

しかも理由は「自身の魅力不足ではない」という。

そこを勘違いして拗らせると、「受け取れない」という事態が発生。

明確に良いリアクションがあるにも関わらず「動けない」とか、凄え褒められてるのに「気にも留めない」という奇跡が勃発。

 

由来はもちろん「環境」。

看護師(看護婦)のやつなんて「誰がどう見たってモテる人」なのに、自信がないという。

「容姿褒める人お断り」って凄くない?

なんか過去にあったり、色々な出来事があるんだろうが「勿体無い」よね。

お前が笑顔で「ありがとう♪」って言えば、どれだけの人間のテンションが上がると思ってんだと。

*無理してまで笑顔でいろという意味ではないので勘違いなきよう。 

 

女子校(男子校)上がりのやつの致命的とこは「これ」。

「自信をつけるチャンスがない」。

私(俺)でも異性に受け入れられるんだという「絶対的な経験値と自信が足りない」。

高校生の最も異性が欲しい時期に「周囲にいない」という歪んだ環境がもたらす弊害はかくも大きい。

 

◾︎対策

「前に出る事」。

出来りゃやってるってんだよな。

とにかく「欲しがる事」しか対策はない。

「私(俺)でもいけるかも」という手応えを感じる事で前に進む。

 

⚫︎俺の実例

絶望的にモテないと思ってた。

「寸分の疑いもなく」。

つい最近まで。*32歳くらいまで。

昔から、仲のいいモテる友人に「お前モテそうだよね」って言われたし、女性からもそこそこ言われてたんだよ。

「ん?そりゃお前の事でしょ?」っつって取り合わなかったワケ。

実際んとこ、告白された事もあるし、明確に好意を見せてくれる女性もいた。

…が、「どうせ俺と話してもつまんねえだろう」とか「まあ無理っしょ」と思って「避けてきた」という。

ポイントはここね。

「避けてきた」んだよ。

思い込みは、かくも偉大。

 

自分が挙動不審でキモいやつだと「思われてる」と信じて疑わなかったし、女性が俺と話してて楽しんでくれるとは思えなかったんだよ。

…ん?

「ガチ」だよ。

寸分も盛ってないよ。

 

ちなみにその傾向は今でもある。

時間セレブ様に言及した記事に、姫姉様ご自身がブコメを下さるんだけど、それに対して「あんまりブコメ返ししたらキモいと思われないかな?」とか、「会話のドッジボールって記事は俺のことかな?」とか思ったりするのよ。

*気を遣わせたら申し訳ない。一例として使わせて頂いた。

 

そうではない(かもしれない)という体験を積み重ねていく事でしか、自信がつかない。

今、少しづつ「俺でも大丈夫なのかもしれない」と思える様になってきた。

同じ様な、勘違いが生んだ悲劇を「経験しない事」を祈る。

お前が嫌われているかもしれないと思う事は「思い込みかもしれない」よ。

 

◾︎まとめ

ちょっとした「ボタンの掛け違い」から全ては始まる。

…あれ言ってなかったっけ?

俺「童貞だよ」って。

 

でも結局、「お前で大丈夫」なんだよ。

人の好意を素直に受け取れ。

そして「もっと欲しろ」。

欲しいものはそんなに遠くない。

「すぐそこにある」。

手を伸ばせば届くくらいに。

 

では、楽しんで行きましょう♪

年上女性を落とすにはどうしたらいいか?

 

40歳だが、凄く可愛く魅力的な女性がいる。

*筆者は33歳

 

どうにかしたい。

端的に言えば「セック○したい」。

ずっと抱きしめていたい。

極限まで甘やかしたい。

可愛いんだよ♪

凄え優しくてさ♪

 

さて、どうしたもんか?

 

◾︎注意点と悪戦苦闘中の項目

1、年下の男に引け目を感じるらしい

まずもってこれ。

貴女の魅力レベルなら年下とか関係なくね?と思うんだが、それはこっちの思い込み。

なんぞ色んな理由が浮かんでは消えていくらしい。

「褒めるほどに離れていく」という「新しい経験」をしている真っ最中なんだが、ここの対策が必須。

落としてみるべきなのか?

失礼には当たらないのか?

仮説を色々出してみるしかない。

 

2、誘いに乗ってこない

上のと加味すると「嫌われてるわけではない」。

なんかこう、遊びには「行きたいけど行きたくない」的な。

遊びは拒否なんだけど、すぐlineは返ってくる的な「あまのじゃく要素」が見え隠れしている。

歳下なら強引に理由付けして遊びに引っ張ってくんだけど、いかんせん先輩だけに手が出ない。

*しかもクソ忙しい。

アピールしすぎると引くだろうから、上手い塩梅でアピールし、遊んでもらう方法が思いつかない。

もし遊びに行ったら?

接近戦でしょう。

ワンチャンをモノにして見せよう。

 

3、自分の魅力レベルが把握できてない

「俺が」どのレベルなのか分からない。

相手から見て魅力的に映っているのか?

無しではないくらいなのか?

テンションが上がる程度には男性として見てくれているのか?

自信を持って押していける自信を「どう作り出すか」がポイント。

チキってもしょうがない。

やれるだけやる。

 

4、好きアピールは余裕の流し

「所作に品がありますよね」

「優しいのめっちゃ魅力ですよ」

「会ったら新しい魅力を発見出来そう」

「俺が会いたいから時間空けて♪」

っつっても、余裕の全スルー。

さすが年上。一切の動じた素ぶりが見えない。

今の俺のスキルでいけんのか?

ちょい押しを連続で行って「なんとか意識してもらう」のが最重要課題。

もうちっと強めにアピールしてみるか?

…ん〜「重い」ってなったら嫌だしな〜。

とか。

 

◾︎総じて

「猫じゃらしで遊んでたらハマってた」

的な?

イケそうなニュアンスがあるのに全部突っぱねられんのよ。*主に実際に会う事に関して。

あーじゃねこーじゃねしてる間に、過熱気味に。

あ〜「こうやってやるのか」と。

もうちょい猫じゃらしと格闘してみる。

 

◾︎まとめ

年上女性は難しい。

なんせ初っ端から「恋愛対象に入ってない」。

故に、ハンパなアピールは「流される」という。

でも、可愛いんだよな〜。

付き合ってみたいんだよな〜。

甘々でトロトロなセック○したいんだよな〜。

という事で「もう少し粘る」。

 

…仮に。もし仮にだ。

「嫌われるのが嫌だから会わない」であれば、既にチャンス到来と言えるだろう。

諦めるには微妙な距離感で、上手く噛み合えばワンチャンある(先手セック○で付き合える)くらいな感じではあるんだよね。

話してて楽しいし、凄く優しいし、可愛いから、何とかして特別な位置が欲しい。

という事で「やれるだけやる」。

 

楽しんで行きましょう♪

自分に合ったモノを探そう

 

無理してると全っ然楽しくねえ。

昔のツイッターアカウントとか見たら酷え事。

楽しさのカケラもなかった。

 

という事で「合った事をしよう」。

 

◾︎頭が良くないのに頭が良い人になろうとする

…ああ俺ね。

ニュースピッグスとか藤沢数希とか堀江貴文とか池田信夫とかを追ってたワケよ。

それは面白いからじゃなくて、「役に立つ可能性が高いから」なワケ。

そう。「つまんない」んだよ。

別に学校がどうなっていようと、教育がどうなっていようと「どうでも良い」。

ツイッターとかメルマガで大量のアウトプットのためには大量のインプットが必要って、「出来んならやってる」っつの。

バカじゃねえの?

意識したから出来るってもんでもないんだわ。

 

意識高い系が「なんかしっくりこない」ってのがこれで、「合ってない」んだよ。

藤沢数希レベルは「それが普通」なんだよ。

堀江貴文が1000冊本を読んだのも「楽しいから」であって、そこに情報発信が「上手くハマった」ってだけ。

あの情報処理能力と、論理能力は、方法論で追いつけるレベルじゃない。

 

筋トレが続く人もいれば、続かない人もいるのと同じ。

結局は「あなたが楽しいと感じる事」をするしかない。

 

◾︎趣旨として分かりやすいのはこれ

時間セレブ様。

*モテ貯金と記載していたのを修正しました。申し訳ありません。

 

「頭が良い風の人に騙されない知恵」

http://minimote.hateblo.jp/entry/chisei

 

要は何処にコンプレックスがあるかって話なんだ。

「頭が良い人が正しい」と思うなら、そこに何かがあるんだろう。

「モテる人が正しい」と思うなら、そこに何かがある。

しかしながら、いずれも「他者基準」である事を留意しなければならない。

 

「あなたが」楽しく面白く正しいと思った事であれば「構わない」。

騙されても悔しくないはず。

あなたが正しいと思ったのだから。

 

「社会的に正しい」「結果を出している」「皆んなに認められているから」などの「他者基準」で選ぶから、後悔が起きる。

 

基準は1つだけでいい。

「あなたが何をしたいのか?」

さて、楽しい事をしましょう♪

 

◾︎前に出る事

どうしても必要となるこれ。

「どうしても」必要。

結局んとこ、カネになるか?ってのは「人に認められるかどうか?」なんだ。

筆者は完璧に「内向的」なんで、ツイッターで多数と絡んだりとか、ツイキャスやニコ生で配信したりとか、皆んなの前に出るのが「最高に嫌」。

ここに自分の写真を載せる事すら嫌。

セルフィーなんざ、撮った事すらない。

 

しかしながら、医師の考えた頭の良さテストでは、完全なる「視覚型」。

*視覚、言語、聴覚で、どれが優位なのかを見るテスト。職業の向き不向きが分かる。

 

故に、皆んなに「視覚で楽しめる何か」を提供するといいらしい。

そっちで面白いモノを探し中。

 

◾︎役に立つものよりも「楽しい事」

社会的にどうこうは、もう「捨てろ」。

基準は「自分に戻す」。

よって、年齢は関係ない。

カーネルサンダースには成れる。

でも「藤沢数希にはなれない」。

社会評価が高い事と「自分が楽しい事」は重複しない(場合も多い)。

お前が「ゲームが好き」なら、そのゲームをニコ生とかで配信すれば、その楽しさを分かち合いたい人達が集まってきてくれる。

 

「役に立たない事」でいいんだよ。

「お前が楽しい事をする」。

その中で「自分に合った表現を探す」。

 

順番を間違えてはならない。

「あなたが楽しい事をする」

これが一番最初。

 

◾︎まとめ

しっくりくるものって、最初っから楽しいんだよね。

1ヶ月も続かないようなら、それは「お前に合ってない」。

後は…まあもう金にならなくてもいんじゃね?

それほど、「つまんないものを我慢している」という事は「大罪である」という認識を持とう。

自分を騙し続けた先に待ってるのは「地獄」だよ。

 

自分に嘘をつかない。

好きな事をする。

 

結果、合ったモノが見つかる。

 

楽しんで行きましょう♪