お洒落をしてバイクに乗って遊ぼう♪

趣味特化型。楽しいが正義♪ *感想をコメントでいただけると大変喜びます。賞賛でも批判でも良いので、コメント頂けると幸いです♪

       

やべえ。ナイトロッドカッコいい。

ああ「Harley-Davidson」です。

 

久しぶりにガチでカッコいいバイク発見した。

という事で、写真を貼りまくる。

 

◾︎Night–rod special

NIGHT ROD® SPECIAL/ナイトロッド スペシャル | ハーレーダビッドソンジャパン | Harley-Davidson Japan

詳しくは公式サイトへ。

まあ写真見て、気に入ったらチェックしてみてくれ。

 

◾︎カスタマイズ達

f:id:CurryS:20170821195753j:image

 

f:id:CurryS:20170821195800j:image

 

 f:id:CurryS:20170821195813j:image

 

f:id:CurryS:20170821195831j:image

 

f:id:CurryS:20170821195845j:image

 

いやどうよ。

この「ロー&ロング」なスタイル。

大好き♪

 

◾︎まとめ

ナイトロッドはドラッグレースの流れを汲んでて〜とかって説明した方がいい?

メンドくさいでしょ?

 

「カッコいいバイクがあるんだ!」だけで良い。

 

さあテンション上げて行きましょう♪

あなたの魅力を知る方法

* 2017年5月12日の記事を再編集。

 

「投影を使う」。

 

*カウンセリングサービス様。

魅力の心理学~セクシャリティとその解放について~

http://www.counselingservice.jp/s/lecture/lec154.html

「あなたが誰かの魅力を見るとき、それはあなたの心の中にある「魅力を感じるフィルター」を通して行われます。
自分の中に無いものは人に対して感じられません。
あなたが周りの人や芸能人を見て、魅力に感じる要素をリストアップしてみましょう。
それはあなたの魅力フィルターを通して投影されたものですから、それがあなた自身の魅力と言うことができます」。

 

やってみよう。

 

◾︎やり方

1、自分が好きな人を思い浮かべる

芸能人

スポーツ選手

アーティスト

財界の有名人

身近な尊敬できる人

などなど。

最低でも「5人」は出す。

 

2、その人の魅力に感じる部分を書き出す

可能なら、外見ではなく「内面」。

例えば…

いつも明るい

芯が通ってる

などなど。

大量に出しましょう。

 

3、それが、他人の感じるお前の魅力だ!

 

◾︎具体例

1、好きな人

1-1、設楽統

1-2、木梨憲武

1-3、清春

1-4、ロジャー・フェデラー

1-5、ヒュージャックマン

 

2、魅力

2-1、適度なワガママ

設楽のドSキャラは有名だが、ラジオのバナナムーンGOLDやバナナスクールでの傍若無人っぷりは最高。

ノリさんも思い付きでとんでもない事を要求するし、素晴らしすぎる。

 

2-2、頭が良い

回転が早い、という意味で。

状況に合わせた動きや、あえて逆を取る動きまで、自由自在。

芸人2人は「思考」で。
スポーツ選手は「動き」で。
アーティストは「楽曲」で、これを体現する。

設楽の謎解きの速さや、ルール決めの時の独自ルールの盛り込み方でバランスを取ったり、自分達に有利な条件を入れたりなどは、「凄まじい」の一言。

ノリさんもぶっ飛んだ行動一発で空気を自分の物にしたり、とかく頭が良い。

「動き」の方では、フェデラーの逆をついたコーナーピンポイントのバックハンドとかシビれるなんてもんじゃない。

「分かってやってる」のがまた良い♪

 

清春は、黒夢のベストアルバム「EMI1994-1998」の二枚組を聴けば分かる。

「hard disk」と「soft disk」に別れていて、その楽曲の差に驚くはず。

多様なモノを生み出せる「思考」や「捉え方」「手法」は、頭が良いといって差し支えないはず。

 

2-3、人を拒否しない(優しい)

全員がそうとは言えないという前置きはつく。

設楽のノンストップでの立ち回りや、フェデラーのロッカールームで気さくに話しかけるエピソード(昔のテニスのロッカールームは殺伐としてるのが普通だったらしい。それをフェデラーが大きく変えたと言われる)だったりなどに魅力を感じる。

楽しくやろうぜ♪

 

2-4、自分の「軸」がある

フェデラーは優勝出来なくてもテニス好きは変わらない。

設楽もプライドを捨てるような事はしないし、ノリさんは「人を楽しませる」というブレない軸がある。

清春もあの時代にあってきちんと結婚し、娘から「うちのパパなんか周りと違う(カッコいい)」と言わしめたという。

「自分がある」というのはやはり良い♪

 

2-5、自分が得意じゃない事も知っている

設楽は日村を立てている事でも分かるように、「自分の得意なポイント」を知ってる。

もちろん、逆に「日村が得意な事」も知っている。

ノリさんも仕切りは基本的に他に任せてたり、あんまり自分が中心に出る事をしない。

フェデラーはもう走れない事が分かって(ベースラインの打ち合いではスタミナ的に分が悪い)いて、セイバーを編み出したり、サーブが凄まじい事になったり、緩急をよく使うようになったり。

自分の得意じゃない事にも向き合ってるのが素敵♪

 

2-6、モテる

不特定多数にという意味でもそうだし、ピンポイントで可愛い子にモテるのが凄い。

設楽が番組で最も相性が良いのは「大島麻衣」だし、ノリさんも全盛期の黒木メイサベッキーなどと相性が良かったし、奥様は安田成美。

清春はいわずもがな。

フェデラーの奥様も…最近は太ったが、綺麗だった。

 

2-7、お洒落

設楽の私服お洒落なのは割と有名なお話し。

ノリさんと清春は説明不要。

フェデラーもお洒落。

 

 

3、まとめよう!

3-1、ワガママ

3-2、頭が良い

3-3、人を拒否しない(優しい優しい)

3-4、自分を持ってる

3-5、弱さを知って、得意を知ってる

3-6、モテる

3-7、お洒落

となる。

これが、俺が持ってる魅力!

 

◾︎納得できない時

…納得出来る訳がない。

これだけ見れば、紛う事なき「リア充」。

残念ながら童貞だっつてんだろうが。

モテる以外はなんとなく納得出来るが…にしてもである。

 

ちょっと長いが、上記のカウンセリングサービス様からの引用。

「自分の中に無いものは人に対して感じられません。
もし「ええ~!これは違うよー!!」と強く感じるものがあったとしたら、それはあなたの中に「無いもの」ではなく「抑圧されてるもの」として捉えてみると良いでしょう。
表現できない、意識できないくらい心の奥深くに封印されてる、なんて風に。
だから、まずはそれを「受け取ってみよう」と思ってみて下さい。
これはちょっと意識的なチャレンジが必要ですね。
どうしてもあるとは思えないものをあると信じろと言われたって、すぐには無理です。
だから、そのリストを眺める機会をできるだけ多く持ってみましょう。
そうすると、意識から入って、抵抗している感情の層を染み込むように抜けて行き、やがては無意識の中に封印されてたその魅力の部分へと到達します。
これは無意識的な変化を誘引する方法ですので、しばらく時間がかかりますし、その表現もある日突然現れるのではなく、少しずつ染み出すように現れてきます。
雰囲気が徐々に変わってみたり、あるいは、感じ方、気持ちの持ち方が変わってみたり。
そうして、プランターに水をあげるように、そうした魅力リストが心の栄養源になっていくんです。」

 

との事。

何回も見よう。

もしかしたら、本当にそうなのかもしれないと思えるまで。

 

◾︎まとめ

「あなたのリスト」をぜひ作ってみてほしい。

一緒に「毎日見よう」。

飽きるまで、もう完全に覚えるまで見よう。

 

改めて、もしこれが本当に「自分の魅力」だとすれば、行動が変わる。

1、若干ワガママだと思っても直感的に動く

2、人がいる所に行く

3、喋るのがメインの場所に行く(コミュニケーションが最も頭が良い特性が活かせる。実際に頭が良い訳ではないため)

4、女がいる場所に行く

事を意識的にやる必要がある。

 

逆に魅力をスポイルする行動は…

1、気を使って自分の意見を言わない

2、1人でいる

3、頭を使わない職業に就く

4、男だけで遊ぶ

という事になる。

…あれ、全然「魅力」を活かせてなかったんだけどw

 

特に重要なのは「ワガママでも自分の意見を主張」し「色々な人が集まる場所に行く」事。

図書館で勉強するより、カフェに行くほうがいいとなる。

*人の密度も女性比率も高い。

…凄え気後れするんだけどw

 

あなたはこの文章を読んで「どう思った?」。

 あなたのリストを書いて、それに準じた行動基準も出してみよう。

「無理はするな」とも書いてあるので、「やれるところからやろう」。

 

あなたの魅力は「あなたが思っているよりも大きい」。

それを知れば、もっと魅力が活かせるはず!

 

参考にしていただければ幸いです♪

お洒落になるためにやった事。上級編。

 

初級編

 http://currys.hatenablog.com/entry/2017/07/18/231055

は「好きなモノを買う」

 

中級編

 http://currys.hatenablog.com/entry/2017/07/19/001557

は「量産型を目指す」

 

上級編は「好きなスタイルを作り上げる」。

以下詳しく。

 

◾︎その前に

好きなモノを目利きする必要がある。

「店舗に見に行く事」。

必ず行きなさい。

「通販」という手段に逃げてはいけない。

「絶対に失敗する」から。

そう。絶対に。

お前は「自分のサイズ」を数値化して言えるか?

肩幅45、身幅53、首回り40、そで丈60、着丈74とか。

*筆者のシャツ選びの時の基準値。これ前後1cmで収まるとベスト。

これが分かった上で、かつ「通販サイト側のサイズが分からないと」、正解が導き出せない。

ゾゾタウンとかホント適当だからね。

ユニクロ通販は全部一定の基準で測った数値が載ってるけど、個人サイトやゾゾタウンは誤差含めて眉唾程度の信頼度。

 

分からなければ「店舗へ行く」。

そして、鬼のように「試着」する。

サイズの基準値が分かって、通販の眉唾も理解した上で買うならOK♪

 

◾︎何処へ行くか?

「店舗が密集してる場所」が望ましい。

メンズだと、渋谷、原宿、代官山。

関西は…分からん。すまない。

見るところが一杯あった方が効率いいし、何より「楽しい」。

これをなぜ「上級編としたのか?」というと、「最初の敷居が高い」から。

今貴方が高校生で服を買いに行きたいとしよう。

友人に…

「服買いに行こうぜ〜」

「どこ行く?」

「代官山」

って言えるお前は、この先何があっても生きていける。

言えないお前は「俺と同じ」。

少しずつステップを上がり、満を辞して代官山デビューをする。

 

⚫︎なぜそこに行きたいのか?

「欲しいのがあるから」

欲しいモノは2種類あって…

1、予め欲しいモノ

初級、中級を経てきた貴方は、色々欲しいものが溜まっている。

その中には、「手が出ないほど高いけど欲しいモノ」や、「買ってないけど欲しいモノ」も含まれる。

*そうじゃなければ通販で買える。

予め知ってて欲しいモノと出会えるから行く。

 

2、現地での出会い

例えば「ハリウッドランチマーケット」。

https://www.hrm-eshop.com/ja-jp/s/

聖林公司氏が運営するショップ。

こういうショップに出会えて、その独特な雰囲気に触れる事。

そういうショップが「いっぱいある」。

そういう店を増やして行く。

そして、一度行ったら色々な店を巡って、「服との出会いを楽しむ」。

ホント面白えぞ。

 

◾︎本当にしたい格好を作り出せる

さて、初級編で「欲しいモノを買い」、中級編で「皆んなから支持されるモノ」を選び、上で「個性派ショップに触れた」貴方。

ここでようやく「好きなモノでカッコ良く見せる」事が出来るようになる。

 

それは「見たモノを現実に落とし込める」という事。

 

 例えばこれ

 f:id:CurryS:20170719091519j:image

を、作りたいとする。

大体どのくらいサイズ感でPコートを着て、合わせたインナーのグレーシャツはどれくらいで、スキニーはどういう素材感で、茶色靴とスカーフだな、と分かる。

 

例えば、貴方がスポーツをやっているとする。
その場合
f:id:CurryS:20170719092438j:image
こういうのを作る事で、カッコ良く見せる事が可能になるだろう。

 

◾︎結果、ユニクロでもお洒落が作れる

一周するとこうなる。

MB氏

http://www.neqwsnet-japan.info

が、言う「ユニクロでもお洒落になれますよ」が、説得力が段違いな理由がこれ。

ど素人がユニクロでいいじゃんと言うのと、代官山、恵比寿、渋谷、原宿で一通り遊んでだやつが言う「ユニクロでお洒落作れるよ」は、「天と地ほどの差がある」。

ちなみに筆者も「ユニクロでお洒落が作れる」派。

*実際、今はユニクロ80%でコーディネートしている。ルメールさんホントヤバい。あのクオリティが3000円(セール)とかで手に入るのは頭おかしい。

 

◾︎ここに至るために

膨大な時間「遊ぶ」事。

ポイントは「勉強じゃない」。

「遊ぶ」。

いやもう純粋に「楽しい」んだよ。

友人と騒ぎながら、とりあえず代官山行こうぜ!っつって、お互いに好きなショップ回って情報交換して、また別の友人と回ってまた楽しんで…という感じ。

「楽しい事をする」んだ。

結果、貴方は「お洒落になる」。

*筆者の場合、17〜22歳までを原宿と代官山メインで過ごした。価格帯やら周りの年齢(当時)を見ると、もっと高かった。*特に代官山。

なので、年齢は気にせず「思い立ったら買いに行く」がベスト。

 

◾︎まとめ

目標は「好きなスタイルを作れる事」

これで目出度く「免許皆伝」。

あとは好きなスタイルを探す事に時間をかけよう♪

 

コツは膨大な時間「遊ぶ」事。

楽しめ。

友人と「ナイキよりサッカニーじゃね?」とか言いながら「1日中ショップを回る」という「楽しさ」を貴方にも体験して頂きたい。

 

つまんなかったら?

無理する必要はない。

「服なんて何着てたっていい」んだから。

 

楽しい事を拡げよう♪

その1つにメンズファッションが入れば幸いです♪

 

お洒落になるためにやった事。中級編。

 

前回の初級編

http://currys.hatenablog.com/entry/2017/07/18/231055

でのポイントは1つ。

「好きなモノを見つける」。

 

中級編のポイントは

「量産型を目指せ」

 

◾︎思春期以降のお洒落

誤解を恐れずに言おう。

「量産型を目指せ」。

今だと、チェスターコート&スキニーでOK。

色?

キャメルコートに、インナーをボトム黒でまとめれば完成。

f:id:CurryS:20170719000132j:image

*画像はダブルだが、シングルでも同じ。

あとMA1。

とりあえず「流行りを買っとけ」。

 

⚫︎よくある誤解

流行がないから「長く使える」とされる服がある。

そんなの「存在しない」から。

辛うじて「スーツ」のみ。

*しかもイングランド系。イタリア系はシルエットが変わる。

 

普通の洋服が「三年」しか保たないとされる理由は3つあって…

1、型遅れ

毎年、細かくシルエットが変わっている。

三年もするとかなりの差になる。

明確には分からなくても「何かおかしい」となる。

2、耐用年数

ユニクロを使い倒すと分かるが、よく着る服は1年保たない。

ユニクロがヤワだと思ってんだろ?

あれ「耐久性あるほう」だからな。

高級服になると「繊細な取り扱い」が必要になる。

*クリーニングとか収納の方法とか。素材の耐久性がヤワすぎて丁寧な扱いを求めてくる。

「買ったら使う」

使うと壊れる。

そして買い直す。

大体3〜5年で入れ替わる。

 

3、年齢

体型…は、努力次第でカバー出来るとして。

顔と「雰囲気」。

やっぱこれ

f:id:CurryS:20170719085109j:plain

は、20代なのよ。

ちょい緩いコートに、裾があまってるのパンツ、派手なインナーの組み合わせが似合うのは「20代まで」。

*最大「35歳」

 

30代以降は

f:id:CurryS:20170719085855j:plain

 

 

f:id:CurryS:20170719085910j:plain

これ。

かっちりとサイズ感(肩幅、身幅、そで丈)を出し、裾あまりをなくし、シンプルなカラーでコーディネートする。

 

では最長で五年使ったとしよう。

貴方が大学生になってから本格的に買い始めたとして、買い始めは「18歳」。

5年後は「23歳」。

…同じの着る?

次は「28歳」。

ここは辛うじて同じのを着るとしよう。

次「33歳」。

…そう。5年もすると「雰囲気が変わる」。

だから数を少なくし使い倒して、ローテーションする。

「使わないまま数年経った」が一番勿体無いパターンなので、1ヶ月くらい眺めたら使い倒す事。

 

以上の理由により、「長く使える服」は「必要ない」。

「今」使いたいモノを買おう。

 

◾︎どこで買う?

アウトレットや、おらが街の繁華街で。

東京や大阪出身のやつじゃなければ、いきなり大都市に突っ込む事は心理的に難しい。

「行ける範囲で買う」。

最良のモノを。

買えないモノがあるならテンションを溜めとけ。

上級編で爆発させるために使うから。

 

◾︎まとめ

中級者に必要なのは、服を変えると「周りの目がどう変わるのか?」を知る事。

これで、初級編の「自分が好きなモノを買う」事と、買った後「どう見られるのか?」の2軸が揃う。

これを一致させる事で、満足するモノを買い、お洒落に見せるというダブルが達成出来る。

これ以降「あえて」とかが登場する。

これは上級編に書く。

 

では、また上級編で♪

お洒落になるためにやった事。初級編。

 

三部作となる(予定)。

筆者が実際にやった事を書く。

 

最初に言っておくぞ。

「ここが一番重要」

最初が一番大変。

 

さあ行こうか♪

 

◾︎お洒落になるための順序

1、雑誌(ネット)を見て「カッコいいモノを見つける」

例えば、「成田 凌」がカッコいい

f:id:CurryS:20170718215954j:image

http://icchostyleblog.blogspot.jp/2014/01/dude-style-no80.html?m=1

とする。

 

例えば、「コーディネート」がカッコいい

f:id:CurryS:20170718223738j:image

とする。

 

例えば、「スニーカー」がカッコいい

f:id:CurryS:20170718224012j:image

 とする。

何でもいい。

「お前が好きなモノ」を見つける事が第一歩。

 

1-1、好きなモノの見つけ方

オススメは「雑誌」。

理由は「選別されているから」。

雑誌上に「カッコいい(とされるものを含む)モノ」が、選別されて載っている。

雑誌の種類はあるが、そこは自分と合う雑誌を見つければいい。

書店にほぼ全て揃っているから、一度で全ての雑誌を見れる。

*発売日の関係で月に2回くらい行くとベスト。

 

ネットが劣る理由は、「自分でキーワードを選択できないから」。

最初は「何が好きか分からない」。

「チェスターコートのコーデが見たい」なら、グーグルさんに訊く方がいいだろう。

「ジーンズの歴史が知りたい」なら、詳しくググるべきだろう。

しかしながら「お前は何を知りたいのか?」。

そう「分からない」。

故に、好きなモノを見つけに書店に足を運ぶ。

 

2、詳しく知る

スニーカーにハマったなら、当然スニーカーが知りたくなるだろう。

雑誌やネットで穴が開くほど見る。

当然「欲しくなる」。

じゃあ行こう!

 

3、買いに行く

お前が欲しい「それ」を買う。

そして、笑顔が止まらないテンションで持って1日を過ごす。

家に帰ればそれを見てテンションが上がり、使うのが勿体無いほどの愛着で持って取り扱う。

いざ使えば、またテンションが上がり、1ヶ月は楽しめる。

 

これが体験出来れば、貴方は「確実にお洒落になれる」。

 

◾︎まとめ

自分が思う、最高にカッコ良くて「欲しいモノを買う」という強烈な体験をする事。

12〜14歳くらいで体験出来るとベスト。

ちょっと無理してリーバイスの501を買ったとか、憧れの芸能人着用のを買ったとか、そういうのが重要。

 

大体のやつがハマる「17歳以降」は、次の中級編にまとめる。

大枠では同じだが「人の目」が強く意識に入ってくるぶん「満足感を感じにくくなる」。

簡潔にいうと「自分が良いだけじゃ満足感を得難い」。

周りから「カッコいいとされる事」とのせめぎ合いが始まる。

大体「異性を意識する年齢」以降は、これが顕著に出る。

 

可能なら「その前に体験するべき」。

筆者は12歳でナイキのスニーカー、13歳でリーバイス501を買ってテンション爆上がりだったので、以降も周りの目を気にする事はあまりなかった。

*18〜20歳辺りで一度飲み込まれたが。

遅いほど「基準が難しくなる」ので、留意されたし。

 

では、また中級編で♪

メンズスキニーは「マッチョが履くとカッコいい」のだよ。

 

 f:id:CurryS:20170602085755j:image

f:id:CurryS:20170602085836j:image

このマッチョ達のスキニー、めっちゃカッコよくない?

 

◾︎Q&A

1、そもそもスキニーって?

「タイトなパンツ」全般を指す。

ジーンズもチノパンある。

伸縮性のある、ストレッチ素材のモノを買う。

UNIQLOで買おう。

 

2、細くないと履けないんでしょ?

デブはキツい。

…が、それ以外は平気。

横から見た「腹の厚み」がモロに出るから、それをチェック。

 

3、大学生っぽい

大人の使い方は…

3-1、腰履きしない

3-2、上のサイズを合わせる

3-3、シンプルなファッション

を、守る事。

 

4、マッチョはファッションが難しいとされるが?

残念ながら、日本人男性でファッションを楽しんでるのは半数程度。

その中で「自分で好きなスタイルを作れる」人となると、さらに減る。

さらに、フィットネス人口は「3%」という。

ちゃんと「身体を作っていて」、「仕事をしていて」、なおかつ「メンズファッションも楽しんでいる」という「レアな御仁」は、どのくらい存在するのだろうか?

 

故に「お洒落マッチョ最強!」なのです♪

 

◾︎人類最強の「お洒落マッチョ」

芸能界にしか存在が確認されていないこれ。

芸能界でも、三代目とジャニーズと俳優達くらい。

特に三代目は、中身はゴリマッチョ。

NBAの選手が必要以上に太くしないのと一緒。

 

「細マッチョがモテる」ってのは、「細マッチョでかっこいい奴の存在がデカい」。

ゴリマッチョでカッコいいやつがいれば、当然モテる。

海やプールの雰囲気で押す、「サーファー」とか「ライフセーバー」が、マッチョでもモテるのがその証明。

 

では「筋肉という魅力を最大限に活かす」コツをお教えしよう。

 

◾︎「普通」が最強。

余計なことはしない。

貴方の「筋肉の鎧」は、アピールする必要すらない。

普通の着こなしで「勝手に違いが出る」。

f:id:CurryS:20170602095415j:image

 

無地のTシャツを適正なサイズで着て、スキニーを履き、革靴を決め、クラッチバッグで締める。

 

柄(グラフィック)Tシャツとか、ダボジーンズでは魅力が半減。

 

あくまでも「普通に着てるけど、自然に筋肉見えちゃってゴメンね」くらいのスタンスがベスト!

 

秋冬だとこういうの

f:id:CurryS:20170602095910j:image

ジャケットを「いたって普通に着る」。

後は筋肉が勝手にアピールしてくれる。

 

◾︎スキニーの重要性

細いやつは「他に選択肢がない」から選ぶ。

マッチョは違う。

「あえてスキニーを選ぶ」

 

理由は簡単で「スタイルがよく見える」から。

元々スタイルがいいマッチョが、スタイル良い着こなしをしたらどうなると思う?

そりゃ「かっこいいに決まってる」。

 

だからスキニーを選ぶ。

 

◾︎選び方

まず「ウエストが基準」。

エストが入る最も小さいサイズを着てみる。

マッチョやサッカー部は「入らない(太ももが)」ので、ワンサイズ上げる。

それでも入らないなら、ツーサイズ上げる。

入ったサイズが、貴方の適正サイズ。

よほどかつかつじゃない限り、股間の形が見える的な都市伝説にはならない。

不安なら、もうワンサイズ上げても良い。

最初は「見慣れる事」も重要です。

 

◾︎着合わせ

上半身は、Tシャツ、シャツ、ジャケットだけあればいい。

色はいつもの「モノトーン+ネイビー」。

慣れるまでは基本を押さえよう。

 

◾︎詳しい解説は

筆者が書いた

「モテるメンズファッションのサイズ選び」

currys.hatenablog.com

を見て頂きたい。

 

●一応のオススメ

1、ユニクロ

最強。

ブランド?

「俺の肉体がブランドを凌駕する」

という御仁にぜひ購入していただきたい。

 

2、ユナイテッドアローズ

 


 


定番のユナイテッドアローズ

デニムスラックスのスキニーとか謎めいてるけど、「使いやすければいい」んだ。

そしてこいつは使いやすい。

 

3、PT01

 


 

 

便宜上は「スリムフィット」。

スキニーより少し太いやつ。

…なんだが、見ての通り細いんでここで。

ルメールさんのような、元有名メーカーデザイナーの独立系ブランド。

 

4、ザ・チノ・リヴァイヴド

 


 

チノパンと言えばこのメーカー。

…すまん。

厳密には「スキニーじゃない」んだこれ。

単純にオススメの品。

見ての通り、仕上がりがもう「美しい」。

筆者が知ってるチノパンで最も美しい。

 

5、ランバン

 


 

 

ただのオススメ。

スキニーですらない。

気に入ったら見てみて下さい。 

 

4と5は、お子様との違いを出したい貴方へオススメの逸品。

 

◾︎まとめ

「スキニー」って、固定化されたイメージがある。

「お洒落」「大学生」「しくじるとダサい」など、無駄にハードルが上がっている。

本来、スタイルが良い人全員にオススメ出来る。

それこそ「簡単なアイテム」なんです。

 

身体を鍛えるくらいの向上心がある方にこそ、見た目の向上アイテムとして使って頂きたい。

もっと上の写真みたいに「カッコいいマッチョ」が増えるといいのにな〜。

 

タフな大人の男のメンズファッションを楽しんでいきましょう♪

モテるメンズファッションの「ジャケット」。最初は御三家(ユナイテッドアローズ、シップス、beams)で買おう。

「モテる男のファッション」として間違いなく「最強の一角」。

女性から真っ先に上がるメンズファッションであり、老いも若きも格好良く着れる「ジャケット」。

 

だからこそ「差が出る」。

小さすぎず、大きくないサイズで着る事で「大人の余裕と品格」が出ます。

 

ジャケットの選び方を見ていきましょう。

 

◾︎サイズ感

基本こそ最強。

ここが奥義にして「最も押さえなければらないポイント」です。

f:id:CurryS:20170508205907j:image

簡単に見ても、差が一目瞭然かと思う。

 

その重要なサイズ感。

上から順に「肩幅」「身幅」「袖丈」「着丈」です。

f:id:CurryS:20170508210042p:image

*画像は「シャツ」だが、分かりやすいので。

では説明を。

1、肩幅

 ここが「最重要」と言ってもいい。

ハッキリ言って…

若者のジャケットは「小さすぎ」。

おっさんのジャケットは「大きすぎ」

です。

「丁度いい幅で着る」

ただそれだけで「貴方は1ランク上の人間になれます」。

f:id:CurryS:20170508210311j:image

とりあえずこの画像を全て見て欲しい。

感覚は伝わると思います。

 

肩幅のジャストサイズは「肩から落ちず」「肩の内側に食い込まない」幅です。

ポイントが1つだけ。

「インナーを着た状態で」です。

つまり、Tシャツ1枚で試着してジャストサイズを選ぶと「小さい」という事です。

シャツ着たり、Tシャツ+ロンTとかで着たりするだろ?

Tシャツ1枚より着膨れした分、少し大きくないと「カツカツに見える」。

後述する「春夏、秋冬の差」でも触れるが、秋冬はインナーがニットになるため、「さらに大きい」サイズ感が求められます。

これらを知らずに「ジャケットはジャストだろ?」と買うと、「小さい」という状況に陥ります。

 

せっかくここを見て下さった皆様には、少しでも「格好良くなって欲しい」ので、ご留意頂ければ幸いです。

 

◾︎身幅

f:id:CurryS:20170508211344j:image

画像一番下。

ボタンを閉めた時に「指が2本入る」くらいが目安。

寄りが出来ず、「弛まない」程度です。

後述する「着丈」と共に合わせる事により、「合ったサイズで着ている」というメッセージが強く出る部分なので、きっちり合わせましょう。

 

◾︎袖丈

f:id:CurryS:20170508210311j:image

上から4つ目と5つ目。

肩幅と身幅を合わせたら、袖丈が長すぎるという事は殆どありません。

*標準体型であれば。

ここは「スーツだと妥協が効かない」が、私服だと妥協出来ます。

何故か?

「めくったりする」から。

そしてインナーも「シャツとは限らない」。

若干短くても、逆に長くても構いません。

肩幅、身幅、着丈を優先しましょう。

 

◾︎着丈

f:id:CurryS:20170508212550j:image

画像はシャツですが、目安は同じです。

ここが、若者は「短く」、おっさんは「長い」。

適正なline上にあっても…

short line寄りであれば「カジュアル」

long line寄りであれば「フォーマル」

です。

つまり「思ったより長くていい」。

ショート丈を袖捲りして着崩しても大丈夫ですし、ロング丈で着崩さずに落ち着いて着ても、別の味が出せます。

お好みのスタイルで♪

 

サイズ感は「何よりも重要」です。

多少デザインがダサいモノを着ていても「帳消しにできます」。

ジャケットに関しては「デザインよりもサイズ感」という事を徹底して下さい。

セールで飛びついてはダメです。

何よりも「自分に合ったサイズ」を見つけ出し、購入しましょう♪

 

◾︎春秋と秋冬の違い

サイズ感を得たら「季節感」を出します。

「女は素材まで見てる」。

何故なら、肌の感覚が「女性の方が鋭い」から。

*子育てで必要という説が濃厚。

直接肌に触れる「素材」というモノに対しての「意識が高い」。

だから「モテるジャケット」を標榜する以上、これは避けて通れんのです。

余裕があれば、意識して見ましょう!

 

では説明!

 

1、素材

f:id:CurryS:20170508214400j:image

画像では色々書いてあり、ガチで知りたい貴方には読んで欲しいが、すごく簡単にまとめる。

「厚手と薄手」だけでいい。

⚫︎秋冬

ウール&ツイードです。

秋冬の素材はウールとツイードしかないと言っていいレベル。

ごく稀にフランネルが入ってくるが、今は主流ではないので割愛。

「厚手のウール&ツイード素材のジャケットは秋冬」

です。

 

⚫︎綿、リネン、シアサッカー

春秋です。

素材が薄く、目が荒く、シワに強く、見た目に涼しげなこの素材たち。

どちらかと言えば「着崩す事を前提としている」感じなので、「ドレス系でパリッと行きたい」という人には難しかったりします。

そういう人でも「春秋は緩くいく」と割り切り、楽しんで見てください♪

 

2、色

単純ながら、やはりここも必要。

しかしながら、メンズでは「派手な色はいらない」。

「白」そして「グレー」があれば充分です。

「ネイビー」は白と組み合わせると「マリンカラー」という、夏時期全てで使える色の組み合わせとなります。

f:id:CurryS:20170508220743j:image

困ったら「白とネイビーで組み合わせる」と覚えておいて下さい♪

 

3、サイズ感

春夏に比べ、秋冬は「着込みます」。

春は中に「Tシャツ1枚」や「シャツだけ」などで過ごせます。

秋冬は「ニット」や「スウェット」が増えます。

すると「インナーが膨らむ」。

膨らんだぶん「少し大きくする必要がある」。

これはユニクロの「ルメール」をみていただくと分かりやすい。

キチンと「時期にあった設計」がされています。

そこまで考えてくれているメーカーは稀で、自分のサイズとジャストなメーカーもそうそう無いので、「自分で調整しましょう」。

秋冬はニットを着て買いに行く、だけでOKです♪

一度見ていただければ、感覚的にお分かりになるかと思います♪

 

◾︎オススメのジャケット

探し中。

後日、ちゃんとリンクを貼る。

 

◾︎よくある質問

1、スーツの上は使えるのか?

A、使える

…が、亜種扱いは免れない。

現在のモテコーデの基本は「シンプル」です。

最も評価が高く使いやすいのは「プレーンなジャケット」です。

デザイン(ストライプやチェックなど)があるスーツのジャケットは、あまり評価が高くない。

これを覆すには「己のセンスを見せる必要がある」。

簡単に言えば「難しい」という事です。

プレーンなジャケットであれば流用をオススメします(スーツのジャケットは生地も仕立ても良い) 。

 

2、どこで買うか?

ユナイテッドアローズかシップスがオススメ。

理由は簡単で、この2つが「最もスタンダード」だから。

最初は「店の独自の色」が見えるショップで「買ってはいけません」。

店独自の色があるという事は「何かを強調している」という事。

平たく言えば「歪んでいる」。

「綺麗で」「上質な」「王道のジャケット」を探すなら、アローズかシップスのような「王道まっしぐら」な店で買いましょう。

 

3、価格

出せるなら2万。

出せなくても1万は見ておきましょう。

目利きが出来るようになれば(サイズ感を出して、素材感を判断出来れば)、3000〜8000円で充分な買い物が出来ますが、初っ端は「良いものに触れましょう」。

そういう面でも「アローズがベスト」。

店の雰囲気からして店員さんも真面目だし、色々聞いて、試着しながらゆっくり決めていくのはこの店がいい。

ナノユニバースなどの「ちょい安い店」だと、絶妙にサイズ感がおかしかったり、素材が安っぽかったり「何らかの痛みを伴う」。

であれば、一発目で「自信を持って着ていける服」を買う事をオススメします。

 

他に何か質問があれば、お答えします。

 

◾︎まとめ

ざっと読んでいただけただろうか?

オススメは、この記事を流し読みした後に「ショップ店員さんに聞く事」です。

もしくはアオキ系の「スーツ屋」に突っ込んでくる。

そこで「体験」をし、理論と経験を繋げば、すぐに理解出来ます。

一度理解すればいくらでも応用が利くので、もう二度と困る事はありません。

 

ぜひ「体験」してみて下さい♪

貴方が「お洒落になったね♪」と言われる時は、すぐそこにありますよ♪

メンズお洒落三原則。シンプルこそ最強のメンズファッション。

 

情報が氾濫してるから、最も「分かりやすい形」に直す。

 

◾︎三原則

1、理想はスーツ

f:id:CurryS:20170503130546j:image

 

サイズを合わせて、スーツのように綺麗に着る。

 

2、余計な事をしない

「ロールアップ」とか「7部袖」とか「あえてルーズに」とか、「一切しない」。

「綺麗に」「自分に合った完璧なサイズで」着る。

f:id:CurryS:20170503130151j:image

 

f:id:CurryS:20170503130209j:image

小手先に溺れないことが、結果的に最もカッコよくなる。

 

3、量産型を厭わない

ファッション好きは「違い」を意識する。

もちろんそれは「素晴らしい」。

その素質は絶対に「活かす」。

 

だからこそ「あえて」量産型をして見てほしい。

 そこで見えたモノは、必ず次に繋がる。

 

◾︎なぜ、色々なスタイルが跋扈するのか?

個人の理由としては「飽きるから」。

一年もすれば別の事をしたくなる。

 

メーカー側の理由は「売りたいから」。

単純に去年と同じものを売ってたら買わないだろ?

 

そうやって循環していく。

 

好きなモノ、感性に響くモノだけ「買えばいい」。

毎年違うのが出るんだから「感性にヒットするモノが必ずある」。

 

「好きなモノ」「欲しいもの」「分かるモノ」だけ買おう。

 

 ◾︎まとめ

ファッション自体は「多様」。

だが「正解はある」。

その正解は「人から見て綺麗に見える事」。

スーツ姿で「汚い」なんて言われないだろ?

 

「シンプルに」「綺麗に」見える服装で良いのさ♪

スッキリと行きましょう♪

女の子にメンズコーディネートをしてもらう時の「注意点」。

 最近こういうサービスが隆盛を極めています。

「erande」

https://www.erande-tokyo.com/pc.php

 

しかしながら、美容室(女性美容師)や帽子屋でかなり痛い目にあい、ファッションでも全く着回しの利かない服をオススメされたりと、中々問題が多い「女絡みのファッション選び」。

この辺りの注意点をまとめておく。

 

◾︎好きなカラー問題

メンズファッションの鉄則は「モノトーン」です。

つまり「白、黒、グレー」。

要は「スーツ」もっと言えば、「学生服」。

まず「これを起点にして」揃えていくのが鉄則です。

⚫︎モノトーンコーデ

f:id:CurryS:20170320164924j:image

f:id:CurryS:20170320165308j:image

で、メンズ視点で「派手な格好」というと

f:id:CurryS:20170320165339j:image

 こういうのになります。

 

⚫︎女の子が好む色使い

有彩色です。

つまりモノトーン以外。

説明すんの面倒くせえから、画像を見てくれ

 

f:id:CurryS:20170320165454j:image

f:id:CurryS:20170320165516j:image

こういうの。

上の画像を「ワントーンコーデ」と言います。

つまり「同じ色合いでまとめたもの」です。

下の画像では小物〜コートをワントーンでまとめてます。

ワントーンコーデはそのまんまで、「それにしか使えない」のです。

 

◾︎モノトーン+一色という「鉄則」

要はこれでいい

f:id:CurryS:20170320170343j:image

わけ。

余計な色を入れ込まないで、モノトーンを基点に「何か一色を加える」。

 

⚫︎実際の例

コーディネートサービスを利用した実際の画像がこれ

f:id:CurryS:20170320171346p:image

*LIG様

分かるかな?

「茶系のコーデ」になってるんです。

これ、「全く応用が利かない」んです。

特に「濃い茶色の靴」と、「薄い茶色のパンツ」が最悪で、これなら「薄い茶色のブーツ」と「チノパン」の方が使い勝手がいいです。

こういうの

f:id:CurryS:20170320171907j:image

とか

f:id:CurryS:20170320171919j:image

とかです。

 

erandeを使った実例では

f:id:CurryS:20170320172121p:image

左が利用者。右がコーディネーター。

ジャーニーとモアイとめがね 様

http://www.megaya.net/entry/2016/02/23/180452

 

これもインナーが白黒グレーのどれかなら全く問題がないのですが、このインナーでは「着回しが利かない」です。

 

要は、こんなの

f:id:CurryS:20170320172328j:image

とか

こんなの

f:id:CurryS:20170320172353j:image

であれば、ジーンズは何にでも使えるし、インナーはアウターが何色であろうと(上下の二枚の画像のように)使えるのです。

アウターは着回しが利きにくいのは同じです。

 

逆にコーディネーター(画像右)の方が、インナー全て黒+アウターがキャメルの組み合わせなので、何にでも応用が効きます。

 

◾︎つまり、だ

コーディネートサービスを利用しようってやつが、こんなん

f:id:CurryS:20170320170632j:image

とか、

こんなの

f:id:CurryS:20170320170646j:image

とか、ハイレベルなモノを作ろうとは思わないだろ?

上の写真は紺のチノパンでバランスとってるし、下の写真はオリーブのチノパンでさらなる爽やかさを加算してるんだが、この色使いは難しすぎ。

つかね、ここまでやらなくても「全然モテる」のよ。

 

⚫︎直近で一番女の視線を感じた格好

f:id:CurryS:20170320170844j:image

これです。

こういうので良いんです。

 

⚫︎女の子は「有彩色が好き」だが、男に求めるモノが同じとは限らない

女の子って基本的に「自分のことが分かってない」んです。

「スーツに萌える」ってのは「全女子が言う」のに、私服だけは違うなんて事があり得るか?

そう。私服も基本的に「スーツのように作る」のが、最も女ウケがいい格好なんです。

しかしながら、女の意見を真に受けると

f:id:CurryS:20170320173129p:image

こうなる。

*モデルは、あと髪型だけ整えれば充分にカッコいいレベル。

 

しかしながら、女が求めているのは

f:id:CurryS:20170320173713j:image

や、

f:id:CurryS:20170320173721j:image

とか、

f:id:CurryS:20170320173735j:image

なんです。

 

仮に本気で合わせにいくならば、

f:id:CurryS:20170320173904j:image

や、

f:id:CurryS:20170320173915j:image

 になりますが、上述の通り「応用が利かない」のでご注意下さい。

 

◾︎まとめ

女にモテたいなら「女に聞かない方がいい」です。

モテる方法で有名な「ディスる」という技術があります。

要は「イジる」って事なんですが、これを女の子に直接尋ねたところで、「強めにイジって欲しい」なんて言うと思う?

 

服も同じで、わざわざメンズのコーディネートを詳細に調べて作るって事はまずなくて、「レディースの範囲内から、メンズのイメージのモノを引っ張ってくる」って感じになります。

そうすると「ズレが出る」んですよ。

カッコいいけど…なんか違う。

であれば、百戦錬磨のユナイテッドアローズで、「自分がカッコいいと思った店員にお願いする」方が得です。

余計な金もかからず、しかも次に行った時もまたアドバイスがもらえるというオマケ付き。

「お洒落で可愛い女の子と一緒に買い物に行きたい」ってのが目当てでサービスを利用するならアリですが、普通にお洒落になりたいなら悪手ですのでご了承下さい。

 

あと、絶対に「対面で買えるサービス」の方がいいです。

理由は簡単で「サイズが分からないから」。

メンズファッション…特にキレイめコーデは「サイズ感が命」です。

筆者のサイズは「M.L」つまり、「Mじゃ小せえがLだと大きい」ってのが頻繁に起こる体格なので、実際に試着しないと分からない。

それと同じ様な事が「絶対に起きます」。

この手のサービスを利用しようという方は、まず自分の適性サイズが「分かってない」場合が多いです。

*普通の人は、大体が大きめで着ている。

なので、口頭で伝えると、ズレが出る可能性が高いです。

「必ず」、実際に着て選ぶようにしましょう。

 

「お洒落」ってだけで、無駄に格上の扱いをされます。

ぜひ皆様も「そういう体験」をしましょう!

 

キレイめは「ユナイテッドアローズ」、もうちょいカジュアルなら「シップス」、もう少しエロ目に決めたいなら「ジャーナルスタンダード」、金がないなら「ナノユニバース」に行けば、「簡単にお洒落になれます」。

 

買うときの注意点は「全てを受け入れる事」。

何となく「これ嫌い」とか「あれ嫌い」とか言ってはダメです。

店員を神だと思って、騙されて下さい。

本当に気に入らなきゃ返品出来るので大丈夫です。

 

何か言うなら、せめて「これが良い」と言いましょう。

それなら問題ないです。

 

店舗に突っ込んでいくのが、最短かつ最高の結果が出せる方法です。

 

では、素晴らしいファッションライフをご堪能下さい♪

 

春先のメンズハイカジ。

 

MB氏も指摘する通り、日本人のファッション、特にメンズは「カジュアルに寄っている」。

パーカーやスウェット、ジーンズなど、「アメリカ文化に親しみがある」故の結果です。

しかしながら、指摘の通り「子供っぽい」です。

 

ここを改善したのが「ハイカジュアル」

取り上げるのは、20代後半〜30代向けの「大人ハイカジュアル」です。

 

◾︎春先コーデ

⚫︎グレーコーデ

f:id:CurryS:20170313201031j:image

 

f:id:CurryS:20170313201108j:image

 

グレーワントーンで、濃淡をつけた形です。

白シャツをチョイ見せ+白スニーカーで、お洒落さと清潔感を加算。

帽子はグレーor黒。

ハットでもイケます。

一見 地味に見えるが、着てみると思いの外目立つ事に驚くはず。

大人のお洒落にぴったりです。

 

⚫︎紺ベース

f:id:CurryS:20170313201853j:image

 同色系コーデ。

インナーはモノトーンで。要するに白かグレー。

白スニーカーは最近の流れだが、黒×白でもいいし、足元まで紺を入れてもいい。

一番分かりやすいのが画像のやつという事。

 

⚫︎濃淡

f:id:CurryS:20170313201901j:image

 

ハッキリと何色!と言えない感じが今(2017)っぽい。

スニーカーは画像のでもいいし、全白、黒×白でもOK

インナーは、着るなら、白or黒orグレーで。

シームレスインナーで、インナーを見せないように着るのもアリ。

 

⚫︎ベーシック

f:id:CurryS:20170313202506j:image

 

補色使いの基本形。

昔は「紺シャツ」といえば「この使い方」でした。

ベーシックなチノパンとブロードシャツ。

スニーカーは全白でもOK

春先の格好で迷ったら、これを買えば間違いない合わせ方。

 

⚫︎デニムシャツ

f:id:CurryS:20170313202751j:image

 

ベーシックに一手加えた形。

デニムシャツを上手く使う形としては最も分かりやすく、外しが少ない。

デニムシャツ一枚で着るよりは、ニットを挟む事でキレイに見えます。

スニーカーをローファーにして、ドレスアップするのも、キレイに見えます。

 

⚫︎着ている人のイメージ

f:id:CurryS:20170313203302j:image

 

f:id:CurryS:20170313203309j:image

 

こういうサイズ感で着よう。

胸を張ると胸板が出るくらいのイメージ。

逆に小さすぎると子供っぽく(大学生っぽく)なるので、ピタピタのジャストサイズを買うのはやめましょう。

肩幅をちゃんと出して、自然にちょうどいいサイズで着こなすと、より大人っぽくなります。

 

⚫︎緑系

⚫︎ワークシャツ

f:id:CurryS:20170313203638j:image

 

f:id:CurryS:20170313203645j:image

お好きな方を。

インナーはグレーor白or黒。

スニーカーは全白or黒×白、ブーツならば黒で。

ブーツの方がドレスより。

スニーカーの方がカジュアル寄りです。

好みで♪

 

⚫︎軽め

f:id:CurryS:20170313203840j:image

 オリーブ系統。

インナー、スニーカー共に白にして軽やかさを出す方が春っぽい。

薄めのジーンズでさらに加速させます。

もちろん、上のコーデと合わせて、黒インナー×黒ブーツで重くさせても大丈夫です。

その場合は秋っぽくなる。

お好みで。

 

◾︎応用が効く

インナーは、白or黒orグレー。

靴は、白、黒×白のスニーカー、黒ブーツで全てが足ります。

ジーンズも、濃いめと薄めがあれば大丈夫です。

トップスだけ、気合を入れて選びましょう♪

 

◾︎まとめ

あえて白黒を紹介しなかったのは、「普通すぎる」からです。

大学生っぽくなる。

ちょっと難しい「とされる」色を使って、「ベーシックにカッコいい」のが、「大人ハイカジュアル」です。

難しい事はしないが、一捻りは加える。

その「微細」を作る事が、知性がある大人がする事です。

 

えっ?最近老けてきた?

「完全に気のせいです」

健康に気を使い、筋トレをし、ファッションを楽しんでご覧なさい。

まだまだ人から「素敵」と言われますよ♪

 

季節が変わると同時に気分も一新し、素敵な見た目と心を楽しみましょう♪